クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでランパルのCDをさがす
Home|ランパル|テレマン:トリオ・ソナタ ホ長調 TWV 42:A2

テレマン:トリオ・ソナタ ホ長調 TWV 42:A2

(Fl)ジャン=ピエール・ランパル (oboe)ピエール・ピエルロ (Harpsichord)ロベール・ヴェイロン=ラクロワ(パリ・バロック・アンサンブル) 1963年3月7日&14日録音

Telemann:Trio Sonata, TWV 42:A2 for flute, oboe and continuo [1.Cantabile]

Telemann:Trio Sonata, TWV 42:A2 for flute, oboe and continuo [2.Presto]

Telemann:Trio Sonata, TWV 42:A2 for flute, oboe and continuo [3.Lento]

Telemann:Trio Sonata, TWV 42:A2 for flute, oboe and continuo [4.Allegro assai]




響きの面白さを堪能できる「クヮトゥオル」

ターフェルムジーク(Tafelmusik)とは祝宴や饗宴で演奏されることを目的とした音楽形式のことで、、16世紀の中頃から盛んに作られるようになりました。ですから、こういうタイトルの音楽は数多く作られたのですが、今日ではそれはテレマンという作曲家と結びつけて記憶されています。つまりは、それは音楽のジャンルと言うよりは、テレマンが作曲した作品の名前として記憶されているのです。

一般的にターフェルムジークとは三つの曲集からなり、それぞれの曲集には管弦楽組曲、コンチェルト、クヮトゥオル、トリオ・ソナタ、ソロ・ソナタといった異なった器楽合奏曲が含まれというのが約束事でした。
ですから、テレマンの「ターフェルムジーク」も以下のような構成になっています。

第1集




  1. 第1曲 序曲(管弦楽組曲) ホ短調 TWV 55:e1 - 2つのフルート、弦楽合奏と通奏低音

  2. 第2曲 クヮトゥオル ト長調 TWV 43:G2 - フルート、オーボエ、ヴァイオリンと通奏低音

  3. 第3曲 協奏曲 イ長調 TWV 53:A2 - フルート、ヴァイオリン、チェロ及び弦楽合奏と通奏低音

  4. 第4曲 トリオ・ソナタ 変ホ長調 TWV 42:Es1 - 2つのヴァイオリンと通奏低音

  5. 第5曲 ソナタ ロ短調 TWV 41:h4 - フルートと通奏低音

  6. 第6曲 終曲 ホ短調 TWV 50:5 - 2つのフルート及び弦楽合奏と通奏低音



第2集




  1. 第1番 序曲(管弦楽組曲) ニ長調 TWV 55:D1 - オーボエ、トランペット及び弦楽合奏と通奏低音

  2. 第2曲 クヮトゥオル ニ短調 TWV 43:d1 - リコーダー、2つのフルート及び通奏低音

  3. 第3曲 協奏曲 ヘ長調 TWV 53:F1 - 3つのヴァイオリン、ヴィオリーノ・グロッソと通奏低音

  4. 第4曲 トリオ・ソナタ ホ短調 TWV 42:e2 - フルート、オーボエと通奏低音

  5. 第5曲 ソナタ イ長調 TWV 41:A4 - ヴァイオリンと通奏低音

  6. 第6曲 終曲 ニ長調 TWV 50:9 - オーボエ、トランペット及び弦楽合奏と通奏低音



第3集




  1. 第1曲 序曲(管弦楽組曲) 変ロ長調 TWV 55:B1 - 2つのオーボエ、ファゴット及び弦楽合奏と通奏低音

  2. 第2曲 クヮトゥオル ホ短調 TWV 43:e2 - フルート、ヴァイオリン、チェロと通奏低音

  3. 第3曲 協奏曲 変ホ長調 TWV 54:Es1 - 2つのホルン(ヴァルトホルン)、弦楽合奏と通奏低音

  4. 第4曲 トリオ・ソナタ ニ長調 TWV 42:D5 - 2つのフルートと通奏低音

  5. 第5曲 ソナタ ト短調 TWV 41:g6 - オーボエと通奏低音

  6. 第6曲 終曲 変ロ長調 TWV 50:10 - 2つのオーボエ、ファゴット及び弦楽合奏と通奏低音



この作品集の面白さは、様々な形式の音楽が楽しめるところにあります。いってみれば、バロック音楽の「おもちゃ箱」です。そんな「おもちゃ箱」の中で、個人的には一番面白かったのが「クヮトゥオル」という形式の音楽です。
後の時代に「クヮトゥオル」、つまりは「四重奏」と言えば「弦楽四重奏」が一般的です。しかし、ここでの「クヮトゥオル」はフルート、オーボエ、バスーンという管楽器にヴァイオリンや通奏低音を担当するハープシコードが加わった四重奏なのです。
「弦楽四重奏」ならば同色の響きなのですが、こういう管楽器による楽器の組み合わだ陀と、それこそ「おもちゃ箱」にピッタリの響きの面白さが堪能できます。

