クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでセルのCDをさがす
Home|セル|ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」

ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」

ジョージ・セル指揮 チェコ・フィル1937年10月30日録音



Dvorak:交響曲第9番「新世界より」「第1楽章」

Dvorak:交響曲第9番「新世界より」「第2楽章」

Dvorak:交響曲第9番「新世界より」「第3楽章」

Dvorak:交響曲第9番「新世界より」「第4楽章」


望郷の歌

ドヴォルザークが、ニューヨーク国民音楽院院長としてアメリカ滞在中に作曲した作品で、「新世界より」の副題がドヴォルザーク自身によって添えられています。

この作品はその副題が示すように、新世界、つまりアメリカから彼のふるさとであるボヘミアにあてて書かれた「望郷の歌」です。

この作品についてドヴォルザークは次のように語っています。
「もしアメリカを訪ねなかったとしたら、こうした作品は書けなかっただろう。」
「この曲はボヘミヤの郷愁を歌った音楽であると同時にアメリカの息吹に触れることによってのみ生まれた作品である」

その言葉に通りに、ボヘミヤ国民楽派としてのドヴォルザークとアメリカ的な語法が結びついて一体化したところにこの作品の一番の魅力があるといえます。
さらに、過去の2作がかなりロマン派的な傾向を強めていたのに対して、この9番は古典的できっちりとしたたたずまいを見せていることも、分かりやすさと親しみやすさを増しているようです。

初演は1883年、ドヴォルザークのアメリカでの第一作として広範な注目を集め、アントン・ザイドル指揮のニューヨーク・フィルの演奏で空前の大成功を収めました。


若き日のセル バランスのセルと言われていたそうです・・・(^^)

セルの棒でドヴォルザークの交響曲を聴くと、実に立派なもので惚れ惚れしてしまいます。その思いは、このチェコフィルと組んで録音した若き日の録音でも変わりません。
 いわゆる民族性を前面に押し出したような演奏とは対極にあるものですが、しかしこれを客観的な演奏と言うにはためらいを覚えます。
 というのは、そもそもドヴォルザークの音楽というのは「こんなに立派だったのだろうか・・・・?」という疑問を払拭しきれないからです。
 それでも、長年にわたって私はセルの録音でドヴォルザークを聞くことが好きでしたし、実際いろんな場面で彼の録音を聞いてきました。

 しかし、近ごろ、その座をテンシュテットに奪われかけています。(もちろん、ライブ録音のほうです)

 私はドヴォルザークには、その美しいメロディの背後に言いしれぬ「暗さ」みたいなものを感じていました。ある方はそれを「果たされなかった思い」と表現していましたが、とにかく言いしれぬ「暗さ」を常に感じていました。
 テンシュテットの演奏は、何となく感じていた「暗さ」をイヤと言うほど私の前に呈示してくれました。第2楽章は果てしなく下へ下へと引きずり込んでいってくれて、「やっぱり、ドヴォルザークは仮面の下にこんな素顔を忍ばせていたんだ」と納得させてくれます。

 でも、考えてみれば、セルが示してくれる立派な交響的構築も、テンシュテットの情念の爆発も、共に彼らの主観的解釈の賜物だということに気づかされます。客観的解釈等というものは言葉としても矛盾していますし、あるはずのないものです。(その、あるはずのないものが大手を振ってまかり通っている不思議!!)
 大事なのは、その主観にどれだけ説得力があり、その思いをどれだけ素晴らしい技術によって「形」にしてくれているかという事です。
 そう思えば、「ドヴォルザークってこんなに立派だったのかな・・・?」等と問うことは愚かなことだと悟らされます。

 それにしても、37年のこの録音を聞くと、セルという人は死ぬまで、全く同じスタンスでドヴォルザークを解釈し続けたんだなと変なところで感心させられます。それほど、後のクリーブランドとのスタジオ録音と比べても遜色がないほどに立派なドヴォルザークを呈示してくれています。大したものです。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連記事(一部広告含む)

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



214 Rating: 6.8/10 (209 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント




【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2020-07-12]

J.S.バッハ:教会カンタータ 心と口と行いと命もて BWV 147
カール・リヒター指揮 アンスバッハ・バッハ・ソロイスツ ミュンヘン・バッハ合唱団 (S)ウルズラ・ブッケル (A)ヘルタ・テッパー (T)ジョン・ファン・ケステレン (Bass)キース・エンゲン 1961年録音

[2020-07-11]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番ニ短調 , K.466
(P)クララ・ハスキル:オットー・クレンペラー指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1959年9月8日録音(Live)

[2020-07-10]

メンデルスゾーン:フィンガルの洞窟, Op26
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1951年8月19日録音

[2020-07-09]

ドヴォルザーク:交響曲第8番 ト長調 作品88
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1961年9月29日録音

[2020-07-08]

ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調 作品26
(Vn)イダ・ヘンデル:ラファエル・クーベリック指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1948年録音

[2020-07-07]

ベートーベン:交響曲第7番 イ長調 作品92
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1961年9月29日録音

[2020-07-06]

ハイドン:交響曲第56番 ハ長調 Hob.I:56
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2020-07-05]

ムソソルグスキー:展覧会の絵(ラヴェル編曲)
ジョージ・セル指揮 クリーヴランド管弦楽団 1963年10月30日録音

[2020-07-04]

ビゼー:「祖国」序曲 作品19
エルネスト・アンセルメ指揮 スイス・ロマンド管弦楽団 1954年10月録音

[2020-07-03]

ヨハン・シュトラウス2世:朝の新聞, Op.279
ヴィリー・ボスコフスキー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1958年録音