クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



Home|全集|モーツァルト:ピアノソナタ全集・・・(P)ギーゼキング 1953年録音

ギーゼキングといえば即物主義の代表選手のように言われます。彼こそはモーツァルトをロマン主義的歪曲から救い出して、現在のモーツァルト演奏への道を切り開いた存在として、とりわけこのソナタの全曲録音は長くスタンダードな位置にありました。 それにしても、これは何という「音」でしょう。 それは同じように音色の魅力をふりまくホロヴィッツやミケランジェリたちの音色とも違います。とんでもなく透明感に満ちていながらガラスのようなもろさとは全く無縁の強靱と言っていいほどの硬質な響きです。そして、ピアノからこのような音色を紡ぎだした人は他には思い当たりません。 この「音」で、シンプルな上にもシンプルにモーツァルトが演奏されるとき、それは他に変えがたい魅力を21世紀になっても保持していることを否定できません。 今もってこれはモーツァルト演奏の一つのスタンダードとしてのポジションを失っていません。

モーツァルト:ピアノソナタ第1番 ハ長調 K279


モーツァルト:ピアノソナタ第2番 ヘ長調 K280


モーツァルト:ピアノソナタ第3番 変ロ長調 K281


モーツァルト:ピアノソナタ第4番 変ホ長調 K282


モーツァルト:ピアノソナタ第5番 ト長調 K 283


モーツァルト:ピアノソナタ第6番 ニ長調 K 284


モーツァルト:ピアノソナタ第7番 ハ長調 K 309


モーツァルト:ピアノソナタ第9番 ニ長調 K 311


モーツァルト:ピアノソナタ第8番 イ短調 K 310


モーツァルト:ピアノソナタ第10番 ハ長調 K 330


モーツァルト:ピアノソナタ第11番 イ長調 K 331


モーツァルト:ピアノソナタ第12番 ヘ長調 K 332


モーツァルト:ピアノソナタ第13番 変ロ長調 K 333


モーツァルト:幻想曲 ハ短調 K475+ピアノソナタ第14番 ハ短調 K 457


モーツァルト:ピアノソナタ第18番 ヘ長調 K 533


モーツァルト:ピアノソナタ第15番 ハ長調 K 545


モーツァルト:ピアノソナタ第16番 変ロ長調 K 570


モーツァルト:ピアノソナタ第17番 ニ長調 K 576



リスニングルーム新着情報】

[2018-06-24]

シベリウス:交響曲第5番 変ホ長調 作品82
サー・ジョン・バルビローリ指揮 ハレ管弦楽団 1966年7月26日~27日録音

[2018-06-23]

ハイドン:ハイドン:交響曲第15番 ニ長調, Hob.I:15
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2018-06-23]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第25番 ト長調 Op.79
(P)クラウディオ・アラウ 1966年4月録音

[2018-06-22]

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77
(Vn)レオニード・コーガン:キリル・コンドラシン指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1959年録音

[2018-06-21]

ハイドン:交響曲第94番 ト長調 Hob.I:94 「驚愕」
ヨーゼフ・クリップス指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1957年9月録音

[2018-06-20]

ジョゼフ・カントルーブ:オーヴェルニュの歌
レオポルド・ストコフスキー指揮 (S)アンナ・モッフォ RCA Victor Symphony Orchestra 1964年4月10日~11日録音

[2018-06-19]

ドリーブ:バレエ音楽「コッペリア」
アンタル・ドラティ指揮 ミネアポリス交響楽団 1957年12月21日~22日録音

[2018-06-18]

シベリウス:交響曲第2番 ニ長調 Op.43
サー・ジョン・バルビローリ指揮 ハレ管弦楽団 1966年7月25日~26日録音

[2018-06-17]

バッハ:ピアノ(チェンバロ)協奏曲第7番 ト短調 BWV1058
(P)グレン・グールド ヴラディミール・ゴルシュマン指揮 コロンビア交響楽団 1967年5月4日録音

[2018-06-16]

ベートーベン:交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱」
カール・ベーム指揮 ウィーン交響楽団 ウィーン国立歌劇場合唱団 (S)テレサ・シュティッヒ・ランダル (A)ヒルデ・レッセル・マイダン (T)アントン・デルモータ (Bs)パウル・シェフラー 1957年6月20日~26日録音