クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~


Home|アンケートのアーカイブ|大好きな指揮者は?〜天国編

アンケートの結果と考察(--;のようなもの・・・



大好きな指揮者は?〜天国編

  • フルトヴェングラー
116
  • カラヤン
81
  • セル
77
  • その他
72
  • ワルター
61
  • テンシュテット
46
  • バーンスタイン
42
  • クレンペラー
40
  • チェリビダッケ
37
  • ベーム
32
  • リヒター
28
  • トスカニーニ
27
  • バルビローリ
22
  • クナッパーツブッシュ
17
  • シューリヒト
13
  • モントゥー
12
  • メンゲルベルク
9
  • ミンシュ
7

投票総数: 739


たくさんの投票ありがとうございます。m(_ _)m
合わせてコメントもたくさんいただきました。代表的なものとしては、

「ショルティが入っていないのは残念でした。日本ではあまり有名ではない感もありますが、絶える事のない探究心と、レパートリーの開拓に脱帽しました。また、最高の機能性を持つというシカゴ交響楽団との、長期にわたる演奏活動を通して、音楽の都としてのシカゴを有名にするために一役かった功労者だとも思います。」
「私は、セルとワルターが好きですが、はっきり言ってユング君さんのHPを見てから、クラシックを聞き出したに等しいので、聞き比べはまだまだです。ワルターは『田園』が素晴らしいですよね(素人な意見ですが・・・)。 カラヤンは『ハンガリー舞曲』でど肝を抜かれました。 」

本当にありがとうございます。

投票結果は予想通り、フルトヴェングラーがトップでした。
2位がセルというのはこのサイトの特徴を考えると割り引いて考えないといけないでしょう。(^^)
その次にカラヤンとワルターが来たのは流石だな!という感じです。とりわけワルターは亡くなってから既に40年近い年月がたっていることを考えると、その評価はフルヴェンと並んで歴史的に定着したといって過言ではないです。
それに反して、トスカニーニの不人気は残された演奏の録音がよくないし、彼の本当の素晴らしさが記録されていないことを考えるとやむを得ないのかもしれません。また、一部では熱狂的な信者とも言うべき支持者を持っているクナの不人気もちょっと意外でした。
結果として、フルヴェン、ワルターこそが20世紀を代表する指揮者ということになるようです。

その他で興味深かったのはテンシュテットの高評価です。
残された正規録音は彼の真価を発揮しているとは言えないものだけに、この評価は驚きです。やはり二度の来日で超弩級の演奏を聴かせてくれたこと、海賊盤のライブ録音が次々とリリース(?)されて、それが一部のマニア的評論家に高く評価されたこと・・・などが影響しているのでしょうか?
個人的にはテンシュテットを非常に高く評価しているユング君ですからこれはうれしい誤算でした。

逆に信じられない思いだったのがミンシュの不人気ぶりです。実力もあり残された録音も素晴らしいものが多いだけにちょっと考えられない結果でした。
私として、フルヴェン・ワルターは別格、好きなのはセル&テンシュテットで、その次にくるのがクレンペラーやバルビローリ、ミンシュ!!あたりなので個人的にはちょっと意外でした。
バルビローリ、ミンシュはもう少しサイトの中でもフォローしないといけないなぁ!と痛感させられました。お暇があれば是非一度は彼らの演奏を聴いてみてください。絶対に得るものがあるはずです。

投票数も多かったのでそれなりに客観性のある結果だと思いますが、「妥当」と「意外」が入り交じって、あれこれと考えさせられるアンケートでした。
(2002年12月31日 記)

【リスニングルームの更新履歴】



[2020-06-04]

ベートーベン:交響曲第6番ヘ長調 作品68「田園」
クレメンス・クラウス指揮:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1952年3月29日録音

[2020-06-03]

ハイドン:交響曲第92番 ト長調「オックスフォード」
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2020-06-02]

プシホダ小品集
(Vn)ヴァーシャ・プシホダ:(P)シャルル・セルネ、(P)イツコ・オルロヴェツキー 1924年~1957年録音

[2020-06-01]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第24番ハ短調 , K.491
(P)リリー・クラウス:スティーヴン・サイモン指揮 ウィーン音楽祭管弦楽団 1965年5月13日~15日録音

[2020-05-31]

ブラームス:クラリネット五重奏曲 ロ短調 Op. 115
(Cl)レジナルド・ケル:ブッシュ四重奏団 1937年10月10日録音

[2020-05-30]

ウェーバー:舞踏への勧誘 op.65 (バレエとしては「薔薇の精」というタイトル)
イーゴリ・マルケヴィチ指揮:フィルハーモニア管弦楽団 1954年3月3日録音(ディアギレフへのオマージュ)

[2020-05-30]

ドビュッシー:「牧神の午後への前奏曲」
イーゴリ・マルケヴィチ指揮:フィルハーモニア管弦楽団 1954年6月3日録音(ディアギレフへのオマージュ)

[2020-05-29]

ハイドン:交響曲第60番 ハ長調「うかつ者」 Hob.I:60
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2020-05-28]

プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第5番 ト長調 Op.55
(P)スヴャトスラフ・リヒテル:ヴィトールド・ロヴィツキ指揮 ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団 1958年9月録音

[2020-05-27]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調 Op.111
(P)アルフレッド・ブレンデル 1960年録音