クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでクライスラーのCDをさがす
Home|クライスラー|シューベルト:ヴァイオリンソナタ第4番

シューベルト:ヴァイオリンソナタ第4番

クライスラー ラフマニノフ 1928年録音



Schubert:ヴァイオリンソナタ第4番「第1楽章」

Schubert:ヴァイオリンソナタ第4番「第2楽章」

Schubert:ヴァイオリンソナタ第4番「第3楽章」

Schubert:ヴァイオリンソナタ第4番「第4楽章」




シューベルトの唯一のヴァイオリンャiタ

シューベルトはその生涯にこの形式で5つの作品を残しています。しかし最初の3つは自分たちが演奏をして楽しむことを目的に書かれたもので、あまり重要な作品とは言えません。また、最後に書かれた第5番に当たる作品は「幻想曲」と題されていて、形式的にはソナタ形式からはより自由なものとなっています。
と言うことで、コンサートのプログラムでヴァイオリンソナタとして取り上げられるのはこのイ長調のソナタだけだといえます。

この作品はシューベルトが20歳の時にきわめて短い時間で作曲されたと言われています。しかし、初期の3作品と比べれば規模は大きく、ピアノとヴァイオリンのバランスも絶妙で二重奏と言っていい雰囲気の作品となっています。また、作品全体を貫くトーンは、シューベルトにとってのイ長調がほとんどそうであるように、明るくて親しみやすく、幸福感に包まれたものとなっています。

神に感謝!!


クライスラーとラフマニノフというビッグネーム2名による録音です。
非常に粋で洒落た演奏に仕上がっていますが、そんなことよりも、この両巨匠の組み合わせで音楽が聴けることの、そして1928年とは信じがたいほどの素晴らしい音質で聴けることの幸せを神に感謝したいと思います。


この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



69 Rating: 5.8/10 (135 votes cast)

この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】

[2018-05-23]

ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ(管弦楽曲版)
ポール・パレー指揮 デトロイト交響楽団 1962年3月録音

[2018-05-22]

モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 変ホ長調 K364
ルドルフ・バルシャイ指揮&Viola (Vn)ダヴィッド・オイストラフ モスクワ室内管弦楽団 1959年3月22日録音

[2018-05-21]

ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 作品68
カール・ベーム指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1959年10月録音

[2018-05-20]

バッハ:ピアノ(チェンバロ)協奏曲第5番 ヘ短調 BWV1056
(P)グレン・グールド ヴラディミール・ゴルシュマン指揮 コロンビア交響楽団 1958年5月1日録音

[2018-05-19]

ラヴェル:舞踏詩「ラ・ヴァルス」
ポール・パレー指揮 デトロイト交響楽団 1962年3月録音

[2018-05-18]

ベートーベン:ベートーベン:ピアノ・ソナタ第22番 ヘ長調 Op.54
(P)クラウディオ・アラウ 1965年10月録音

[2018-05-18]

ショパン:ノクターン 第2集
(P)モーラ・リンパニー:1961年録音

[2018-05-17]

ハイドン:交響曲第32番 ハ長調, Hob.I:32
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2018-05-16]

ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 Op.92
カール・ベーム指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1958年4月17日録音

[2018-05-15]

ショパン:ノクターン 第1集
(P)モーラ・リンパニー:1961年録音