クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~




ようこそ Blue Sky Label へ!

フルトヴェングラーやトスカニーニ、ワルター、バックハウス、ホロヴィッツ、ハイフェッツなどの偉大な音楽家たちの歴史的名演から1960年代のカラヤンやバーンスタインのステレオ録音まで、5000を超える楽曲がフリーで全曲お聞きいただけます。

最新の更新/リスニングルームの更新履歴

ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 , Op.68・・・[2022-12-07]

ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮 フランス国立放送管弦楽団 1957年12月録音

ホーレンシュタインという指揮者は本当に謎としか言いようがありません。戦前はフルトヴェングラーの助手も務め順調にキャリアを積み上げていったのですが、ナチスの台頭でアメリカに亡命を余儀なくされ、戦後は1949年にヨーロッパに復帰するものの特定のポストに就くことはなく、終生客演指揮者として活動を続けました。 また、録音活動もほとんどがマイナー・レーベルが中心で、50年代はVox、そして60年代はReader's Digest等です。 それでは、指揮者としての能力に欠けていたので常任指揮者としてお呼び...続きを読む

名演奏を聞く

ホロヴィッツ/カーネギー・ホール ザ・ヒストリック・コンサート

(P)ウラディミール・ホロヴィッツ 1965年5月9日録音

正直言って今さら何もつけくわえる必要のない録音です。
このコンサートの実施が決まると大変な熱狂が巻き起こり、演奏会のチケット発売前夜には、冷たい雨と強い風の中であったにもかかわらず、1000人を超えるファンが徹夜でカーネギー・ホールを取り囲みました。
それを聴いたホロヴィッツの夫人(トスカニーニの娘ですね)は自ら温かい珈琲を配って回ったという話は有名ですし、その夫人は並んでいる人から「もう12時間待っているんです」と言われたのに対し、「私は12年待ったのよ」と切り返したというのも有名なエピソードです。



【最近の更新(15件)/リスニングルームの更新履歴



[2022-12-06]

J.S.バッハ:管弦楽組曲第2番 ロ短調 BWV1067
ヘルマン・シェルヘン指揮 イングリッシュ・バロック管弦楽団 1954年9月録音
とらえどころのない人です。

[2022-12-05]

R.シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」, Op.30
カール・シューリヒト指揮:シュトゥットガルト放送交響楽団 1953年12月4日録音
細部の細部までクリア

[2022-12-04]

テレマン:ターフェルムジーク 第2集 四重奏曲 ニ短調(2つのフルート、リコーダー、チェロと通奏低音のための)
フランス・ブリュッヘン指揮 アムステルダム合奏団 (Vn)ヤープ・シュレーダー、ジャック・フルトマン、マリー・レオンハルト (Harpsichord)グスタフ・レオンハルトt 1965年1月録音
新しい解釈としてのピリオド演奏

[2022-12-03]

マーラー:交響曲第1番 ニ長調 「巨人」
ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮 ウィーン交響楽団 1953年録音
外連味たっぷりのマーラーです

[2022-12-02]

J.S.バッハ:アリア(管弦楽組曲第3番 ニ長調 BWV1068より)
アルトゥーロ・トスカニーニ指揮 NBC交響楽団 1946年4月8日録音
真っ向から眉間を真っ二つにたたき割るような演奏

[2022-12-01]

ボロディン:交響曲第2番 ロ短調
ディミトリ・ミトロプーロス指揮 ミネアポリス交響楽団 1941年12月7日録音
オケの力をフルに発揮させる聞かせ上手

[2022-11-30]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第14番変ホ長調 , K.449
(P)モニク・アース:フェルディナント・ライトナー指揮 ベルリンフィルハーモニー管弦楽団 1957年録音
「ジュー・ベル」によるモーツァルト

[2022-11-29]

J.S.バッハ:管弦楽組曲第1番 ハ長調, BWV1066
ヘルマン・シェルヘン指揮 イングリッシュ・バロック管弦楽団 1954年9月録音
とらえどころのない人です。

[2022-11-28]

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調, op.47
(Vn)ヤッシャ・ハイフェッツ:サー・トーマス・ビーチャム指揮 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 1935年11月26日録音
汗の一滴も感じさせない

[2022-11-27]

テレマン:ターフェルムジーク 第2集 序曲 (管弦楽組曲) ニ長調(オーボエ、トランペット及び弦楽合奏と通奏低音)
フランス・ブリュッヘン指揮 アムステルダム合奏団 (Harpsichord)グスタフ・レオンハルトt (Oboe)アド・マーター (Trumpet)モーリス・アンドレ 1965年1月録音
新しい解釈としてのピリオド演奏

[2022-11-26]

モーツァルト:交響曲第41番 ハ長調, K.551「ジュピター」
クレメンス・クラウス指揮:ブレーメン・フィルハーモニー管弦楽団 1952年3月13日録音
とても同一人物の手になる演奏とは思えない不思議さ

[2022-11-25]

セルゲイ・タネーエフ:交響曲第4番 ハ短調, Op.12
アレクサンドル・ガウク指揮:モスクワ・ラジオ交響楽団 1951年6月21日録音
鬼のごとき統率力で最後までオケを引っ張っている

[2022-11-24]

モーツァルト:ピアノ・ソナタ第9番 ニ長調, K.311
(P)ワンダ・ランドフスカ:1938年1月14日録音
普遍的なロマンティシズム

[2022-11-23]

シューマン:マンフレッド序曲, Op.115
カルロ・マリア・ジュリーニ指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1958年6月21日録音
それなりに好きにやらせてもらいます

[2022-11-22]

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第6番変ロ長調 BWV1051
カール・シューリヒト指揮:チューリヒ・バロック・アンサンブル 1966年5月録音
深い祈りを感じさせる演奏

リスニングルームの更新履歴



HELP

ご意見・ご感想

MP3データベース

FLACデータベース

リンク集

アンケートのアーカイブ


【ランダム検索】

[2018-12-14]

[2018-05-06]

[2015-09-08]

[2011-04-16]

[2016-12-01]

[2011-04-16]

[2007-04-29]

[2008-03-05]

[2017-06-01]

[2011-06-25]


万葉集を読む



[2019-07-09]

[2019-07-05]

[2019-07-01]

[2019-06-18]

[2019-06-05]


クラシック音楽への第一歩~ここから聞きたい50曲



[2017-09-22]

[2017-09-18]

[2015-11-14]

[2015-09-06]

[2015-09-06]

[2015-08-10]

[2015-06-27]