テレマンはこういう組み合わせの作品をそれこそ星の数ほど作曲し、そしてその中から自信作を厳選してこの「ターフェルムジーク」に収録したようです。
しかし、彼が残したこの手の音楽はどれも完成度が高く、たとえこの曲集に収録されなかったからと言って、それらが「つまらない」作品だというわけではありません。今の耳で聞いても不思議なまでに古さを感じさせない音楽は、これからもその魅力が色あせることはないでしょう。

ちなみに、テレマンがこの作品を販売するために予約者を募ったところ、イギリスからヘンデルが申し込んだというのは有名な話です。


ランパル・プレゼンツによるテレマンへの招待


「ランパル・プレゼンツによるバロック音楽への招待」というのを先に紹介したのですが、ここからは「ランパル・プレゼンツによるテレマンへの招待」と言うべき録音です。
ランパル積極的にバロック音楽を取り上げた時期の録音なのですが、その中に数多くのテレマンの作品が取り上げられています。


  1. 四重奏曲ト長調 TWV 43:G2

  2. 四重奏曲ホ短調 TWV 43:e4

  3. トリオ・ソナタ イ長調 TWV 42:A2

  4. 四重奏曲ニ短調 TWV 43:d1

  5. トリオ・ソナタ ホ長調 TWV 42:E4



この中で、「四重奏曲ト長調 TWV 43:G2」だけが「ターフェルムジーク」に収録されている作品です。ランパルが何故に、それ以外のターフェルムジークに収録されている作品をこの録音では選ばなかったのかは不思議と言えば不思議です。営業的に考えれば、有名な作品を選んだ方がメリットが大きいのは明らかなのですから。

しかしながら、前回と同じく、何を理由としてこれらの作曲と作品を選んだのかはあまり深く考えないようにしましょう。
ランパルという偉大なフルーティストが、己のフルートの魅力・美しさを最高にひき出してくれる音楽を選んだと言うことを信じるだけです。

結果として、どれもが楽しくも美しい音楽に仕上がっています。
そして、「音楽に精神性を求めてウンウン唸っている人が未だにいるならば、たまにはこういうあっけらかんとした音楽を聴いてみるのもいいのではないでしょうか。」という言葉がよりいっそうピッタリだと思えるような演奏になっています。

ちなみに、パリ・バロック・アンサンブルというグループは1952年に結成された団体で、設立時のメンバーはジャン・ピエール・ランパル(Fl),ピエール・ピエルロ(Ob),ロベール・ジャンドル(Vn),ポール・オンニュ(Fg),ロベール・ベイロン・ラクロア(HC)でした。
モダン楽器を使った古楽演奏というスタイルは今となっては時代錯誤かもしれないのですが、聞いていて楽しいことだけは間違いありませんし、逆に言えば、このような演奏をバックとして、何故にピリオド楽器を使う必要があるのかという素朴な問いかけは結構重みがあるように思えます。なお、70年代に入ってフルートはマクサンス・ラリュに交替していますが、その時もまたモダン楽器を使った演奏スタイルは貫いていたようです。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでも毎日アップしていますので、是非チャンネル登録してください。
チャンネル登録って何ですか?



この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



2653 Rating: 4.1/10 (19 votes cast)

この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】

[2018-10-20]

ワルトトイフェル:スケーターズ・ワルツ 作品183
ユージン・オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団 1967年4月20日録音

[2018-10-19]

ハイドン:交響曲第102番 変ロ長調
ゲオルク・ショルティ指揮 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 1951年11月録音

[2018-10-18]

ワーグナー:「ローエングリン」第一幕への前奏曲
ハンス・クナッパーツブッシュ指揮 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団 1962年11月録音

[2018-10-18]

ワーグナー:「ローエングリン」第一幕への前奏曲
ルドルフ・ケンペ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1958年2月10日~13日&17日録音

[2018-10-17]

チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 作品74 「悲愴」
ルドルフ・ケンペ指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1957年5月5日~6日録音

[2018-10-16]

ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 作品95(B.178)「新世界より」
ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮 北ドイツ放送交響楽団 1953年5月18日~20日録音

[2018-10-15]

バルトーク:2つの肖像 Op.5,Sz.37
アンタル・ドラティ指揮 (Vn)エルウィン・ラモー フィルハーモニア・フンガリカ 1958年6月録音

[2018-10-14]

イヴァノヴィッチ:ドナウ河のさざ波
ユージン・オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団 1967年4月20日録音

[2018-10-13]

ワーグナー:「さまよえるオランダ人」序曲
ハンス・クナッパーツブッシュ指揮 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団 1962年11月録音

[2018-10-13]

ワーグナー:「さまよえるオランダ人」序曲
ルドルフ・ケンペ指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1956年11月30日&12月5日録音