クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでチェルカスキーのCDをさがす
Home|チェルカスキー|ショパン:ピアノ小品集

ショパン:ピアノ小品集

(P)シューラ・チェルカスキー 1956年3月21日、22日録音

Chopin:Ballade No. 2 In F Major, Op. 38

Chopin:Ballade No. 3 In A Flat Major, Op. 47

Chopin:Mazurka No. 7 In F Minor, Op. 7/3

Chopin:Nocturne No. 8 In D Flat Major, Op. 27/2

Chopin::Waltz No. 1 In E Flat Major, Op. 18


ショパンのピアノ小品集

作品38:バラード第2番ヘ長調
作品47:バラード第3番変イ長調(これのみ、1958年1月28日録音)

バラードというのは物語のことですから、これは基本的にピアノという「言語」を使った物語だと思います。
しかし、どういうわけか、音楽に物語性を持ち込むことは一段レベルが低くなると思う風潮がこの国にはあるようで、どの解説書を読んでも創作の動機となった物語の内容とこの作品の結びつきをできる限り過小に評価しようという記述が目立ちます。
とは言え、ショパンの研究家の間ではポーランドの詩人アダム・ミツキェヴィッチのどの作品と結びつきがあるのかという研究は熱心されてきましたので、今日ではおおよそ以下のような対応関係が確定されているようです。


  1. バラード第1番ト短調 作品23:「コンラード・ヴァーレンロッド」

  2. バラード第2番ヘ長調 作品38:「魔の湖」

  3. バラード第3番変イ長調 作品47:「水の精」

  4. バラード第4番ヘ短調 作品42:どうもこれだけがミツキェヴィッチの詩とは関係ないらしい



もちろん、それぞれの作品がそっくりそのままミツキェヴィッチの詩と対応しているという事はありません。そういう意味では、R.シュトラウスの交響詩などのような「標題音楽」とは異なります。
しかし、優れたピアニストによる演奏でこの作品を聞くと、明らかに一つの物語を聞かされたような「納得感」みたいなものを感じ取ることができます。昨今の、指だけがよく回る若手ピアニストによる演奏を聴かされて何がつまらないからと言うと、この「納得感」みたいなものが希薄なことです。ピアノだけは派手に鳴り響くのですが、聞き終わった後に何とも言えない取り留めの無さしか残らないのは実に虚しいのです。

作品7の3:マズルカ 第7番 ヘ短調

マズルカはポロネーズとならんで、ショパンが終生愛し続けたポーランドの民族舞曲です。ただし、ポロネーズが一般的に規模が大きくて劇的な性格を備えているのに対して、マズルカの方は規模がとても小さくて、そのほとんどが簡素な三部形式をとっています。

また、よく知られていることですが、マズルカと言ってもその性格や特徴は地域によって大きな差異があり、専門家の受け売りですが、基本的には「マズレック」「クヤヴィアック」「「オベレック」と呼ばれる3種類があるそうです。
そして、ショパンはそれらの形式を自由に取り入れて、例えば、マズレック風のリズムにクヤヴィアック風のメロディを重ねるなどして、自分なりに再構築をすることによって彼独特のマズルカという形式を作り上げていきました。
この第7番のマズルカは8小節の序奏の後にオベレク、クヤヴィアク、マズル、クヤヴィアと言う3種類のマズルカが次々と登場する仕掛けになっています。

作品27-2:ノクターン 第8番 変二長調

ノクターンはロマン派の時代に盛んに作られたピアノ小品の一ジャンルです。
ロマン派の時代になると、厳格な規則に縛られるのではなく、人間の感情を自由に表現するような小品がたくさん作られ、当初はバガテルとか即興曲などと呼ばれていました。その様ないわゆる「性格的小品」の中から「ノクターン」と称して独自の性格を持った作品が生み出されました。

