クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでジョン・ウンマーのCDをさがす
Home|ジョン・ウンマー|ヘンデル:フルート・ソナタ ヘ長調 Op.1, No.11, HWV 369

ヘンデル:フルート・ソナタ ヘ長調 Op.1, No.11, HWV 369

(Fl)ジョン・ウンマー:(Harpsichord)フェルナンド・ヴァレンティ (Cello)アルド・パリゾット 1954年録音



Handel:Flute Sonata in F major Op.1, No.11, HWV 369


フルートへの強い関心

アムステルダムの出版社からヘンデルの」フルートソナタ集」が「作品1」として出版されています。
しかし、この事については幾つかの注意が必要です。

まず一つめは、「作品1」といってもヘンデルが自分自身の作品として自信を持って発表した一番最初の作品ではないと言うことです。作品番号に強い思い入れを持つのは一般的にロマン派以降の作曲家であって、ヘンデルのような時代にあっては、「作品1」というのはアムステルダムの出版社がヘンデルの作品を出版したのがこれが「最初」だったという意味しかもちません。
ですから、最初は12の作品が収録されていたものが、各地で勝手に出版されるたびに新しい作品が付け加えられて、最終的には15曲になってしまいます。
そこには「著作権」などと言う概念は全くなかったのです。

この音源である中古レコードのライナーノートには、この一連の作品はキャノンズと言う地でシャンドス公爵に仕えていた1718年から1721年であろうと書いています。(いろいろ調べましたが裏は取れていません)
どちらにしても、波乱に満ちたヘンデルの生涯の中ではもっとも平穏だった時代の作品のようです。

二つめは、一般的に「フルートソナタ」とよばれることが多い「作品1」なのですが、独奏楽器は必ずしもフルートである必要はなかったと言うことです、ヘンデルの時代にあってこういうスタイルの室内楽作品は通奏低音を担当するのはハープシコードとチェロというのが一般的なのですが、独奏楽器は必ずしも特定の楽器である必要はなく、フルートでもオーボエでも、時にはヴァイオリンでも問題はなかったのです。

しかしながら、ヘンデルはこれらの作品を書くにあたって、それぞれの作品の独奏楽器を自分なりにイメージしていたようなのです。そして、そのイメージされた楽器がフルートである場合が多く、さらに言えば当時の貴族階級にフルートの愛好家が多かったこともあり「フルートソナタ(音源とした中古レコードには「フルート奏鳴曲集」という時代を感じる表記がさています)」とよばれる事が多くなったようです。
出版された楽譜には英語に訳するならば「Solos for a German Flute a Hoboy or Violin with a Thorough Bass for the Harpsichord or Bass Violin」と記されているようです。「German Flute」はいわゆる一般的なフルート、「Hoboy」はオーボエを意味するようです。

ですから、作品によっては必ずしもフルートではなくて、オーボエやリコーダー、ヴァイオリンを想定した作品も数多く含まれています。
ライナーノートによると、フルートは「1a,1b(第1番は二つの版が伝えられていて、第1楽章をのぞけば大きく異なります。おそらくは先に書かれたもののが「1b」で、後で書かれたものが「1a」とされています),5,9番で、リコーダーが「2,4,7,11番、オーボエは「6,8番」、そして残りがヴァイオリンを想定して書かれていると言うことです。

こうしてみると、フルートとリコーダーを想定した作品はともに4曲なのですが、それでも作品のタイトルには真っ先に「German Flute」と記していて「Recorder」とは一言も書いていないのです。ですから、ある時期まではリコーダーを想定した作品もフルートで演奏するのが一般的な時代が続いたようです。

また、ヘンデルはこの「作品1」以外にも「ハレ・ソナタ」とよばれる3曲の「フルートソナタ集」も残っています。これは、1730年にロンドンで出版された曲集に含まれているものです。
この「ハレ・ソナタ」は若きヘンデルの修業時代だったハレ時代に作曲されたものとして、19世紀のヘンデル研究家のクリュザンダーが名づけたものです。
しかし、最近の研究では「偽作説」が有力なのですが、決して悪くない作品なので、そう言う学問的な理由によって見捨てしまうのはあまりにも勿体ない話です。

これらの作品には、ヘンデルの音楽が持っている明るくて平明で、そして何よりも美しい旋律に溢れています。

フルート・ソナタ ヘ長調 Op.1, No.11, HWV 369


「Grave or Larghetto-Allegro-Alla siciliana-Allegro」の4楽章構成という、この作品1の中の典型的なスタイルです。ただし、第1楽章が「Grave or Larghetto」となっているので、「Grave」とするか「Larghetto」とするかで重々しさが随分と変わってきます。念のために付け加えておくと「Grave」には「墓」という意味もありますので「重苦しい」とか「重々しく厳粛で荘重な」というイメージがつきまといます。「Larghetto」には「largoよりも少し早く」という速度記号だけの意味合いしかありません。
ただし、普通はこの部分を重苦しく演奏するのはあまり聞いたことがないので、通常は「Larghetto」として処理してるのでしょう。

また、第3楽章の「siciliana」はリコーダーで演奏するときに大きな効果が得られるように書かれているので、この作品もまたリコーダーをソロ楽器として想定して書かれているようです。終曲のアレグロもソロ楽器が華々しい技巧を披露して作品全体を締めくくります。

