クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでマルケヴィッチのCDをさがす
Home|マルケヴィッチ|ワーグナー:ワルキューレの騎行

ワーグナー:ワルキューレの騎行

イーゴリ・マルケヴィチ指揮:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1954年12月19日~20日録音



Wagner:The Ride of the Valkyries


ワーグナーの狂気と侵略戦争の狂気が見事にクロスしたシーン

この、あまりにも有名な音楽は楽劇「ヴァルキューレ」の第3幕の冒頭部分を下敷きにしています。
ただし、楽劇では管弦楽のみによる序奏は短く、幕が開くとヴァルキューレ達が「ホーヨートーホー」と声を上げて、次々と岩山に集まってきます。

この「ヴァルキューレ」というのは羽のついた鉄兜をかぶり、槍と縦を持って馬にまたがり天空を駆けめぐる乙女達です。この「ヴァルキューレ」は「戦乙女」と訳されて、戦の上空を飛び回り、その勝敗の帰趨を決定づける存在とも言われるのですが、その起源は北欧神話に由来すると言われています。
その北欧神話では、彼女たちは戦場で倒れた最高の勇士達を選別しては彼らを天上に連れて帰る役割を与えられています。そして、選ばれた勇士達は天上(ヴァルハラ)で再び生命を与えられて、その地を守る任務に就くとされているのです。

楽劇では、この岩山に集まった8人のヴァルキューレ達がフル編成のオーケストラの響きをつきぬけるように叫び声が絡むところは、ワーグナーが書いた音楽の中でもとびきりの迫力に満ちた場面だといえます。
なお、この管弦楽版の「ヴァルキューレの騎行」はワーグナー自身の手になる編曲版です。

ついでながら、この音楽がとりわけ有名になったのはフランシス・コッポラ監督による「地獄の黙示録」でアメリカ軍がヘリコプターでベトナムの村を襲撃するシーンで使われたことです。
それはワーグナーの狂気と侵略戦争の狂気が見事にクロスしたシーンであり、逆説的に言えばワーグナーの凄みを最も的確に映像化したシーンだったように思えます。


ベルリン・フィルの余裕にマルケヴィッチの狂気に満ちた野蛮さのようなものが包摂されてしまっている

フルトヴェングラーが亡くなったのが1954年の11月30日ですから、これはまさにその直後に行われた録音と言うことになります。
つまりは、フルトヴェングラーの突然の死という現実を前にして、ある意味ではよりフルトヴェングラー色が色濃くにじみ出るような時期にマルケヴィッチはベルリンフィルの前に立ったのです。しかし、彼がベルリン・フィルに要求したのはフルトヴェングラーが要求した音楽とはほとんど真逆とも言うべきベクトルを持ったものでした。
そして、この録音を聞けば、マルケヴィッチはその自らの音楽をこの時期のベルリンフィルにやりきらせているのです。

マルケヴィッチはコンサートでも録音でも良くワーグナーの管弦楽曲を取り上げていて、その解釈に関しては確固たるものを持っていました。その解釈このベルリン・フィルと録音した演奏を聞いても、一点の揺るぎもないことが分かります。
彼はワーグナーの音楽を重厚な響きによってうねるような巨大さを実現しようなどと言う気持ちは欠片も持っていません。彼が注目するのは、その楽曲の内部構造であって、その仕組みが誰の耳にも届くように知的に、そして明晰に表現することだけを求めていました。
その意味では、私が深く敬愛しているジョージ・セルとクリーブランド管によるワーグナー録音と方向性はほぼ同じです。

40歳をこえたばかりのマルケヴィッチにしてみればまさに油がのってこようかという時期であり、例え相手が全盛期のベルリンフィルであっても容赦なしという感じです。

彼が求めるワーグナーの姿は、後年手兵となったラムルー管と録音したときも要求するものはこのベルリンフィルの時と寸分の違いもありませんでした。
しかし、ラムルー管とベルリン・フィルで異なるのはその機能性です。ラムルー管はマルケヴィッチの地獄のしごきに耐えて必死でその棒に食らいついています。

しかし、ベルリンフィルの場合はさすがと言うべきか、その要求に対してもかなりの余裕を持って対応しています。
結果として、フルトヴェングラー時代の素晴らしい響きを保持しながら、実に堂々たる立派な音楽を聞かせてくれています。

しかし、聞き手というのは贅沢なもので、その余裕に包摂されるようにマルケヴィッチの狂気に満ちた野蛮さのようなものが封印されてしまっているように聞こえてしまうのです。そして、野蛮さこそがマルケヴィッチのマルケヴィッチたるところであるならば、それがあからさま表に出てくるラムルー管との演奏の方にエキサイティングな魅力を感じてしまうのです。

まあ、そんなおかしな聴き方をするのは私だけかもしれないのですが、音楽というのは上手ければいいという話ではないこともまた事実なのです。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連記事(一部広告含む)

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



4174 Rating: 4.3/10 (20 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント




【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2021-10-27]

チャイコフスキー:序曲「雷雨」 Op.76
ロヴロ・フォン・マタチッチ指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1956年1月録音

[2021-10-26]

モーツァルト:ピアノソナタ第13番 変ロ長調, K.333/315c
(P)ワンダ・ランドフスカ:1956年8月録音

[2021-10-25]

ブラームス:交響曲第4番 ホ短調, Op.98
ラファエル・クーベリック指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1956年3月24日~25日録音

[2021-10-24]

J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第1番 ヘ長調 BWV.1046
クルト・レーデル指揮 ミュンヘン・プロ・アルテ室内管弦楽団 1962年5月録音

[2021-10-23]

ヘンデル:合奏協奏曲, Op.6 第7番変ロ長調, HWV 325
アレクサンダー・シュナイダー指揮 アレクサンダー・シュナイダー室内管弦楽団 1966年1月録音

[2021-10-22]

ビゼー:カルメン組曲
アンソニー・コリンズ指揮 ロンドン交響楽団 1950年2月3日録音

[2021-10-21]

ブラームス:ピアノ協奏曲第1番 ニ短調, Op15
(P)クリフォード・カーゾン:エドゥアルド・ヴァン・ベイヌム指揮 アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団 1953年5月19日~6月1日録音

[2021-10-20]

モーツァルト:幻想曲ハ短調K.475+ピアノ・ソナタ第14番 ハ短調, K.457
(P)アンドレ・チャイコフスキー:1959年1月26日~28日録音

[2021-10-19]

ドヴォルザーク:スラブ舞曲 第2集 作品72
カレル・アンチェル指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 1959年12月21日録音

[2021-10-18]

ドヴォルザーク:スラブ舞曲 第1集 作品46
カレル・アンチェル指揮 ウィーン交響楽団 1958年録音