クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでシュナーベルのCDをさがす
Home|シュナーベル|ベートーベン:ディアベリのワルツによる33の変奏曲

ベートーベン:ディアベリのワルツによる33の変奏曲

シュナーベル 1937年録音



Beethoven:ディアベリ変奏曲


変奏技法の集大成

バッハのゴルトベルク変奏曲とならんで変奏曲という形式の最高傑作の一つです。

よく言われることですが、ベートーベンにとってのピアノ音楽は一種の実験の場でした。とりわけ、ピアノソナタという形式は、彼がピアノを使って思考し、探求を続ける場であり続けました。しかし、それ以上に彼の実験的精神が最も顕著に発露された音楽形式が変奏曲だったとも言われます。
とにかく、徹底的に突き詰めないと気がすまない男ですから、与えられた主題が持つ可能性をとことんとまで突き詰めていく変奏曲という形式は、彼にはピッタリの音楽形式でした。最晩年の作品において、変奏曲形式が重要な部分を構成するようになるのは決して偶然ではありません。
そして、その様な変奏曲の中で頂点に立つのが「ディアベリのワルツによる33の変奏曲」、通常「ディアベリ変奏曲」とよばれるこの長大な作品です。音楽的な本質は維持されながら様々に姿を変えていく様は、「変奏」と言うよりは「変容」と言った方がピッタリのような気がします。

なお、この作品は1819年から23年にかけて、「荘厳ミサ曲」と並行して創作されました。そのため、この二つの作品、「ディアベリ変奏曲」と「荘厳ミサ曲」を双子の兄弟とよぶ人もいるそうですが、ユング君にはちょっと理解できません。(^^;


ベートーベンの発明者

ホロヴィッツはシュナーベルのことをそう表現
したそうです。
昨今のハイテク演奏を聞き慣れた耳には物足りなさはあるかもしれませんが、現在のベートーベン演奏の源流がどこにあったかは確認しておいてもいいでしょう。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連コンテンツ

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



6 Rating: 4.7/10 (146 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント




【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2022-10-03]

ベルリオーズ:ヴィオラ独奏付き交響曲 「イタリアのハロルド」
コリン・デイヴィス指揮:(Viola)ユーディ・メニューイン フィルハーモニア管弦楽団 1962年10月16日&22日~23日録音

[2022-10-02]

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第10番 変ホ長調, Op.74 「ハープ」
レナー弦楽四重奏団:1932年3月10日&14日録音

[2022-10-01]

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番 ト長調 K.216
(Vn)ヴァーシャ・プシホダ:ハンス・ミュラー=クライ指揮 南ドイツ放送交響楽団 1953年録音

[2022-09-30]

ハイドン:ピアノ三重奏曲第39番 ト長調, Hob.XV:25「ジプシー」
(Cell)パブロ・カザルス:(P)アルフレッド・コルトー (Vn)ジャック・ティボー 1927年6月20日録音

[2022-09-29]

リヒャルト・シュトラウス:楽劇「サロメ」より7つのヴェールの踊り
ユージン・オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団 1962年11月15日録音

[2022-09-28]

ヘンデル:フルート・ソナタ イ短調 「ハレ・ソナタ第1番」 HWV 374
(Fl)ジョン・ウンマー:(Harpsichord)フェルナンド・ヴァレンティ (Cello)アルド・パリゾット 1954年録音

[2022-09-27]

バッハ :平均律クラヴィーア曲集 第2巻(BWV 882‐BWV 887)
(Cembalo)ワンダ・ランドフスカ:1951年9月~1954年3月録音

[2022-09-26]

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調, Op.18
(P)レフ・オボーリン:アレクサンドル・ガウク指揮 モスクワ・ラジオ交響楽団 1951年10月20日録音

[2022-09-25]

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第9番 ハ長調, Op.59-3 「ラズモフスキー第3番」
レナー弦楽四重奏団:1926年11月7,8&29日録音

[2022-09-24]

サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番 イ短調, Op.33
(Cello)ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ:グレゴリー・ストリャーロフ指揮モスクワ放送交響楽団 1953年録音