クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~




オッフェンバック

Home|作曲家で選ぶ|オッフェンバック

カテゴリで絞り込む



新着順(50件)

オッフェンバック:喜歌劇「天国と地獄」序曲...2007-06-23に追加


オッフェンバック:ホフマン物語より舟歌...2007-06-23に追加


Offenbach...0000-00-00に追加



生涯


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジャック・オッフェンバックは、1819年にケルンに生まれる。1833年に、チェロの勉強をしに、フランスパリへ。演奏の傍ら、作曲活動を続け、1850年にテアトル・フランセの指揮者になる。後の1855年には自らブフ・パリジャンという劇場を作成。いくつものオペレッタを上演、人気を博す。1880年に没するまでに幾度もの演奏が行われた。

晩年はフランスでは一時の人気を失い、オペラ「ホフマン物語」に新生を賭けていた。死後には、各作品は彼自身が監修したウィーン版に源を発するドイツ語上演がフランスに代わって主流を占める(有名な「天国と地獄」序曲はウィーン版のためのオリジナルである)。特に戦後は東ベルリンでのフェルゼンシュタイン演出による「青ひげ」や「ホフマン物語」が歴史的な成功を収めた。近年は、ミンコフスキらによるオーセンティックなフランス語上演も急速に盛り返し、欧州は一大オッフェンバックブームとなっている。生地のケルン歌劇場も、2006年に人気バリトン歌手ヴァイクルを演出に招いて「天国と地獄」を新制作したが、残念ながら不評で途中打ち切りとなった。目下はフランスのリヨン歌劇場などが上演に意欲的である。

主要な作品


# 喜歌劇「地獄のオルフェ」(日本では、「天国と地獄」というタイトル。序曲のメロディは、運動会やカステラのCM、カンカンを踊る時に演奏され広く認識されている。俗に「駆け足行進曲」とも。)
# 歌劇「ホフマン物語」 オペレッタを多数残した彼の唯一のオペラ。
# 「美しきエレーヌ」(トロイア戦争を引き起こしたことで名高いパリスとトロイのヘレネの恋をパロディーにして、第二帝政期の上流社会を皮肉った作品)
# 「パリの生活」 主要作では数少ない現代(当時の)パリを舞台にした洒脱な恋愛コメディ。劇中のスウェーデン人に仮託してドイツ人が風刺されており、自身「パリのドイツ人」であったオッフェンバックならではの自虐ギャグとなっている。そのためか、なぜか一貫してドイツで上演人気が高い。オッフェンバックは「ジェロルスティン大公妃殿下」(ブン大将)」でもプロイセン軍国主義をなで斬りにしている。
# 「パリの喜び」(マニュエル・ロザンタールがオッフェンバックの代表作から選りすぐったメロディーをまとめたもの。1938年4月5日バレエ・リュッス・ド・モンテカルロによってモンテカルロ劇場で初演

同時代の作曲家を選択する



【リスニングルームの更新履歴】

[2017-09-26]

[2017-09-25]

[2017-09-24]

[2017-09-23]

[2017-09-22]

[2017-09-21]

[2017-09-20]

[2017-09-19]

[2017-09-18]

[2017-09-17]