クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでカミッロ・ヴァナウゼクのCDをさがす
Home|カミッロ・ヴァナウゼク|ハイドン:フルート四重奏曲 ト長調 Op.5, No.4, Hob.II:1

ハイドン:フルート四重奏曲 ト長調 Op.5, No.4, Hob.II:1

(Fl)カミッロ・ヴァナウゼク:ヨーロッパ四重奏団のメンバー 1965年発行



Haydn:Flute Quartet in G Major, Op.5, No.4, Hob.II:1 [1.Vivace]

Haydn:Flute Quartet in G Major, Op.5, No.4, Hob.II:1 [2.Andante moderato]

Haydn:Flute Quartet in G Major, Op.5, No.4, Hob.II:1 [3.Menuetto]

Haydn:Flute Quartet in G Major, Op.5, No.4, Hob.II:1 [4.Fantasia moderato and Variations]


「室内楽的ソナタ」への方向性が垣間見える

ネットで中古レコードを物色しているときに思わず目を止めたのがこの作品です。何故かと言えば「ええーっ!ハイドンにフルート四重奏曲なんてあったの?」だったからです。
そこで、手もとのハイドン関係の書籍にあたってみたのですが全く記述はなく、ネットで検索してみると、その投稿主がレコード屋さんで「ハイドンのフルート四重奏曲ありますか」と尋ねると、店員さんに「「ええーっ!ハイドンにフルート四重奏曲なんてありましたか」と言われたという話が紹介されていて、思わず笑ってみました。

まあ、それだけマイナーな作品だと言うことです。
ただし、このフルート四重奏曲は作品6として6曲がワンセットで出版されています。ホーボーケン番号では「Hob.II」を与えられているので、ディヴェルティメントに分類されているようです。そして、No.1とNo.2派偽作の可能性が高い作品として分類されているようです。
「国際楽譜ライブラリー」では以下のように記述されています。

  1. Divertimento in D major, Hob.II:D9

  2. Divertimento in G major, Hob.II:G4

  3. Divertimento in D major, Hob.II:D10

  4. Divertimento in G major, Hob.II:1 (arr.)

  5. Divertimento in D major, Hob.II:D11

  6. Divertimento in C major, Hob.II:11 (arr.)


しかし、聞いてみれば実に優しく暖かく、ハイドンらしい親しみやすい音楽です。
基本的には第1楽章は整然としたソナタ風の音楽で、それに続く第2楽章はどれもが優美な緩徐楽章です。聞き手としては、この美しさが一番魅力的に思えます。
そして、第3楽章はメヌエットで、終楽章は舞曲風という定番スタイルです。この終楽章を軽快に終わらせるのは演奏効果という点でも大きな役割をはたしています。

そして、この作品は彼が仕えていたエステルハージ家のために書かれたものではなくて、どうやらフルート愛好家のアマチュアからの要望で書かれたものらしいのです。
一般的に、宮廷の音楽家というのは宮廷の仕事に集中すべきもので、そう言う「兼業」を行うことは禁止されていたようで、それはまたハイドンも例外ではありませんでした。しかし、ハイドンの作品があちこちで出版され、また筆写譜という形でヨーロッパ各地に広がるにつれ、ハイドンの音楽家としての名声は高まっていきました。
そうなると、ハイドンへの大きな讃辞は、それは同時に彼の雇い主である侯爵自身の権威の向上にも繋がる事に気づいたらしくて、侯爵はハイドンに対して宮廷以外の仕事を行うことを認めるという「特別扱い」をするようになります。

おそらく、このフルート四重奏曲もそういう「特越扱い」の中で生み出された作品なのでしょう。
アマチュアのフルート愛好家が仲間内で演奏して拍手を浴びるように配慮されていて、この作品からは宮廷的な雰囲気は希薄で、その後の時代に繋がる「室内楽的ソナタ」への方向性が垣間見えます。

おそらく、この作品を依頼した人物は大得意でこの作品を演奏したことでしょう。
フルート四重奏曲と言えばまずはモーツァルトを思い浮かべるのが普通なのですが、ハイドンにもこういう優れた作品があったのです。


