クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでモントゥーのCDをさがす
Home|モントゥー|シベリウス:交響曲第2番 ニ長調 op.43

シベリウス:交響曲第2番 ニ長調 op.43

ピエール・モントゥ指揮 ロンドン交響楽団 1958年6月18日~20日録音

Sibelius:Symphony No.2 in D, major Op.43 [1.Allegretto]

Sibelius:Symphony No.2 in D, major Op.43 [2.Tempo andante, ma rubato]

Sibelius:Symphony No.2 in D, major Op.43 [3.Vivacissimo]

Sibelius:Symphony No.2 in D, major Op.43 [4.Finale: Allegro moderato]




シベリウスの田園交響曲?

シベリウスの作品の中ではフィンランディアと並んでもっとも有名な作品です。そして、シベリウスの田園交響曲と呼ばれることもあります。もちろん、ベートーベンの第6番を念頭に置いた比喩ですが、あちらがウィーン郊外の伸びやかな田園風景だとすれば、こちらは疑いもなく森と湖に囲まれたフィンランドの田園風景です。
さらに、この作品にはフィンランドの解放賛歌としての側面もあります。重々しい第2楽章と荒々しい第3楽章を受けた最終楽章が壮麗なフィナーレで結ばれるところが、ロシアの圧政に苦しむフィンランド民衆の解放への思いを代弁しているというもので、この解釈はシベリウスの権威と見なされていたカヤヌスが言い出したものだけに広く受け入れられました。
もっとも、シベリウス本人はその様な解釈を否定していたようです。
言うまでもないことですが、この作品の暗から明へというスタイルはベートーベン以降綿々と受け継がれてきた古典的な交響曲の常套手段ですから、シベリウスは自分の作品をフィンランドの解放というような時事的な際物としてではなく、その様な交響曲の系譜に連なるものとして受け取って欲しかったのかもしれません。
しかし、芸術というものは、それが一度生み出されて人々の中に投げ込まれれば、作曲家の思いから離れて人々が求めるような受け入れ方をされることを拒むことはできません。シベリウスの思いがどこにあろうと、カヤヌスを初めとしたフィンランドの人々がこの作品に自らの独立への思いを代弁するものとしてとらえたとしても、それを否定することはできないと思います。

この作品は第1番の初演が大成功で終わるとすぐに着手されたようですが、本格的取り組まれたのはアクセル・カルペラン男爵の尽力で実現したイタリア旅行においてでした。
この作品の中に横溢している牧歌的で伸びやかな雰囲気は、明らかにイタリアの雰囲気が色濃く反映しています。さらに、彼がイタリア滞在中にふれたこの国の文化や歴史もこの作品に多くのインスピレーションを与えたようです。よく言われるのは第2楽章の第1主題で、ここにはドンファン伝説が影響を与えていると言われています。
しかし、結局はイタリア滞在中にこの作品を完成させることができなかったシベリウスは、フィンランドに帰国したあとも精力的に作曲活動を続けて、イタリア旅行の年となった1901年の末に完成させます。
一度聞けば誰でも分かるように、この作品は極めて少ない要素で作られています。そのため、全体として非常に見通しのよいすっきりとした音楽になっているのですが、それが逆にいささか食い足りなさも感じる原因となっているようです。その昔、この作品を初めて聞いた私の友人は最終楽章を評して「何だかハリウッドの映画音楽みたい」とのたまいました。先入観のない素人の意見は意外と鋭いものです。
正直言うと、ユング君は若い頃はこの作品はとても大好きでよく聴いたものですが、最近はすっかりご無沙汰していました。やはり、食い足りないんですね。皆さんはいかがなものでしょうか?

徹底的にモントゥという音楽家の目に映ったシベリウス


人は年とともに衰える、と言うことを常にいってきたのですが、世の中にはその様な「常識」といとも容易く覆してしまう「化け物」がいるものです。そういう「化け物」の最たる存在がこのピエール・モントゥでしょう。
このシベリウスの録音は1958年ですから、この時モントゥは84才です。

そういえば、モントゥはこの年にボストン交響楽団とチャイコフスキーの4番を録音しているのですが、あそこでも最終楽章の燃焼は凄まじいものがありました。あれなどは、ブラインドで聞かされて80を超えた爺さんの指揮だと言い当てられる人はまずいないでしょう。
そして、このモントゥ唯一のシベリウスの演奏でも、そのコントロールの効いたミッシリと中味のつまった響きから老巨匠の「枯れた」芸などというものを「聞き取る」事はまず不可能でしょう。

