クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでカサドシュのCDをさがす
Home|カサドシュ|リスト:ピアノ協奏曲第2番

リスト:ピアノ協奏曲第2番

(P)カサドシュ セル指揮 クリーブランド管弦楽団 1952年1月20日録音



Liszt:ピアノ協奏曲第2番


長期低落傾向のリスト人気

19世紀においてはピアノの王者としてヨーロッパに君臨したリストですが、その評価は下がる一方であり、現在ではごく限られたピアノ曲しかレパートリーにあがらなくなってしまいました。
この傾向は今に始まったことではなくて、20世紀に入った頃にはすでに演奏される作品の範囲は限られたものとなっていたようです。そのことは、一部の方からリストに対するリクエストをいただいて、何かいい音源はないものかと探してみて、あまりの数の少なさに驚かされたことからも、その不人気ぶりを確認することができました。

このピアノ協奏曲の第2番も今ではほとんど演奏される機会のないマイナーな作品となっています。
第1番に関してはそれでもときおりレパートリーにあがることもあるのですが、この2番に関しては1番のカップリングとして埋め合わせ的に収録されるような風情は否定し切れません。
しかし、あのバルトークがリストを高く評価していたことはあまり知られていない事実です。砂糖菓子のようにひたすら甘くてロマンティックなピアノ音楽ばかりを書いたと思われがちなリストですが、バルトークはその中にドビュッシーや新ウィーン学派の音楽につながるような先見性を見つけていたようです。

今後、リストに対する再評価が行われるようになるかどうかは分かりませんが、今の不人気ぶりはあまりにもひどすぎるかもしれません。

この第2番とナンバーリングされたピアノ協奏曲は1839年に創作をされているのですが、その後何度も補筆が加えられ、1848年には「交響的協奏曲」という名称を与えられています。たしかに、単一楽章で構成されたこの作品はピアノ付きの交響詩という雰囲気をもっています。その後も、この作品は楽譜として出版される1863年まで、事あるごとにリストが手を加えつづけたようで、ある意味ではリストが求めたものがもっともはっきりと具現化された作品だといえます。それぞれに好みはあるでしょうが、完成度という点では第1番の協奏曲よりも頭一つ抜けているのではないでしょうか。


端正で整ったスタンダード的な演奏

あまり演奏される機会の少ない作品ですが、指揮者とピアニストがきちんと取り組めば、それなりに完成度の高い作品ですから十分に聴き応えのあるものとなります。
セルとカサドシュは、名人芸のひけらかしになるようなことはなく、実に端正できちんとした演奏で、この作品のスタンダードともいうべきものに仕上げています。

また、印象的なのはカサドシュとセルの関係です。
ここでは明らかに主導権はカサドシュが握っていて、セルの方はそれに対して実に端正な伴奏をつけています。田舎の三流オケをやっとの事でそれなりのレベルに引き上げてきたこの時期では、さすがのセルも未だに控えめだったということでしょうか。この後、セルはカサドシュとのコンビでモーツァルトの協奏曲を次々と演奏していくのですが、そこではセルの美学が徹底されていて、カサドシュはそれに従っているように見えますから、その意味でもこれは興味深い録音だといえます。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連記事(一部広告含む)

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



419 Rating: 6.9/10 (206 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2009-01-03:つちや さかえ





【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2020-07-05]

ムソソルグスキー:展覧会の絵(ラヴェル編曲)
ジョージ・セル指揮 クリーヴランド管弦楽団 1963年10月30日録音

[2020-07-04]

ビゼー:「祖国」序曲 作品19
エルネスト・アンセルメ指揮 スイス・ロマンド管弦楽団 1954年10月録音

[2020-07-03]

ヨハン・シュトラウス2世:朝の新聞, Op.279
ヴィリー・ボスコフスキー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1958年録音

[2020-07-02]

モーツァルト:12のピアノ変奏曲 ハ長調 K.265 (300e) "きらきら星変奏曲"
(P)クララ・ハスキル:1960年5月録音

[2020-07-01]

プロコフィエフ:「鋼鉄の歩み」
イーゴリ・マルケヴィチ指揮:フィルハーモニア管弦楽団 1954年4月27日&29日録音(ディアギレフへのオマージュ)

[2020-06-30]

チャイコフスキー:組曲「白鳥の湖」 Op. 20a
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (Vn)ヨゼフ・シヴォー (Cello)エマヌエル・ブラベッツ 1965年3月19日録音

[2020-06-29]

ハイドン:交響曲第35番 変ロ長調 Hob.I:35
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2020-06-28]

ベートーベン:交響曲第6番ヘ長調 作品68「田園」
エーリッヒ・クライバー指揮 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 1953年9月録音

[2020-06-27]

プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番 ハ長調 Op.26
(P)バイロン・ジャニス:キリル・コンドラシン指揮 モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団 1962年6月録音

[2020-06-26]

ドヴォルザーク:ヴァイオリンソナチネ Op.100
(Vn)ヴァーシャ・プシホダ:(P)マリア・ベルクマン 1951年録音