クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~




ようこそ Blue Sky Label へ!

フルトヴェングラーやトスカニーニ、ワルター、バックハウス、ホロヴィッツ、ハイフェッツなどの偉大な音楽家たちの歴史的名演から1960年代のカラヤンやバーンスタインのステレオ録音まで、4500を超える楽曲がフリーで全曲お聞きいただけます。

最新の更新/リスニングルームの更新履歴

J.S.バッハ :平均律クラヴィーア曲集 第1巻(BWV 846‐BWV 851)・・・[2022-08-09]

(Cembalo)ワンダ・ランドフスカ:1949年3月&1950年2月録音

ランドフスカと言えばチェンバロという楽器を復興させ、バッハをロマン主義的歪曲から救い出した人という評価が為されています。しかし、その反面として、彼女が復興させたチェンバロはモダン・チェンバロと言われ、バロック時代のチェンバロとはかなり異なった響きを持つ楽器だったので、ピリオド楽器による演奏が主流となるにつれ、その「正当性」に疑問が呈されることも多くなっていきました。 とりわけ、彼女が愛用したチェンバロは「ランドフスカモデル」とよばれ、基本的にコンサートグランドのピアノの枠にチェンバロの機構...続きを読む

名演奏を聞く

コレッリ:合奏協奏曲 作品6 第8番 ト短調 (クリスマス協奏曲)

ソチエタ・コレルリ合奏団 1952年録音

かつて、イ・ムジチの四季を「アルプスの南側の演奏」、ミュンヒンガーの「四季」を「アルプスの北側の演奏」と呼んだのですが、何もアルプスを越えなくてもイタリアのど真ん中にザッハリヒカイトなバロック音楽が存在したのです。
ここには、聞き手に媚びる甘さは何処を探しても存在しません。あるのは、スコアだけを頼りに、作品が持つ本質に真摯に迫ろうとする気迫だけです。
しかし、残念なことに、この厳しさは多くの聞き手から好意を持って受け入れられることはなかったようです。そのために、「ソチエタ・コレルリ合奏団」は10年あまりの活動で解散してしまったのは実に残念なことでした。



【最近の更新(15件)/リスニングルームの更新履歴



[2022-08-08]

モーツァルト:セレナード第13番「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」, K.525
イ・ムジチ合奏団 1958年10月10日~20日録音
大ヒットした「四季」を思い出させるモーツァルト

[2022-08-07]

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第2番 ト長調, Op.18-2
レナー弦楽四重奏団:1926年9月28日&10月28日録音
今となっては二度と聞くことのできない演奏スタイル

[2022-08-06]

ベートーベン:ヴァイオリンソナタ 第9番 イ長調「クロイツェル」 Op.47
(Vn)マックス・ロスタル:(P)フランツ・オズボーン 1951年録音
ひたすら誠実な演奏家

[2022-08-05]

チャイコフスキー:交響曲第4番 ヘ短調, Op.36
ヘルマン・シェルヘン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1951年6月録音
もう一つのシェルヘンと出会えた

[2022-08-04]

ヘンデル:フルート・ソナタ ロ短調 Op.1, No.2, HWV 360
(Fl)ジョン・ウンマー:(Harpsichord)フェルナンド・ヴァレンティ (Cello)アルド・パリゾット 1954年録音
豊かな旋律美に溢れた世界をスッキリと表現している

[2022-08-03]

ショパン:ノクターン Op.37
(P)アダム・ハラシェヴィチ:1961年録音
ショパンの心の襞に寄りそった演奏

[2022-08-02]

シューマン:交響曲第2番 ハ長調, Op.61
カール・シューリヒト指揮:パリ音楽院管弦楽団 1952年8月26日~27日録音
「軽み」の芸術

[2022-08-01]

J.S.バッハ:ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ ハ短調, BWV 1024
(Vn)ラインホルト・バルヒェット:(Cembalo)ロベール・ヴェイロン=ラクロワ (Cello)ヤコバ・ムッケル 1961年リリース
何かとても大切なものが聞き手の心の中に少しずつ積み上がっていく

[2022-07-31]

ベートーベン:弦楽四重奏曲第1番 ヘ長調, OP.18-1
レナー弦楽四重奏団:1928年10月25&27日録音
今となっては二度と聞くことのできない演奏スタイル

[2022-07-30]

モーツァルト:セレナード第6番 ニ長調 K.239「セレナータ・ノットゥルナ」
イ・ムジチ合奏団 1958年10月10日~20日録音
大ヒットした「四季」を思い出させるモーツァルト

[2022-07-29]

シューベルト:ピアノのための舞曲(B面)
(P)イェルク・デームス:1965年9月録音
生粋のウィーン子としての感性を持って仕立てなおした

[2022-07-28]

シューベルト:ピアノのための舞曲(A面)
(P)イェルク・デームス:1965年9月録音
生粋のウィーン子としての感性を持って仕立てなおした

[2022-07-27]

ショパン:ノクターン Op.32
(P)アダム・ハラシェヴィチ:1961年録音
ショパンの心の襞に寄りそった演奏

[2022-07-26]

モーツァルト:交響曲第35番 ニ長調 "ハフナー" K.385
カール・シューリヒト指揮:ウィーン・フィルハーモニ管弦楽団 1956年6月3日~6日録音
Deccaでのウィーンフィルとの最後の録音

[2022-07-25]

ヘンデル:フルート・ソナタ ホ短調 Op.1, No. 1b, HWV 359b
(Fl)ジョン・ウンマー:(Harpsichord)フェルナンド・ヴァレンティ (Cello)アルド・パリゾット 1954年録音
豊かな旋律美に溢れた世界をスッキリと表現している

リスニングルームの更新履歴



HELP

ご意見・ご感想

MP3データベース

FLACデータベース

リンク集

アンケートのアーカイブ


【ランダム検索】

[2005-08-20]

[2020-07-19]

[2022-08-02]

[2010-06-23]

[2021-05-19]

[2016-10-03]

[2015-01-11]

[2014-03-26]

[2020-12-15]

[2009-05-24]


万葉集を読む



[2019-07-09]

[2019-07-05]

[2019-07-01]

[2019-06-18]

[2019-06-05]


クラシック音楽への第一歩~ここから聞きたい50曲



[2017-09-22]

[2017-09-18]

[2015-11-14]

[2015-09-06]

[2015-09-06]

[2015-08-10]

[2015-06-27]