このノクターンはロンド形式で書かれた唯一の作品なのですが、このA主題があまりにも美しく書けたので何度も表に出したかったのでしょうか。

作品18:ワルツ第1番 変ホ長調「華麗なる大円舞曲」

ショパンがはじめてウィーンを訪れたときはシュトラウスのワルツが全盛期の頃でしたが、その音楽を理解できないと彼は述べています。
いわゆる踊るための実用音楽としてのワルツではなく、シューマンが語ったようにそれはまさに「肉体と心が躍り上がる円舞曲」、それがショパンのワルツでした。また、全体を通して深い叙情性をたたえた作品が多いのも特徴です。

しかしながら、この「華麗なる大円舞曲」と題されたワルトはその様なウィンナワルツの影響を受けていることは否定できません。ここには疑いもなくワルツという舞踏の熱狂がピアノによって表現されています。


芸人、チェルカスキー

この1年ほど、大昔に書いた雑文の中から拾い上げておきたいものを整理しているのですが、その中からチェルカスキーがバッハのシャコンヌを演奏した録音について書いたいたものを見つけ出しました。

「そんな録音もあったね(^^v」と思って久しぶりに聞き直してみたのですが、まずはその録音のクオリティの高さに驚き、さらにはチェルカスキーの外連味だけで出来ている演奏にすっかり感心してしまいました。
そして、このブゾーニ編曲のシャコンヌ以外にもパブリックドメインになっているチェルカスキーの録音があることに気づき、聞き直してみました。

その一枚目がこのショパンの小品集です。
録音のクオリティに関してはシャコンヌほどの素晴らしさはありませんが、演奏に関しては申し分なしです。芸人チェルカスキーが、まさに芸人風にショパンを料理しています。

なるほど、ショパンというのはこんな風にも演奏できるんだと目を見開かされる思いがします。
泣かせるところは泣かせ、心躍る跳躍は伸び伸びと跳躍し、ここぞと言うところではしっかりと見得を切ります。聞いている方は、退屈すると言うことが全くありません。

そして、こういうショパンを聴かせてくれる人はもうこの世の中には一人も残っていないという事実に思い当たり、いささか索漠たる思いにもなったりもします。

それから、現在のピアノコンクールでこんな風にショパンを演奏する奴が登場したら、審査員はどう判断するんだろうかと考えてしまいます。
おそらくは、もっと真面目にスコアを向き合いなさいと言われて(または無視されて)予選で落ちるとは思うのですが、それが何とも言えずつまらないんだよな、と思ってしまうのです。

関連記事(一部広告含む)


この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



3197 Rating: 5.5/10 (20 votes cast)

この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2017-08-26:ファラヴィス





【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2019-03-26]

スッペ:「軽騎兵」序曲
ゲオルク・ショルティ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1959年5月録音

[2019-03-25]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第11番 変ロ長調 Op.22
(P)ヴィルヘルム・ケンプ 1965年1月14日~15日録音

[2019-03-24]

ベートーベン:ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス第1番 ト長調 Op.40
(Vn)ヨハンナ・マルツィ パウル・クレツキ指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1955年12月22日~23日録音

[2019-03-23]

ベートーベン:弦楽四重奏曲第6番 変ロ長調 OP.18 No.6
ブダペスト弦楽四重奏団 1945年4月2日録音

[2019-03-22]

ラヴェル:組曲「クープランの墓(管弦楽版)」
ポール・パレー指揮 デトロイト交響楽団 1959年4月録音

[2019-03-21]

ゲオルク・クリストフ・ヴァーゲンザイル:チェロ協奏曲イ長調
(Cell)エンリコ・マイナルディ:ミュンヘン室内管弦楽団 1957年6月17日~18日録音

[2019-03-20]

バッハ:無伴奏チェロ組曲第2番 ニ短調 BWV1008
(Cell)ガスパール・カサド 1957年録音

[2019-03-19]

アドルフ・シュルツ=エヴラー:ヨハン・シュトラウスの「美しく青きドナウの主題によるアラベスク」
(P)バイロン・ジャニス 1952年8月20日録音

[2019-03-18]

ハイドン:交響曲第108番 変ロ長調 Hob.I-108
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2019-03-17]

シューマン:交響曲第4番 ニ短調 作品120
ヨーゼフ・クリップス指揮 ロンドン交響楽団 1956年10月録音