クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでシェルヘンのCDをさがす
Home|シェルヘン|チャイコフスキー:交響曲第4番 ヘ短調, Op.36

チャイコフスキー:交響曲第4番 ヘ短調, Op.36

ヘルマン・シェルヘン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1951年6月録音



Tchaikovsky:Symphony No.4 in F minor, Op.36 [1.Andante sostenuto - Moderato con anima]

Tchaikovsky:Symphony No.4 in F minor, Op.36 [2.Andantino in modo di Canzone]

Tchaikovsky:Symphony No.4 in F minor, Op.36 [3.Scherzo. Pizzicato ostinato.]

Tchaikovsky:Symphony No.4 in F minor, Op.36 [4.Finale. Allegro con fuoco]


絶望と希望の間で揺れ動く切なさ

今さら言うまでもないことですが、チャイコフスキーの交響曲は基本的には私小説です。それ故に、彼の人生における最大のターニングポイントとも言うべき時期に作曲されたこの作品は大きな意味を持っています。

まず一つ目のターニングポイントは、フォン・メック夫人との出会いです。
もう一つは、アントニーナ・イヴァノヴナ・ミリュコーヴァなる女性との不幸きわまる結婚です。

両方ともあまりにも有名なエピソードですから詳しくはふれませんが、この二つの出来事はチャイコフスキーの人生における大きな転換点だったことは注意しておいていいでしょう。
そして、その様なごたごたの中で作曲されたのがこの第4番の交響曲です。(この時期に作曲されたもう一つの大作が「エフゲニー・オネーギン」です)

チャイコフスキーの特徴を一言で言えば、絶望と希望の間で揺れ動く切なさとでも言えましょうか。

この傾向は晩年になるにつれて色濃くなりますが、そのような特徴がはっきりとあらわれてくるのが、このターニングポイントの時期です。初期の作品がどちらかと言えば古典的な形式感を追求する方向が強かったのに対して、この転換点の時期を前後してスラブ的な憂愁が前面にでてくるようになります。そしてその変化が、印象の薄かった初期作品の限界をうち破って、チャイコフスキーらしい独自の世界を生み出していくことにつながります。

チャイコフスキーはいわゆる「五人組」に対して「西欧派」と呼ばれることがあって、両者は対立関係にあったように言われます。しかし、この転換点以降の作品を聞いてみれば、両者は驚くほど共通する点を持っていることに気づかされます。
例えば、第1楽章を特徴づける「運命の動機」は、明らかに合理主義だけでは解決できない、ロシアならではなの響きです。それ故に、これを「宿命の動機」と呼ぶ人もいます。西欧の「運命」は、ロシアでは「宿命」となるのです。
第2楽章のいびつな舞曲、いらだちと焦燥に満ちた第3楽章、そして終末楽章における馬鹿騒ぎ!!
これを同時期のブラームスの交響曲と比べてみれば、チャイコフスキーのたっている地点はブラームスよりは「五人組」の方に近いことは誰でも納得するでしょう。

それから、これはあまりふれられませんが、チャイコフスキーの作品にはロシアの社会状況も色濃く反映しているのではと私は思っています。
1861年の農奴解放令によって西欧化が進むかに思えたロシアは、その後一転して反動化していきます。解放された農奴が都市に流入して労働者へと変わっていく中で、社会主義運動が高まっていったのが反動化の引き金となったようです。
80年代はその様なロシア的不条理が前面に躍り出て、一部の進歩的知識人の幻想を木っ端微塵にうち砕いた時代です。
私がチャイコフスキーの作品から一貫して感じ取る「切なさ」は、その様なロシアと言う民族と国家の有り様を反映しているのではないでしょうか。


もう一つのシェルヘンと出会えた

演奏の出始めを聞いたときには、「ああ、これもまたリムスキー=コルサコフのシェェラザードと同じ方向性だな」と思いました。やや遅めのテンポで細部の細部まで疎かにすることなく、しずしずと演奏は始まります。おそらく一部に今も根強く残っているシェルヘンの爆裂とチャイコフスキーという組み合わせから妄想される演奏とは全く真逆です。
ところが、途中から少しばかり雰囲気が変わってきます。

まず最初に気づいたのは、金管群が強奏し始めたことです。シェェラザードのアプローチと較べれば明らかにバランスを失しているのですが、まあ、それほど気になることはなくそれなりに面白く聞けます。
さらに、アレレと思ったのは、普通はあまり表に出てこない内声部を浮かび上がらせるような場面に時々出くわすのです。

ただし、それは彼の誤解のもととなったルガーノのライブのような「猛烈なスピードと過激なデュナーミク、大胆な解釈で荒れ狂う演奏」とは全く異なります。
おそらく、これがシェルヘンにとってのチャイコフスキーだったのでしょう。「高貴で美しいシェエラザード」に用いたアプローチでは、チャイコフスキーが持っているある種の泥臭さみたいなものがスポイルされると考えたのかもしれません。

結果として、他ではあまり聞くことのできない面白いチャイコフスキーに仕上がっているのですが、決してそれが「爆裂」ではなく、オーケストラは完璧にシェルヘンのもとでコントロールされています。
なるほど、ひたすら細部を疎かにするだけではない、もう一つのシェルヘンと出会えたと言うことで、これはこれで面白い録音でした。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連コンテンツ

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



5051 Rating: 6.4/10 (5 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント




【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2022-08-19]

ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 , Op.68
カール・シューリヒト指揮:スイス・ロマンド管弦楽団 1953年12月28日録音

[2022-08-18]

シューマン:ピアノ三重奏曲第1番 ニ短調, Op.63
(Cell)パブロ・カザルス:(P)アルフレッド・コルトー (Vn)ジャック・ティボー 1928年11月15日&18日 12月3日録音

[2022-08-17]

J.S/バッハ :平均律クラヴィーア曲集 第1巻(BWV 852‐BWV 857)
(Cembalo)ワンダ・ランドフスカ:1949年3月&1950年2月録音

[2022-08-16]

レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ:ロンドン交響曲(A London Symphony、交響曲第2番)
サー・ジョン・バルビローリ指揮 ハレ管弦楽団 1957年12月28日~29日録音

[2022-08-15]

オッフェンバック:ランタン灯りでの結婚式
ジャン・マルティノン:ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 1951年録音

[2022-08-14]

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第3番 ニ長調, Op.18-3
レナー弦楽四重奏団:1926年12月2日録音

[2022-08-13]

ショパン:ノクターン Op.48
(P)アダム・ハラシェヴィチ:1961年録音

[2022-08-12]

ヘンデル:フルート・ソナタ ト長調 Op.1, No.5, HWV 363b
(Fl)ジョン・ウンマー:(Harpsichord)フェルナンド・ヴァレンティ (Cello)アルド・パリゾット 1954年録音

[2022-08-11]

シューマン:交響曲第3番 変ホ長調, Op.97「ライン」
カール・シューリヒト指揮:パリ音楽院管弦楽団 1949年6月13日録音

[2022-08-10]

シューマン:クラリネットとピアノのための幻想小曲集, Op.73
(Clarinet)ジャック・ランスロ:(P)本庄玲子 1966年録音