クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



Home|ジャケット聞き

ジャケット聞き

「ジャケット買い」という言葉がありました。
店頭に並べられているレコードのジャケットに引きつけられて、中味は全く分からないままに買ってしまうことです。

残念な事に、一辺30㎝のLPレコードと一辺が12㎝しかないCDとではジャケットの魅力には本質的な差が生じてしまいました。それが、ファイル音源になってしまうとジャケットそのものがなくなってしまいました。
それ故に「ジャケット買い」という言葉は既に「死語」になってしまっていたのですが、ジワジワとアナログレコードが復権してくるにつれて、再び一辺30㎝の「芸術」とも言うべきレコードジャケットに注目が集まり始めました。

「Blue Sky Label」でもその様な流れを受けて、2017年の夏頃からジャケットを表示するようにしました。
そして、気がつけば1年の時が経過して、それなりのレコードジャケットを表示できるようになってきました。(ただし、どうしてもジャケットの画像が入手できないときはその代わりに演奏家の写真を表示しています。)

そうなれば、「ジャケット買い」ならぬ「ジャケット聞き」といものがあってもいいものだろうと考えた次第です。
アルバムの中味はよく分からなくても、ジャケットの魅力から聞いてみようというのも有りだろう!!と言う次第です。

他のジャケットをもっと見る



ブラームス:交響曲第2番ニ長調作品73
ジョージ・セル指揮 クリーヴランド管弦楽団 1967年1月6日録音
時が変わってもスタンスは変わらない

R.コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」 作品35
ロヴロ・フォン・マタチッチ指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1958年9月録音
「古さ」を懐かしむだけでなく、尊ぶべきものが何なのかを考えてみるべきかもしれない

シューマン:マンフレッド序曲 作品115
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1951年1月24日録音
全盛期への復帰なのかエコーなのか

モーツァルト:交響曲第38番ニ長調 K.504「プラハ」
カレル・アンチェル指揮 ドレスデン国立歌劇場管弦楽団 1959年6月録音
一切の夾雑物を排除し、憤りと苛立ちを抱え込んだモーツァルトの姿に焦点を合わせた音楽

ハイドン:ピアノ三重奏曲 ト短調 Hob.XV:19
(P)エミール・ギレリス (Vn)レオニード・コーガン (Cello)ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ 1950年録音
ギレリスが主導しつつも3人の覇気があふれている演奏

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第27番 ホ短調 Op.90
(P)ヴィルヘルム・ケンプ 1965年1月14日~15日録音
神から与えられた恩寵がケンプというエオリアンハープを通して鳴り響く演奏

バッハ:ピアノ小品集
(P)ディヌ・リパッティ 1950年7月6日&10日録音
随分遅くなってしまいましたが、残された録音に関しても、ポツポツと追加していきたいと思います。

リスト:パガニーニによる大練習曲 (1851年版) S.141
(P)ニキタ・マガロフ:1961年録音
ピアノを叩くのではなく音をすくい上げる

ワーグナー:ニーベルングの指輪~第1夜 楽劇「ワルキューレ」第1幕 第3場
ゲオルク・ショルティ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (T)ジェームズ・キング[ジークムント] (S)レジーヌ・クレスパン[ジークリンデ] (Bass)ゴッドロープ・フリック[フンディング] (Br)ハンス・ホッター[ヴォータン] (MS)クリスタ・ルードヴィヒ[フリッカ] (S)ビルギット・ニルソン[ブリュンヒルデ]他 1963年10月31日 & 11月2日~5日、8日~12日、15日~19日録音
20世紀の録音史に燦然と輝く金字塔

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第2番 イ長調 Op.2-2
(P)ヴィルヘルム・ケンプ 1964年11月10日録音
神から与えられた恩寵がケンプというエオリアンハープを通して鳴り響く演奏

ベートーベン:交響曲第7番イ長調 作品92
アンドレ・クリュイタンス指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1957年2月20日~22日録音
全集盤ほどには意固地にインテンポに固執していないので異なる魅力がある

ドヴォルザーク:交響曲第7番 ニ短調 作品70
レナード・バーンスタイン指揮 ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団 1963年1月28日録音
抑え気味の叙情性溢れた音楽

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第17番「テンペスト」 ニ短調 Op.31-2
(P)ヴィルヘルム・バックハウス 1963年2月録音
淡々と流れ行く音楽のエネルギーの底に、何か静かな瞑想的な静けさを感じます

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調 作品104
(Cello)エマヌエル・フォイアマン:ミカエル・トーベ指揮 ベルリン国立歌劇場管弦楽団 1928年4月30日&1929年9月29日録音(世界初録音)
録音史を語る上では貴重な一枚

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ ト長調 K.301
(P)ジョージ・セル (Vn)ラファエル・ドルイアン 1967年8月
セルのピアノは一つ一つの音の粒立ちが明確であり、その明確な音が流れるように紡がれていく

他のジャケットをもっと見る








[2020-11-30]

ラヴェル:「ダフニスとクロエ」第2組曲
イーゴリ・マルケヴィチ指揮:フィルハーモニア管弦楽団 1954年4月23日&6月3日録音(ディアギレフへのオマージュ)

[2020-11-29]

J.S.バッハ:教会カンタータ 「主を頌めまつれ、勢威強き栄光の主を」 BWV137
ギュンター・ラミン指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 トーマス教会少年合唱団 (Org)Hannes Kastner (S)Soloists of Thomanerchor Leipzig (A)Soloists of Thomanerchor Leipzig (T)Gert Lutze (Bass)Johannes Oettel 1953年5月29日録音

[2020-11-28]

バルトーク:ピアノ協奏曲 第1番 Sz.83
(P)ピーター・ゼルキン:小澤征爾指揮 シカゴ交響楽団 1965年6月23日録音

[2020-11-27]

ベートーベン:弦楽四重奏曲第14番 嬰ハ短調 Op.131
パスカル弦楽四重奏団:1952年録音

[2020-11-26]

モーツァルト:交響曲第29番 イ長調 K.201 (186a)
シモン・ゴールドベルク指揮:ネーデルラント室内管弦楽団 1958年10月13~15日録音

[2020-11-25]

ブラームス:交響曲第2番 ニ長調, 作品73
ジョージ・セル指揮 クリーヴランド管弦楽団 1967年1月5日録音(Live)

[2020-11-24]

ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第2番 イ長調 Op.100
(Vn)ヨセフ・スーク:(P)ジュリアス・カッチェン 1967年3月1日~3日録音

[2020-11-23]

セルゲイ・プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第1番 変ニ長調, Op.10
(P)スヴャトスラフ・リヒテル:カレル・アンチェル指揮 プラハ交響楽団 1954年5月24日録音

[2020-11-22]

バッハ:教会カンタータ 「深き淵より われ汝に呼ばわる、主よ」 BWV131
ギュンター・ラミン指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 トーマス教会少年合唱団 (Org)Hannes Kastner (A)Lotte Wolf-Matthaus (T)Gert Lutze (Bass)Johannes Oettel 1953年4月10日録音

[2020-11-21]

リヒャルト・シュトラウス:ブルレスケ ニ短調
(P)レナード・ペナリオ:小澤征爾指揮 ロンドン交響楽団 1965年8月9日~10日録音