クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでヨハンナ・マルツィのCDをさがす
Home|ヨハンナ・マルツィ|ベートーベン:ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス第1番 ト長調 Op.40

ベートーベン:ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス第1番 ト長調 Op.40

(Vn)ヨハンナ・マルツィ パウル・クレツキ指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1955年12月22日~23日録音



Beethoven:Romance for Violin and Orchestra No.1 in G major, Op.40


実に耳に入りやすい作品

ベートーベンにとってこの「ロマンス」と題されたオーケストラとヴァイオリンのための音楽は得意な位置を占めています。それは、彼がこのような協奏的な小品をほとんど書いていないからです。
また、作品50のヘ長調は、ベートーベンには珍しいほどに旋律重視の作品で、その意味でも特異なポジションを占めていると言えます。作品40のト長調の方はメロディよりは和声を軸とした構成感があるのでベートーベンらしい作品とも言えます。
しかし、世間の人は美しいメロディラインの方が好きなのであって、それはベートーベンの作品に対しても同じで、人気の点ではヘ長調の方に軍配が上がります。
おそらく、この冒頭のメロディはクラシック音楽などに全く興味のない人でも、一度や二度はどこかで耳にしたことがあるでしょう。

作品の構成は両方とも典型的なロンド形式(A-B-A-C-A-コーダ)で書かれているので、実に耳に入りやすい作品です。


若さだけでは物足りなさが残るような作品だと、もう少し年を重ねてからの演奏も聞きたかったなと思ったりもします

ヨハンナ・マルツィの録音活動はほぼ1950年代に限定されています。残した録音もLPレコードにして20枚にも満たないもので、1950年代の初めにグラモフォンと行った録音と、その後1954年から始まったEMIでの録音がその大部分を占めています。そして、そのEMIとの活動もウォルター・レッグとの決裂で終わりを告げ、おそらくはこの大物に睨まれたことが原因だろうと思うのですが、その後一切の商業録音を行う機会を失ってしまうのです。
このレッグとの決裂の背景には、セクハラ疑惑(言い寄ってくるレッグをマルツィが拒絶した)が噂されるのですが事実のほどは藪の中です。

しかし、レッグと決裂した後にマルツィはアメリカ・デビューを果たし、うるさ型の評論家であるショーンバーグからも評価されており、さらには出産によって活動は縮小したとは言え、60年代においても順調にコンサート活動は続けていました。それにもかかわらず、一枚の商業録音も行うことが出来なかったということは、その背後によほどの圧力が働いていたと勘ぐられても仕方がないかもしれません。
さらに言えば、その数少ないEMIでの録音もカタログから削除されたようですから、その仕打ちは尋常ではなかったようです。

しかしながら、こういう不幸な経歴を持った演奏家が死後に復活を果たすのは中古レコード市場だというのが通り相場なのですが、その典型がこのマルツィだと言っていいでしょう。
中古レコードというものは基本的には需要と供給の関係で決まりますから、求める人が多いにもかかわらず市場に出回る数が少なくなれば価格は高騰します。
最近はCDやLPの復刻盤も出回るようになって多少はおさまってきましたが、一頃彼女に奉られたあだ名が「6桁のマルツィ」でした。それが、バッハの無伴奏のセットであるならば「7桁」に達したこともあったのです。
そして、そのあまりの高騰ゆえに、彼女のことを特別に崇めるような動きも出てきたりするのですが、それもまたおかしな話です。考えようによっては、そう言う奉り方は「何も考えずに他者の評価を鵜呑みにする」という点では、かつて彼女を無視した時代の動きの裏返しになっているだけだったりもします。

彼女の中古レコードにどれほど高値がつこうと、その中にはいい物もあればそれほどではないものもあるという「当たり前」のことを確認することが必要なのです。
考えてみれば、彼女の録音活動は20代の後半から30代の半ば頃までの時期に限られていたのです。ですから、その若さがもたらす燦めきが大きな魅力に結びつく作品ならば素晴らしい成果をもたらすのですが、その様な若さだけでは物足りなさが残るような作品だと、もう少し年を重ねてからの演奏も聞きたかったなと思ったりもするのです。

おそらく、そう言う若さがもっともプラスにはたらいたのは一連のシューベルのソナタでしょう。
ついでながら、バッハに関しては奇蹟のような演奏だったと言う気がするので、あれに関しては別格でしょう。

それとは逆に、どこか物足りなさを感じたのはブラームスやメンデルスゾーンの協奏曲あたりでしょうか。
ベートーベンの小品である2曲のロマンスなども、悪い演奏だとは思わないのですが、マルツィならではの「歌」がいささか希薄なような気がしていささか残念です。

とは言え、基本的に録音の数が少ない演奏家であり、その録音がすべてパブリック・ドメインになっているのですから、その残された録音をすべて紹介するのはこのサイトの義務でもあるでしょう。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連記事(一部広告含む)

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



3898 Rating: 5.0/10 (16 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント




【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2020-07-07]

ベートーベン:交響曲第7番 イ長調 作品92
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1961年9月29日録音

[2020-07-06]

ハイドン:交響曲第56番 ハ長調 Hob.I:56
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2020-07-05]

ムソソルグスキー:展覧会の絵(ラヴェル編曲)
ジョージ・セル指揮 クリーヴランド管弦楽団 1963年10月30日録音

[2020-07-04]

ビゼー:「祖国」序曲 作品19
エルネスト・アンセルメ指揮 スイス・ロマンド管弦楽団 1954年10月録音

[2020-07-03]

ヨハン・シュトラウス2世:朝の新聞, Op.279
ヴィリー・ボスコフスキー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1958年録音

[2020-07-02]

モーツァルト:12のピアノ変奏曲 ハ長調 K.265 (300e) "きらきら星変奏曲"
(P)クララ・ハスキル:1960年5月録音

[2020-07-01]

プロコフィエフ:「鋼鉄の歩み」
イーゴリ・マルケヴィチ指揮:フィルハーモニア管弦楽団 1954年4月27日&29日録音(ディアギレフへのオマージュ)

[2020-06-30]

チャイコフスキー:組曲「白鳥の湖」 Op. 20a
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (Vn)ヨゼフ・シヴォー (Cello)エマヌエル・ブラベッツ 1965年3月19日録音

[2020-06-29]

ハイドン:交響曲第35番 変ロ長調 Hob.I:35
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2020-06-28]

ベートーベン:交響曲第6番ヘ長調 作品68「田園」
エーリッヒ・クライバー指揮 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 1953年9月録音