クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでカルヴェ弦楽四重奏団のCDをさがす
Home|カルヴェ弦楽四重奏団|シューベルト:弦楽四重奏曲第10番

シューベルト:弦楽四重奏曲第10番

カルヴェ弦楽四重奏団 1937年10月25日録音



Schubert:弦楽四重奏曲第10番「第1楽章」

Schubert:弦楽四重奏曲第10番「第2楽章」

Schubert:弦楽四重奏曲第10番「第3楽章」

Schubert:弦楽四重奏曲第10番「第4楽章」


家庭用音楽としての弦楽四重奏曲

この作品はナンバーは10番ですが、成立時期は初期に属します。おそらくは6番と7番の間に作曲されたものだろうと言われています。しかし、後期の作品と勘違いされると言うことは、この作品の充実ぶりを証明しています。

シューベルトは少年時代から弦楽四重奏曲を書いていました。と言うのは、彼の家庭にあって弦楽四重奏曲というのは家族でともに演奏をして楽しむという対象だったためです。そのため、家庭で楽しむための音楽としてこの形式の音楽に取り組むのはごく自然な成り行きでした。

シューベルトの弦楽四重奏曲は一般的に3つの時期に区分されます。
第1期は純粋に家庭用の音楽として創作された時期で、1番から7番までが含まれます。
続く第2期は、家庭用の音楽から脱して、専門の演奏家を想定して創作された時期で8番から11番までが該当します。
そして第3期に当たるのが彼自身が「交響曲への道」と語った作品群で、13番「ロザムンデ」、14番「死と乙女」そして最後の15番です。

ここで紹介している第10番はナンバーは10番ですが第1期の最後に属する作品だといえます。その意味では「家庭用音楽」に属する音楽ですが、後世の研究者が誤って10番とナンバーリングをしたように、中期の作品に匹敵するほどの充実ぶりを示していることも事実です


最近ではちょっと聴けない第3楽章のテンポ設定

第1楽章の再現部の繰り返しはカットされてるようですが、これは当時としては珍しくなかったようです。
それよりも注目すべきは第3楽章のテンポ設定です。

シューベルトはアダージョと記していますが、その指定を忠実に守ると間延びがしすぎるというので、最近はアンダンテ程度で演奏するのが一般的です。しかし、カルベカルテットは聞いた感じではアダージョに近いテンポを守っています。(昨今は6分程度で演奏が終了しますが、ここでは8分を超えています。)
この遅いテンポは最近ではちょっと聴けないのではないでしょうか。

これだけを聞けばそれほど違和感は感じないのですが、いかがなものでしょうか?

関連記事(一部広告含む)

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



38 Rating: 4.8/10 (94 votes cast)

この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2012-12-11:柴田智行





【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2019-04-19]

ハイドン:交響曲第12番 ホ長調 Hob.I:12
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2019-04-18]

ブラームス:「大学祝典」序曲 Op. 80
ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮 ウィーン交響楽団 1961年1月録音

[2019-04-17]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調 K595
アニー・フィッシャー:エフレム・クルツ指揮 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団 1966年5月14日,16日,17日,20日,24日&6月17日,20日録音

[2019-04-16]

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第6番 変ロ長調 BWV1051
カール・ミュンヒンガー指揮 シュトゥットガルト室内管弦楽団 1950年録音

[2019-04-15]

モーツァルト:ピアノ協奏曲 第24番 ハ短調 K.491
アニー・フィッシャー:エフレム・クルツ指揮 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団 1966年5月14日,16日,17日,20日,24日&6月17日,20日録音

[2019-04-14]

プッチーニ:歌劇「マノン・レスコー」 第4幕
(S)レナータ・テバルディ (T) マリオ・デル・モナコ他 フランチェスコ・モリナーリ=プラデルリ指揮 ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団 1954年7月~8月録音

[2019-04-13]

プッチーニ:歌劇「マノン・レスコー」 第3幕
(S)レナータ・テバルディ (T) マリオ・デル・モナコ他 フランチェスコ・モリナーリ=プラデルリ指揮 ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団 1954年7月~8月録音

[2019-04-12]

プッチーニ:歌劇「マノン・レスコー」 第2幕
(S)レナータ・テバルディ (T) マリオ・デル・モナコ他 フランチェスコ・モリナーリ=プラデルリ指揮 ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団 1954年7月~8月録音

[2019-04-11]

プッチーニ:歌劇「マノン・レスコー」 第1幕
(S)レナータ・テバルディ (T) マリオ・デル・モナコ他 フランチェスコ・モリナーリ=プラデルリ指揮 ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団 1954年7月~8月録音

[2019-04-10]

ドヴォルザーク:序曲「我が故郷」 Op.62
カレル・アンチェル指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 1962年2月録音