クラシック音楽 | リスニングルーム | ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 作品95 「新世界より」

クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでセルのCDをさがす
Home|セル|ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 作品95 「新世界より」

ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 作品95 「新世界より」

ジョージ・セル指揮 クリーブランド管弦楽団 1959年3月20日~21日録音

Dvorak:交響曲第9番 ホ短調 作品95 「新世界より」

Dvorak:交響曲第9番 ホ短調 作品95 「新世界より」

Dvorak:交響曲第9番 ホ短調 作品95 「新世界より」

Dvorak:交響曲第9番 ホ短調 作品95 「新世界より」




望郷の歌

ドヴォルザークが、ニューヨーク国民音楽院院長としてアメリカ滞在中に作曲した作品で、「新世界より」の副題がドヴォルザーク自身によって添えられています。

この作品はその副題が示すように、新世界、つまりアメリカから彼のふるさとであるボヘミアにあてて書かれた「望郷の歌」です。

この作品についてドヴォルザークは次のように語っています。
「もしアメリカを訪ねなかったとしたら、こうした作品は書けなかっただろう。」
「この曲はボヘミヤの郷愁を歌った音楽であると同時にアメリカの息吹に触れることによってのみ生まれた作品である」

その言葉に通りに、ボヘミヤ国民楽派としてのドヴォルザークとアメリカ的な語法が結びついて一体化したところにこの作品の一番の魅力があるといえます。
さらに、過去の2作がかなりロマン派的な傾向を強めていたのに対して、この9番は古典的できっちりとしたたたずまいを見せていることも、分かりやすさと親しみやすさを増しているようです。

初演は1883年、ドヴォルザークのアメリカでの第一作として広範な注目を集め、アントン・ザイドル指揮のニューヨーク・フィルの演奏で空前の大成功を収めました。

完璧なまでの合奏による凄味


セルはドヴォルザークの新世界を3回録音しています。

チェコ・フィル 1937年10月30日録音
クリーブランド管弦楽団 1952年1月18日録音
クリーブランド管弦楽団 1959年3月20~21日録音

そして、この年明けにこれらをまとめて聞き直してみました。
それは、昨年の暮れからlinuxの上で動く「MPD(Music Player Daemon)」というシステムで音楽を聴くようになり、今までとは随分雰囲気が変わって聞こえるようになったからです。

興味ある方はこちら→ 最強の再生システム「MPD」//CD評価の難しさ

前回はリスニングルームを新しくしたことによる「変化」でしたが、今回もそれに匹敵するぐらいの「変化」がありました。

ここはオーディオ関係のことを云々する場所ではないので深入りは避けますが、このあたりに「録音」という媒介物を通して演奏を評価することの難しさがあります。

そして、この「変化」によって一番印象が変わったのが、今回アップしたステレオ録音による演奏です。

52年のモノラル録音を評して

「このモノラル録音では、あのあまりにも有名な第2楽章のメロディが、この上もなく深い情緒に満たされていることに驚かされます。
技術的な完璧さやオケの響きの緻密さという点ではステレオ録音に軍配が上がるでしょうが、この曰く言い難い風情というか情緒はこのモノラル録音でしか感じ取ることが出来ません。」

等と書いたのですが、じっくり聞き込んでみると、一見素っ気なく見えるステレオ録音の第2楽章も実に細かいニュアンスで彩られていることに気づかされます。
そして、何よりも圧倒的なのは、音楽が大きく盛り上がる部分での完璧なまでの合奏による凄味です。ここは、今まではそれぞれの楽器のセパレーションが良くなかったので「凄味」までは感じ取れなかったのですが、今度の新しいステムで聞くと、まさに圧倒的な迫力であり、実に熱い演奏であったことに気づかされます。

セルというと、理知的で冷たいという印象があるのですが、こうして16ビット/44.1KhzというCD規格の中におさめられている情報を極限まで絞り出して聞いてみると、セルもまた50~60年代のアメリカの黄金時代を背景とした音楽だったのかと思うようになってきました。
音楽を精緻にして豪快に鳴らし切ったときの生理的爽快感は、つまらぬ精神性に彩られた曲線的な演奏などを跳ねとばしてしまうほどの魅力があります。そして、この時代のアメリカは疑いもなくそのような音楽を欲していました。
たとえ、有名な音楽評論家から「猫ほどの知性もない」と酷評されても、多くの聴衆はホロヴィッツの音楽に喝采を送ったのです。それは、ハイフェッツやルービンシュタインにしても事情はそれほど変わるはずはありません。そして、ライナーやセルもまた然りだったように思います。そう言う意味では、ここにあるのはフルトヴェングラーの対極にある音楽たちです。

最終楽章の熱狂的な盛り上がりが一糸乱れぬ鬼のアンサンブルでばく進するとき、当時のアメリカの聴衆は拍手喝采を送ったはずです。
そう言う意味では、セルの演奏もまたこの時代のアメリカの時代精神を色濃く反映した音楽だったと言えそうです。

Youtubeチャンネル登録

ここで紹介している以外の音源をYoutubeで毎日アップしています。
古い録音が中心ですが是非チャンネル登録してください。→チャンネル登録って何ですか?



この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



1338 Rating: 7.0/10 (146 votes cast)

この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2016-03-06:emanon


【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】

[2018-08-20]

シューマンピアノ三重奏曲第1番 ニ短調 作品63
(P)エミール・ギレリス (Vn)レオニード・コーガン (Cello)ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ 1958年録音

[2018-08-19]

ワーグナー:「ワルキューレ」より「ヴォータンの別れと魔の炎の音楽」
ハンス・クナッパーツブッシュ指揮 (Br)ジョージ・ロンドン ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1958年6月9日~11日録音

[2018-08-18]

ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
カルロ・マリア・ジュリーニ指揮 フィルハーモニア管弦楽団1966年5月17日-18日録音

[2018-08-17]

モーツァルト:ディヴェルティメント 第17番 ニ長調 K.334 「ロビニッヒ・ディヴェルティメント」
フリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団 1955年4月23日&26日録音

[2018-08-16]

ベートーベン:チェロソナタ第1番 ヘ長調 Op.5-1
(Cell)アントニオ・ヤニグロ (P)イェルク・デムス 1964年録音

[2018-08-15]

ベートーベン:ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 作品15
(P)クリストフ・エッシェンバッハ:ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1966年11月30日~12月1日録音

[2018-08-14]

ベートーベン:交響曲第3番変ホ長調 作品55「英雄」
ゲオルク・ショルティ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1959年5月録音

[2018-08-13]

ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲 作品43
フェレンツ・フリッチャイ指揮 (P)マルグリット・ウェーバー ベルリン放送交響楽団 1960年6月3日~6日録音

[2018-08-12]

モーツァルト:交響曲第36番 ハ長調「リンツ」 K.425
フリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団 1954年4月26日録音

[2018-08-11]

ラヴェル:道化師の朝の歌(管弦楽版)
カルロ・マリア・ジュリーニ指揮 フィルハーモニア管弦楽団1959年6月4日&8日-10日録音