クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~




AmazonでCDをさがすAmazonでウラッハのCDをさがす

Home|ウラッハ|リムスキー=コルサコフ:ピアノと木管のための五重奏曲 変ロ長調

リムスキー=コルサコフ:ピアノと木管のための五重奏曲 変ロ長調


(cl)レオポルド・ウラッハ (fl)ハンス・レズニチェク (fg)カール・エールベルガー (hr)ゴットフリート・フォン・フライベルク (P)ローランド・ラウペンシュトラウホ 1949年録音


いささか印象のうすい作品です。

この作品もまた前回に紹介したグリンカの悲愴三重奏曲と同じでほとんど資料がありません。いや、ないという点では、グリンカの作品以上に資料がないかもしれません。
確かに、ピアノと木管楽器という楽器構成の五重奏曲というのはそれほどよくある組み合わせではありません。しかし、そう言う組み合わせで演奏時間が30分近くの大作のわりにはどこか印象が希薄です。これと言った印象は残らないで、こういう楽器の組み合わせだと誰が書いても似たような雰囲気になるのかな・・・等とふざけたことを考えてしまいます。

そう言えば、リムスキー=コルサコフの室内楽作品は非常に少ないので、さすがのオーケストレーションの達人も室内楽となると勝手が違ったのかもしれません。それに作品番号も割り当てられていないので、作曲時期から考えてもあれこれチャレンジしていた若い時代の習作の域を出ないのかもしれません。
しかし、特に印象に残らないとは言っても、こういう楽器の組み合わせによる響きの美しさは十分に感じ取れます。猛暑日などというものが10日も20日も続くような異常な夏の日々には、こういう灰汁のない作品をのんびりと聞くのもいいのかもしれません。

ウィーン風への模索


我が国の古き都では何でもかんでも「京風」という定冠詞が氾濫しています。
「京風お汁粉」「京風うどん」「京風ラーメン」「京風おでん」あたりまでは我慢できても、「京風フレンチ」「京風イタリアン」なんてなことにになるともうわけが分かりません。
しかし、そんないい加減な「定冠詞」であっても「京風」とつけるとお値段も集客力も概ね2割り増しになるそうですから、「京都ブランド」の力たるや偉大なものです。

そして、音楽界における最大のブランドが「ウィーン風」であることには何の疑問もないでしょう。
「ウィーン風」という言葉は良くも悪くも使われる言葉です。
一般的には肯定的な言葉として使われるのですが、他方では、何でもかんでも「ウィーン風」とつければいい訳じゃねえよ、けっ!!なんてな文脈で使われたりもします。

それでも、「ウィーン風」のブランド力は偉大なのです。
「パリ風」や「ミラノ風」も音楽の世界では今ひとつインパクトがありません。「ベルリン風」でも・・・駄目でしょう。。
「ロンドン風」なんて言われても誰も聞きに行こうともしないでしょうし、「シカゴ風」「ボストン風」なんてな事になると客を散らしているようなものです。

ところが、何処の誰ともしれないメンバーを寄せ集めた臨時編成の怪しげなオケであっても「ウィーン」という定冠詞をつけて来日すれば客は集まるのですから、いやはや「ウィーン風」の威力たるや絶大なものがあります。

しかし、よく知られているように、この「ウィーン風」なるものをウィーンの演奏家が自覚したのは第2次大戦後だと言われています。
廃墟と化し街から立ち直るときに、彼らが世界標準で自分たちがアピールできるものは何なのか?と考えて見つけ出したものが「ウィーン風」の演奏だったのです。

もちろん、そう言う演奏スタイルは戦前から存在しました。
ワルターが戦前に録音したハイドンやシューベルトを聞くと、そこに紛れもない「ウィーン風」の音楽を感じます。しかし、おそらくワルター自身はその音楽を「ウィーン風」などと考えたこともなかったでしょう。そこにあるのは、昔から引き継がれた我らが音楽だけなのです。そう言うごく当たり前の音楽に自信はあったでしょうが、それが何か特別な力を持つ世界的ブランドになるなどとは考えもしなかったはずです。

話が横道にそれるのですが、地元の人間というのは地元に価値を見いださないものです。
この夏に松江市を訪れたのですが、観光客に大人気なのが松江城のお堀を遊覧船で巡る「堀川遊覧」です。城の堀というのは普通は石垣で囲まれているものなのですが、松江城は財政難だったために目につく場所以外は石垣が築かれずに土手のままで放置されていたそうです。
おかげで、その土手には木が生い茂り遊覧船で巡ると非常に雰囲気がいいのです。

しかし、聞くところによると、地元松江の人でこの遊覧船に乗ったことがある人はほとんどいないという「自虐ネタ」があるそうです。そんなお堀を遊覧船で回って何が楽しいの、と言うところなのでしょうが、地元の価値が一番分かっていないのが地元の人なのです。
ですから、このお堀を遊覧船で回るというアイデアを形にした人はとても偉いと思うのです。

話のスケールは全く違うのですが、ウィーンの音楽家にとっても当たり前だとしか思っていなかった演奏様式に価値を見いだし、その「価値」をしっかりと意識して形あるものに仕上げて「ウィーン風」というブランドに仕立て上げた人はもっと偉かったと思います。
では、その偉い人は誰だったのかと言えば、それは「彼」です、と特定することは不可能でしょう。
しかし、そう言う偉い人の中に、ウェストミンスターというアメリカの新興レーベルのもとでせっせと録音をした演奏家たちがいたことは間違いありません。
その大部分はウィーンフィルのメンバーだったわけですが、ウィーン三羽ガラスと言われたイェルク・デームスやパウル・バドゥラ=スコダ、フリードリヒ・グルダ等も大きな貢献をしたはずです。

この49年から始まったウェストミンスターでの録音を聞くとき、何とか世界標準の中で自分たちの強みを見いだそうとする彼らの強い意志を感じます。その録音からは新たなウィーン風への模索が感じられます。
そして、この強い意志があったからこそ、本当の意味で「ウィーン風」が光り輝いていた50年代を作り出す事ができたのでしょう。
しかしながら、そう言うご先祖様の余光に胡座をかいていると、何時しかこのブランドも光褪せるときがくるでしょう。(既に褪せてしまったという意見もあります・・・^^;)

関連コンテンツ


この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



2796 Rating: 5.4/10 (11 votes cast)


この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください。
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2016-09-06:Joshua



【リスニングルームの更新履歴】

[2017-04-27]

[2017-04-26]

[2017-04-25]

[2017-04-24]

[2017-04-24]

[2017-04-23]

[2017-04-22]

[2017-04-22]

[2017-04-21]

[2017-04-21]

[2017-04-20]

[2017-04-19]

[2017-04-19]

[2017-04-18]

[2017-04-18]

[2017-04-17]

[2017-04-17]

[2017-04-16]

[2017-04-15]

[2017-04-14]

[2017-04-13]

[2017-04-12]

[2017-04-11]

[2017-04-10]

[2017-04-09]