クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~


Home|アンケートのアーカイブ|ベートーベンの交響曲でお好きなのは?

アンケートの結果と考察(--;のようなもの・・・



ベートーベンの交響曲でお好きなのは?

  • 第9番「合唱つき」
132
  • 第7番
101
  • 第5番「運命」
100
  • 第3番「英雄」
99
  • 第6番「田園」
86
  • 第4番
45
  • 第8番
22
  • 第2番
20
  • 第1番
15
  • 交響曲は嫌い
9
  • ベートーベンは嫌い
7

投票総数: 636


今回も多くの方からの投票をいただきました。ありがとうございます。

さて結果の方ですが、私の予想は大きく外れてしまいました。
まずトップですが、私は第3番のエロイカだと確信していました。さらに、「運命」や「田園」と言うのも手垢にまみれすぎた感じがするのである程度敬遠されるのではないかと予想していました。また、第9番に関しても「今さら第9でもないだろう!」と言う雰囲気もあるかなと踏んでいました。

ところが結果は第9は文句なしの第1位で、「運命」や「田園」の人気にも陰りはなさそうでした。あらためて、第9の持つ知名度と人気には感服させられた次第です。
そして、ユング君のエロイカへの偏愛という先入観を取り払ってもう一度じっくりと結果を見てみると、この上もなく妥当な結果が出たと言えそうです。

1位は第9番「合唱つき」で頭一つ抜けています。
そして、3番「エロイカ」、5番「運命」、6番「田園」、7番の4作品は若干の差があっても横一線で2位グループだと言っていいと思います。
4番は最近人気の出てきた作品ですが、2位グループとは依然として少し差があるようです。
そして、8番、1番、2番がこれまた横一線で最下位グループを形成しています。

この順位はおそらくはコンサートで取り上げられる回数を正確に反映しています。おそらくは聞き手が求めるものをプログラムに反映すれば結果としてそうならざるを得ないのでしょうね。

それから、ぜひ注目しておきたいのは、「ベートーベンが嫌い」と投票した方がわずか4票だったという事です。
これは、「マーラーが嫌い」の31票と比べると桁違いに少ない数字です。全体の投票数が違いますから単純な票数では比較できませんのでパーセントで比較すると、「ベートーベンが嫌い」とこたえた方は1%にも満たないのに反して、「マーラーが嫌い」は10%近くにも達します。
あらためて、ベートーベンに対する評価の高さと人気には驚かされます。

【リスニングルームの更新履歴】



[2020-06-04]

ベートーベン:交響曲第6番ヘ長調 作品68「田園」
クレメンス・クラウス指揮:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1952年3月29日録音

[2020-06-03]

ハイドン:交響曲第92番 ト長調「オックスフォード」
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2020-06-02]

プシホダ小品集
(Vn)ヴァーシャ・プシホダ:(P)シャルル・セルネ、(P)イツコ・オルロヴェツキー 1924年~1957年録音

[2020-06-01]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第24番ハ短調 , K.491
(P)リリー・クラウス:スティーヴン・サイモン指揮 ウィーン音楽祭管弦楽団 1965年5月13日~15日録音

[2020-05-31]

ブラームス:クラリネット五重奏曲 ロ短調 Op. 115
(Cl)レジナルド・ケル:ブッシュ四重奏団 1937年10月10日録音

[2020-05-30]

ウェーバー:舞踏への勧誘 op.65 (バレエとしては「薔薇の精」というタイトル)
イーゴリ・マルケヴィチ指揮:フィルハーモニア管弦楽団 1954年3月3日録音(ディアギレフへのオマージュ)

[2020-05-30]

ドビュッシー:「牧神の午後への前奏曲」
イーゴリ・マルケヴィチ指揮:フィルハーモニア管弦楽団 1954年6月3日録音(ディアギレフへのオマージュ)

[2020-05-29]

ハイドン:交響曲第60番 ハ長調「うかつ者」 Hob.I:60
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2020-05-28]

プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第5番 ト長調 Op.55
(P)スヴャトスラフ・リヒテル:ヴィトールド・ロヴィツキ指揮 ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団 1958年9月録音

[2020-05-27]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調 Op.111
(P)アルフレッド・ブレンデル 1960年録音