クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~





ベルリオーズ

Home|作曲家で選ぶ|ベルリオーズ

カテゴリで絞り込む



新着順(50件)

ベルリオーズ:幻想交響曲 Op.14...2016-10-12に追加


ベルリオーズ:幻想交響曲 Op.14...2016-02-03に追加


ベルリオーズ:幻想交響曲 Op.14...2015-04-25に追加


ベルリオーズ:幻想交響曲 作品14...2015-02-22に追加


ベルリオーズ:幻想交響曲 作品14...2014-08-31に追加


ベルリオーズ:幻想交響曲 作品14...2013-03-18に追加


ベルリオーズ:レクイエム(死者のための大ミサ曲) Op.5...2012-11-03に追加


ベルリオーズ:幻想交響曲...2012-02-09に追加


ベルリオーズ:序曲集...2011-05-26に追加


ベルリオーズ:幻想交響曲...2010-11-07に追加


ベルリオーズ:宗教的三部作 「キリストの幼時」...2009-05-31に追加


ベルリオーズ:幻想交響曲...2007-09-15に追加


ベルリオーズ:劇的交響曲「ロミオとジュリエット」...2007-09-08に追加


ベルリオーズ:幻想交響曲...2006-03-28に追加


ベルリオーズ:幻想交響曲...2001-10-08に追加


BERLIOZ...0000-00-00に追加




経歴


1803年12月11日、フランス南部の田舎町の医師の長男として生まれる。
 17歳までは家庭にあって父から一般教育を受け、1821年からはパリの医学校に進学する。
 しかし、そのパリでグルックなどのオペラに魅了されて作曲家を志すようになる。故郷の両親は強く反対するが、26年には父の許可を得てパリ国立音楽院に入学する。
 1830年にはローマ大賞を受賞してローマに遊学するが、この時にはすでに彼の代表作となる「幻想交響曲」を完成していた。
 32年にはパリに戻り、かつての失恋相手でったハリエット・スミッソンと再開して結婚する。これ以後彼は、ユゴー・リスト・ショパン・デュマなど、多くの文学者、音楽家と交流を持ち、また、新聞などに音楽評論を寄せるようになる。
 しかし創作面においては「イタリアのハロルド」や「レクイエム」などの大作を次々と発表するが、パリにおいては異端視されて大衆からは支持をされない日々が続いた。
 そのため、1842年からはフランスの国外に自作を携えての演奏旅行を行うようになる。
 ドイツ各地(42〜43)からプラハ・ブダペスト(45〜46)と演奏旅行を行い、その成功に自信を得て帰国後「ファウストの劫罰」を初演するがこれもまた成功をもたらさなかった。
 フランス2月革命後のパリに「フィラルモニック協会」を設立して積極的な音楽活動を展開するもこれも挫折し、ついに1854年、「キリストの幼児」ではじめて成功を勝ち取る。また、55年のパリ万博で「テ・デウム」が演奏され、56年にはフランス学士院会員にも選ばれれて、ようやくにして作曲家としての評価を固める。
 その後はオペラ「トロイアの人々」の作曲に打ち込むが、その規模の大きさゆえに上演の機会は与えられず、長年にわたった演奏旅行も67〜68年のロシア旅行で幕を閉じる。
 69年3月9日、持病であった腸の疾患が悪化してパリで生涯を閉じる。

ユング君の一言


彼はパリにおいては長く異端視されて入れられず、そのためずいぶんと苦悩多き人生を送った人です。
 でも、彼の作品の構成を見ればそれも仕方のないことかと思ってしまいます。とにかく編成が巨大すぎて、今日でも実際のコンサートで演奏されることは希です。
 CDで出すにしても経費がかかりすぎておいそれとは録音もできません。
 そのため数少ない手頃な楽器編成の作品である「幻想交響曲」ばかりが彼の代表作として演奏されることになります。

 もちろん幻想交響曲は優れた作品ですが、作曲を志して間もない頃の作品ですから、色々と問題の多い作品であります。中には、管弦楽法の最初の教科書を書いた人にしては酷いオーケストレーションだという人もいます。
 しかし、突然に作曲家を志した青年が専門教育を受け始めてからわずか2,3年で生み出した作品なのですから、それでベルリオーズの全生涯を評価したら過ちを犯すことになります。
 彼もまた全生涯を視野に入れたきちんとした再評価が必要な一人だと言えます。

同時代の作曲家を選択する



【リスニングルームの更新履歴】

[2017-01-23]

[2017-01-22]

[2017-01-21]

[2017-01-21]

[2017-01-20]

[2017-01-19]

[2017-01-18]

[2017-01-17]

[2017-01-16]

[2017-01-15]

[2017-01-14]

[2017-01-13]

[2017-01-12]

[2017-01-11]

[2017-01-10]

[2017-01-09]

[2017-01-08]

[2017-01-07]

[2017-01-06]

[2017-01-05]

[2017-01-05]

[2017-01-04]

[2017-01-04]

[2017-01-03]

[2017-01-03]