全く分からない団体です

この録音は独奏フルートに「カミッロ・ヴァナウゼク」、弦楽には「ヨーロッパ四重奏団のメンバー(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ)」と記されているのですが、困ったことにこの両者の正体が全く不明です。かろうじて「カミッロ・ヴァナウゼク」はオーストリア生まれでウィーンなどを中心に活躍した人物らしいことは分かったのですが、録音はほとんど残っていないようです。

「ヨーロッパ四重奏団」に関しては、その大層な名前に反して全く持って正体不明です。Googleで検索してもかすりもしません。もしかしたら、覆面オーケストラならぬ覆面カルテットなのかもしれません。

しかし、演奏は悪くはありません。
フルートのカミッロ・ヴァナウゼクは実に素直な音色で伸び伸びと歌っていて、ランパルの様などこか癖のあるような歌わせ方とは少し異なります。おそらく、こういうアマチュア向けに作曲された作品だと、この様な素直な歌い回しの方が好ましく思えます。
そして、弦楽は作品そのものがフルートを引き立てるようになっていますからあまり表にはしゃしゃり出ないのですが、歌うべき部分では実に優美に美しい響きを聞かせてくれます。
これもまた、実にもって悪くはありません。

買い込んだ中古レコードの盤質も良く、なかなかにいい買い物をしたものだとひとり自己満足しています。

2022年11月3に追記
ソリストに関して情報をいただきました。
カミロ・ワナウゼックさんは、ウィーン交響楽団の首席フルート奏者だった人で、1957年11月のベルリン・フィル初来日時、当時の首席奏者オーレル・ニコレが来日できず(確か病気が原因)その代役としてカラヤンの希望でベルリン・フィルの一員として来日したこともあります。また、1951年7月のフルトヴェングラー/バイロイト祝祭管弦楽団のベートーヴェン「第九」のCD解説書(Grand SlamだったかOTAKENだったか)に掲載されていた、その年のバイロイト祝祭管のメンバー表に、フルート奏者として名前が載っているのを見たことがあります。

貴重な情報、感謝いたします。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連コンテンツ

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



5155 Rating: 5.2/10 (5 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント




【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2023-02-02]

ベートーヴェン:交響曲第2番 ニ長調, Op.36
ピエール・モントゥー指揮 サンフランシスコ交響楽団 1949年4月13日録音

[2023-01-31]

ラロ:スペイン交響曲 ニ短調, Op.21
(Vn)ヘンリク・シェリング:ワルター・ヘンドル指揮 シカゴ交響楽団 1959年2月28日録音

[2023-01-29]

チャイコフスキー:組曲第3番 ト長調, Op.55
アンタル・ドラティ指揮 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団 1966年8月16日~21日録音

[2023-01-27]

マーラー:交響曲「大地の歌」 イ短調
カール・シューリヒト指揮:アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団 (Ms)ケルステン・トルボルイ (T)カール=マルティン・エーマン 1939年10月5日録音

[2023-01-25]

モーツァルト:交響曲第36番 ハ長調「リンツ」 K.425
エーリッヒ・クライバー指揮 ベルリン国立歌劇場管弦楽団 1954年11月録音

[2023-01-24]

エルガー:ヴァイオリン協奏曲 ロ短調, Op.61
(Vn)ヤッシャ・ハイフェッツ:サー・マルコム・サージェント指揮 ロンドン交響楽団 1949年6月6日録音

[2023-01-23]

ショパン:ポロネーズ第7番 変イ長調, Op.61「幻想」
(P)アルトゥール・ルービンシュタイン:1964年3月4日~6日録音

[2023-01-22]

ベートーベン:弦楽四重奏曲第9番 ハ長調「ラズモフスキー3番」Op.59-3
ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団 1952年録音

[2023-01-21]

ワーグナー:ジークフリート牧歌
ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 1962年9月録音

[2023-01-20]

チャイコフスキー:組曲第2番 ハ長調, Op.53
アンタル・ドラティ指揮 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団 1966年8月16日~21日録音