クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~


AmazonでCDをさがすAmazonでターリッヒのCDをさがす

Home|ターリッヒ|スーク:弦楽セレナーデ

スーク:弦楽セレナーデ


ターリッヒ指揮 チェコフィル 1938年12月録音


18才の青年と14才の少女の恋

スークと言えば今ではヴァイオリニストのスークの方が有名になってしまいましたが、ここで取り上げているのはそのスークのお祖父さんに当たる人物です。もちろん祖国のチェコでは今でも有名な作曲家だと思うのですが、彼の先生に当たるドヴォルザークと比べればその知名度は残念ながら足元にも及びません。
そんなスークですが、この弦楽のためのセレナーデは演奏される機会の多い作品です。

スークは南ボヘミアの小さな村クジェチョヴィツェに生まれました。
幼い頃から優れた音楽的才能をあらわし、11歳でプラハ音楽院に入学したという早熟の天才です。そして、そのプラハ音楽院で教鞭をとっていたのがドヴォルザークであり、スークは彼の強い影響のもとで作曲家としてスタートしました。
この弦楽セレナーデもドヴォルザークのコピー作品だといわれても仕方がないほどに、ドヴォルザークの強い影響力を感じさせられます。
しかし、じっくりと耳を傾けてみると、作曲当時18才だった若きスークの青春の歌が聞こえてきます。この時スークは、14才だったドヴォルザークの娘オティリェへと出会います。二人はすぐにひかれあい、6年後にはめでたく結婚をすることになるのですが、このセレナーデには、スークのオティリヘへの思いが込められています。
しかし、その恋は18才の青年と14才の少女のものだったことが、ドヴォルザークのセレナーデには聞けなかった歌をこの作品から紡ぎだしてくれました。
この上もなく伸びやかで屈託のない歌はスークならではの音楽になっています。

チェコフィルを育てた男


チェコフィルは数あるヨーロッパのオケの中でも特別な位置を占めているように思います。それは決してナンバーワンのオケになることはありませんが、常にオンリーワンの魅力を保持してきたことからくるステータスでしょうか。
そして、チェコフィルが持つその様な魅力を育て上げたのが、ターリッヒだといって間違いはないでしょう。
いささかぼけた録音なのでその魅力がどこまで伝わるのかは疑問ですが、そこは録音の少ない作品と言うことでご容赦ください。

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



293 Rating: 7.6/10 (157 votes cast)


この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2016-03-01:Joshua


【リスニングルームの更新履歴】

[2017-11-21]

[2017-11-20]

[2017-11-19]

[2017-11-19]

[2017-11-18]

[2017-11-17]

[2017-11-16]

[2017-11-16]

[2017-11-13]

[2017-11-13]