クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでセル(George Szell)のCDをさがす
Home|セル(George Szell)|モーツァルト:ピアノ四重奏曲 第2番

モーツァルト:ピアノ四重奏曲 第2番

P:ジョージ・セル  Vn:ジョゼフ・ロイスマン Va:ボリス・クロイト Vc:ミッシャ・シュナイダー 1946年8月19日&20日録音



Mozart:ピアノ四重奏曲第2番「第1楽章」

Mozart:ピアノ四重奏曲第2番「第2楽章」

Mozart:ピアノ四重奏曲第2番「第3楽章」


モーツァルトの時代にはめずらしい組み合わせ

ピアノにヴァイオリン、ヴィオラ、チェロという組み合わせはロマン派の時代にはたくさん作曲されるのですが、モーツァルトの時代には珍しい組み合わせだったようです。モーツァルト自身もこの1番以外に変ホ長調の第2番を残しているだけです。
 当時はあまり評判にもならなかったようですが、後年のロマン派の時代になるとこのト短調という「宿命の調性」ゆえにか、一番の方はそれなりの有名曲になっていきます。
 モーツァルトとト短調というとそれこそ紙数がいくらあっても足りないほどに書き尽くされてきましたが、この作品もまた劇的な悲劇生が色濃く漂っています。冒頭のユニゾンを聴くだけで、そこには疑いもなくト短調のモーツァルトの世界が広がっています。
 
そして第2楽章ではロマン派好みの優美な音楽が奏でられて、最後のロンド楽章でははつらつとした音楽の流れの中にモーツァルトならではの深くはあってもかわいた悲しみがあふれてきます。

 セルは指揮同様に、ピアニストとしても決して情緒に流れるような演奏はしていません。特にリズムは冴えており、彼がオケに常に求めていたことを自らの演奏でも実践しています。また、彼はオケのメンバーにお互いに音を聞き合うことの重要性を何度も何度も強調していましたが、ここでも実にお互いの音をよく聞きあって実に素晴らしいバランスでモーツァルトの音楽を構築しています。
 そう、まさに情緒に流れるのではなく、「構築」という言葉がピッタリ来るような堂々としたモーツァルトです。
 やはりセルという人は、指揮棒を振っても、ピアノを演奏しても常にセルであったと言うことでしょうか。
 その一貫性には驚かされます。


ピアニストとしてのセル

セルはピアニストとしても非凡な才能を持っていました。幼い頃からピアノの才能を開花させたセルは8歳で公開の演奏会を行い「モーツァルトの再来」とまで評価されたことがあります。
 もっとも、いかにセルを贔屓するユング君といえども、いくら何でもそれは誉めすぎだと思いますが(^^;、そういう言葉が思わず出てしまうほどに早熟の天才だったことは事実のようです。その後、指揮や作曲を学ぶようになると、ピアノという楽器では自分の要求を満たしてくれない事を悟ったセルは指揮活動へと方向転換していくわけですが、時折ピアニストとしての腕前を披露してくれたりもしました。
 しかし、基本が完全主義者のセルですから、芸能人がよくやる新春隠し芸大会のレベルで録音をリリースするわけがありません。手すさびの余技としてではなく、一人のピアニストとして評価されたとしても、十分に耐えられるほどの演奏を残してくれました。
 ここではモーツァルトのピアノ四重奏曲の第1番を紹介していますが、同じブダペスト弦楽四重奏団との組合わせで第2番も残してくれています。それ以外にはシューベルのピアノ五重奏曲「鱒」、ベートーベンの「カカドゥ変奏曲」などの録音がユング君の手元にあります。
 また、晩年はクリーブランド管弦楽団のコンサートマスターだったラファエル・ドルイアンとのコンビでとても立派なモーツァルトのヴァイオリンソナタを残してくれました。(SONY CLASSICALからは24・25・28・32番がリリースされています。他にもあるのかもしれませんがユング君は不聞です。)

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



133 Rating: 4.6/10 (177 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント




【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2024-03-03]

ボッケリーニ(グルツマッヒャー編):チェロ協奏曲第9番 G.482(Boccherini:Cello Concerto No.9 in B flat major, G.482)
(Cello)アンドレ・ナヴァラ:ベルンハルト・パウムガルトナー指揮 ザルツブルク・モーツァルテウム・カメラータ・アカデミカ 1958年録音(Andre Navarra:(Con)Bernhard Paumgartner Camerata Academica des Mozarteums Salzburg Recorded on, 1958 )

[2024-03-01]

シューベルト:さすらい人幻想曲 ハ長調, D760(Schubert:Wanderer-fantasie in C major, D.760)
(P)ジュリアス・カッチェン 1956年12月3日~4日&1957年1月28日録音(Julius Katchen:Recorded on December 3-4, 1956 & January 28, 1957)

[2024-02-28]

バルトーク:弦楽四重奏曲第3番, Sz.85(Bartok:String Quartet No.3, Sz.85)
ヴェーグ弦楽四重奏団:1954年7月録音(Quatuor Vegh:Recorded on July, 1954)

[2024-02-26]

フォーレ:エレジー ハ短調 Op.24(Faure:Elegy, Op.24)
(Cello)ガスパール・カサド:イオネル・ペルレア指揮 バンベルク交響楽団 1960年5月録音(Gaspar Cassado:(Con)Ionel Perlea Bamberg Symphony Orchestra Recorded on May, 1960)

[2024-02-24]

リムスキー=コルサコフ:スペイン奇想曲, Op.34(Rimsky-Korsakov:Capriccio espagnol in A major, Op.34)
カレル・アンチェル指揮:チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 1964年12月録音(Karel Ancerl:The Czech Philharmonic Orchestra Recorded on December, 1964)

[2024-02-22]

グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調(Grieg:Piano Concerto in A Minor, Op.16)
(P)シェル・ベッケルント:オッド・ギュンター・ヘッゲ指揮 オスロ・フィルハーモニー管弦楽団 1964年発行(Kjell Baekkelund:(Con)Odd Gruner-Hegge Oslo Philharmonic Orchestra Published in 1964)

[2024-02-20]

リヒャルト.シュトラウス:歌劇「薔薇の騎士」より「ワルツ」(Richard Strauss:Waltzes (from Der Rosenkavalie))
エーリヒ・クライバー指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1934年5月録音(Erich Kleiber:Berlin Philharmonic Orchestra Recorded on May, 1934)

[2024-02-18]

バルトーク:弦楽四重奏曲第2番, Sz.67(Bartok:String Quartet No.2, Sz.67)
ヴェーグ弦楽四重奏団:1954年7月録音(Quatuor Vegh:Recorded on July, 1954)

[2024-02-16]

バッハ:ヴァイオリン・ソナタ第5番 ヘ短調 BWV 1018(J.S.Bach:Violin Sonata in F minor, BWV 1018)
(Cembalo)ワンダ・ランドフスカ:(Vn)イェフディ・メニューイン 1944年12月20日録音(Wanda Landowska:(Vn)Yehudi Menuhin Recorded on December 20, 1944)

[2024-02-14]

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番 イ長調, Op.47「クロイツェル」(Beethoven:Violin Sonata No.9 in A major, Op.47 "Kreutzer")
(Vn)ヤッシャ・ハイフェッツ:(P)ブルックス・スミス 1960年9月16&22日録音(Jascha Heifetz:(P)Brooks Smith Recorded on Septenber 16&22, 1960)