ただし、このシベリウスはじっくりと聞いてみると、かなり風変わりな演奏であることには気づかされます。

スコアと見比べながら聞いたわけではないので断言はできかねるのですが、いわゆるダイナミックレンジのコントロールが独特で、極端な変化は禁欲的なまでに抑制しながら、音楽に内在する微妙な変化は極めて丁寧に表現しているのです。そして、こういう音楽の作り方ってどこかで聞いたことがあるような気がするなと、思いをめぐらせて気づいたのがヴァントです。

もちろん音楽をこぢんまりとまとめているわけではなくて、例えば最終楽章のボレロ的に盛り上がっていく部分ではギアを入れ替えるようにテンポをあげて追い込んでいくのですが、聞いていて鳥肌が立つような凄さを感じます。
つまりは、音楽全体としては非常に雄大なスケール感を持っているのですが、細部の移り変わりに関しては極端に走ることを慎重なまでに避けているのです。例えば、あちこちにピアニシモに鎮まった音楽が一転してフォルテの金管が吠えるような場面があるのですが、そういう場面では禁欲的とも言えるほどに金管を抑えています。
ただし、音楽の中に内在するというか、音楽が要求する微妙なダイナミックの変化に関しては極めて忠実なのです。ただし、その細かい微妙な変化が何処まで作曲家の要求なのかは確認は確認し切れていないのですが、ここまで微妙な陰影をこの作品に与えている演奏は他には思い当たりません。

そして、そういう音楽の作り方はヴァントにも指摘することができるのです。
さらに言えば、ミッシリと中味のつまったオケの響きの雰囲気もよく似ているような気がしますし、その響きを的確に捉えている録音エンジニアの腕も大したものです。

その意味では、このシベリウスは作曲家の意図にそれほど忠実ではなく、徹底的にモントゥという音楽家の目に映ったシベリウスに仕立て直されているような気がします。
その意味では、好き嫌いはあるかもしれませんが、結果として、意外と管弦楽法の名手だったシベリウスの腕の冴えを教えてくれる演奏と録音のようになっているような気がします。


この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



3028 Rating: 6.6/10 (40 votes cast)

この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2017-03-24:コタロー


【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】

[2018-06-21]

ハイドン:交響曲第94番 ト長調 Hob.I:94 「驚愕」
ヨーゼフ・クリップス指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1957年9月録音

[2018-06-20]

ジョゼフ・カントルーブ:オーヴェルニュの歌
レオポルド・ストコフスキー指揮 (S)アンナ・モッフォ RCA Victor Symphony Orchestra 1964年4月10日~11日録音

[2018-06-19]

ドリーブ:バレエ音楽「コッペリア」
アンタル・ドラティ指揮 ミネアポリス交響楽団 1957年12月21日~22日録音

[2018-06-18]

シベリウス:交響曲第2番 ニ長調 Op.43
サー・ジョン・バルビローリ指揮 ハレ管弦楽団 1966年7月25日~26日録音

[2018-06-17]

バッハ:ピアノ(チェンバロ)協奏曲第7番 ト短調 BWV1058
(P)グレン・グールド ヴラディミール・ゴルシュマン指揮 コロンビア交響楽団 1967年5月4日録音

[2018-06-16]

ベートーベン:交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱」
カール・ベーム指揮 ウィーン交響楽団 ウィーン国立歌劇場合唱団 (S)テレサ・シュティッヒ・ランダル (A)ヒルデ・レッセル・マイダン (T)アントン・デルモータ (Bs)パウル・シェフラー 1957年6月20日~26日録音

[2018-06-15]

バッハ:2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV 1043
(Vn)レオニード・コーガン&エリザヴェータ・ギレリス:ルドルフ・バルシャイ指揮 モスクワ室内管弦楽団 1959年録音

[2018-06-15]

バッハ:2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV 1043
(Vn)レオニード・コーガン&エリザヴェータ・ギレリス:オットー・アッカーマン指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1955年録音

[2018-06-14]

チャイコフスキー:白鳥の湖, Op.20
アナトゥール・フィストラーリ指揮 ロンドン交響楽団 (Violin Solo)アルフレード・カンポーリ 1952年録音

[2018-06-13]

ハイドン:交響曲第3番 ト長調, Hob.I:3
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音