クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでシゲティのCDをさがす
Home|シゲティ|タルティーニ:ヴァイオリン協奏曲ニ短調

タルティーニ:ヴァイオリン協奏曲ニ短調

(Vn)ヨーゼフ・シゲティ  ジョージ・セル指揮 コロンビア交響楽団 1954年1月15日録音



Tartini:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 「第1楽章」

Tartini:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 「第2楽章」

Tartini:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 「第3楽章」


もっと人気が出てもいいと思うのですが・・・日本人好みの哀愁ただよう音楽です。

タルティーニと言えば「悪魔のトリル」、「悪魔のトリル」と言えばタルティーニ・・・と言うぐらいこの二つは結びついています。そのおかげで、イタリアバロックのヴァイオリニスト兼作曲家であるこの男の名前が今日まで残ったと言えます。しかし、逆から見れば、あの「悪魔のトリル」と題されたト短調のヴァイオリンソナタ以外の作品がほとんど省みられないという不幸も背負い込むことになりました。
例えば、このニ短調のヴァイオリン協奏曲、悪くないです。同時代の有名人であるヴィヴァルディと比べてみるとはるかにロマン的な湿り気があります。
ヴィヴァルディだといわゆる急ー緩ー急がはっきりしているのですが、タルティーニの場合は第1楽章が例えば「Allegro」と書いていてもかなり哀愁が漂っています。ですから、もっと広く聞かれるようになれば、ヴィヴァルディぐらいには人気が出そうに思うのですが、いかがなものでしょうか。

第1楽章:Allegro
第2楽章:Grave
第3楽章:Presto



人肌の温かさにあふれた演奏

シゲティとセルというコンビなのですが、思いの外に「厳しさ」よりは「人肌の温かさ」が前面に出た演奏です。シゲティと言えば、技術的に下手くそだが精神性が高い・・・ナンドというという訳の分からない誉め方をされるのですが、これは未だにテクニックがしっかりしていた時代のものです。もちろん、しっかりしていると言っても、いわゆるハイテク型にはほど遠いことは言うまでもありません。しかし、技術的な不安や破綻が心配ない状態だと、その音色から立ち上る深い感情に安心して身をゆだねることが出来ます。
バッハとタルティーニの協奏曲をこの時代に1曲ずつ録音してくれたことに感謝あるのみです。
ただし、昨今のピリオド楽器による演奏しか聞いたことがない人は「ひっくり返って」しまうかもしれませんから注意してください。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連記事(一部広告含む)

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



996 Rating: 5.2/10 (138 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2010-04-03:タルティーニふぁん





【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2020-01-19]

ピアノ協奏曲第12番 イ長調 k.414(387a)
(P)リリー・クラウス:スティーヴン・サイモン指揮 ウィーン音楽祭管弦楽団 1965年5月5日~6日録音

[2020-01-18]

ハイドン:交響曲第24番 ニ長調 Hob.I:24
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2020-01-17]

オッフェンバック:序曲「天国と地獄」
ルネ・レイボヴィッツ指揮 パリ・コンセール・サンフォニーク協会管弦楽団 1960年録音

[2020-01-16]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第17番「テンペスト」 ニ短調 Op.31-2
(P)アルフレッド・ブレンデル 1962年6月~7月録音

[2020-01-15]

ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 作品68
ウィレム・ヴァン・オッテルロー指揮 ハーグ・レジデンティ管弦楽団 1953年12月4日録音

[2020-01-14]

バッハ:無伴奏チェロ組曲第2番 ニ短調 BWV1008
(Cello)ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ:1955年5月26日~27日録音

[2020-01-13]

R.シュトラウス:交響詩「ドンファン」 作品20
ブルーノ・ワルター指揮:ニューヨーク・フィルハーモニック 1952年12月29日録音

[2020-01-12]

ドヴォルザーク:ヴァイオリン協奏曲 イ短調 作品53
(Vn)イダ・ヘンデル:カール・ランクル指揮 ナショナル交響楽団 1947年1月録音

[2020-01-11]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第16番 ト長調 Op.31-1
(P)アルフレッド・ブレンデル 1962年6月~7月録音

[2020-01-10]

ハイドン:交響曲第23番 ト長調 Hob.I:23
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音