なお、この作品は後にヘンデル自身によってオルガン協奏曲(Op.4 No.5:HWV 293)に編曲されています。


豊かな旋律美に溢れた世界をスッキリと表現している

この録音の演奏家に関しては全く知るところはありませんでした。
ただし、「ヘンデル フルート奏鳴曲集」というレコードの「帯」が何とも時代を感じさせて懐かしくて思わず購入してしまいました。とは言っても一枚700円程度でした。

フルートはジョン・ウンマーで、レコードのライナーノートによるとNBC交響楽団が創立さた時の首席奏者で、その後はニューヨーク・フィルハーモニーでも首席奏者を務めていたそうです。その後、1950年にプラド音楽祭をはじめとしたカザルス音楽祭に参加するようになるとソリストとしての活動も増えていき、とりわけバロック音楽に関してはその深い識見は一目置かれていたと言うことです。

ハープシコードのフェルナンド・ヴァレンティは当時のアメリカでは期待の若手と目されていて、カークパトリックの弟子筋にもたるようです。彼は17~18世紀の音楽の研究と紹介に力を注ぎ、演奏テクニックだけでなくバロック音楽に対する的確な様式感は高く評価されていました。そして、そう言うこともあってか、ジョン・ウンマーはこのフェルナンド・ヴァレンティにチェリストのダニエル・サイデンバーグを加えた3人で「バロック・トリオ」を結成していいました。
ですから、二人の絆は深かったと思われます。

さて、問題はこの録音に参加しているチェリストのアルド・パリゾットなのですが、上で述べたような経緯を考えれば、ここは「バロック・トリオ」のダニエル・サイデンバーグが起用されるはずなのでしょうが、何故かアルド・パリゾットなるチェリストが選ばれています。何故ににこうなったのかは不明です。
アルド・パリゾットはブラジル生まれでリオデジャネイロで音楽を学んだらしいのですが、アメリカで活動するようになった切っ掛けはクーセヴィツキーに認められたからだそうです。そして、多くのオケと協演するようになったとライナー・ノートには書かれているのですが、残された録音はあまり多くないようで、このウェストミンスターでの録音が彼にとっては初めての録音だったようです。

ただし、演奏は名前でするものではありませんから、肝心なのはその演奏の中味です。
率直にいって、1950年代の前半と言うことを考えれば、バロック音楽というものをよく研究した上での成果は現れていると思えます。もちろん、ヘンデルが独奏楽器にリコーダーを想定したであろう作品もフルートで演奏していることは原理主義者からすれば認めがたいことでしょうが、時代を考えれば仕方のないことでしょう。
それよりは、多くのマエストロたちがバロック音楽であっても重厚長大な音楽として演奏していた50年代の前半においてみれば、ヘンデルが持つ親密で明るく、そして豊かな旋律美に溢れた世界をスッキリと表現しているのは十分に評価されるべきでしょう。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連コンテンツ

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



5092 Rating: 5.0/10 (6 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2022-09-18:小林正樹





【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2022-12-06]

J.S.バッハ:管弦楽組曲第2番 ロ短調 BWV1067
ヘルマン・シェルヘン指揮 イングリッシュ・バロック管弦楽団 1954年9月録音

[2022-12-05]

R.シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」, Op.30
カール・シューリヒト指揮:シュトゥットガルト放送交響楽団 1953年12月4日録音

[2022-12-04]

テレマン:ターフェルムジーク 第2集 四重奏曲 ニ短調(2つのフルート、リコーダー、チェロと通奏低音のための)
フランス・ブリュッヘン指揮 アムステルダム合奏団 (Vn)ヤープ・シュレーダー、ジャック・フルトマン、マリー・レオンハルト (Harpsichord)グスタフ・レオンハルトt 1965年1月録音

[2022-12-03]

マーラー:交響曲第1番 ニ長調 「巨人」
ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮 ウィーン交響楽団 1953年録音

[2022-12-02]

J.S.バッハ:アリア(管弦楽組曲第3番 ニ長調 BWV1068より)
アルトゥーロ・トスカニーニ指揮 NBC交響楽団 1946年4月8日録音

[2022-12-01]

ボロディン:交響曲第2番 ロ短調
ディミトリ・ミトロプーロス指揮 ミネアポリス交響楽団 1941年12月7日録音

[2022-11-30]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第14番変ホ長調 , K.449
(P)モニク・アース:フェルディナント・ライトナー指揮 ベルリンフィルハーモニー管弦楽団 1957年録音

[2022-11-29]

J.S.バッハ:管弦楽組曲第1番 ハ長調, BWV1066
ヘルマン・シェルヘン指揮 イングリッシュ・バロック管弦楽団 1954年9月録音

[2022-11-28]

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調, op.47
(Vn)ヤッシャ・ハイフェッツ:サー・トーマス・ビーチャム指揮 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 1935年11月26日録音

[2022-11-27]

テレマン:ターフェルムジーク 第2集 序曲 (管弦楽組曲) ニ長調(オーボエ、トランペット及び弦楽合奏と通奏低音)
フランス・ブリュッヘン指揮 アムステルダム合奏団 (Harpsichord)グスタフ・レオンハルトt (Oboe)アド・マーター (Trumpet)モーリス・アンドレ 1965年1月録音