クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



Home| 作曲家で選ぶ | ELGAR

ELGAR

<イギリス:1857〜1934>

経歴


1857年6月2日、ウスター郊外にあるブロードヒースで生まれる。
 父親が楽器店を経営すると同時に、教会でオルガニストをつとめると言う環境の元で育ったエドワードは、自然に音楽に目覚めていく。
 しかし、専門的に音楽を学ぶ機会は与えられず、ヴァイオリン教師として収入を得るかたわら、バーミンガム市の管弦楽団で第1ヴァイオリンを担当するなどして音楽との関わりを深めて行った。
 その後、 キャロライン・アリス・ロバーツという女性と結婚したエルガーは作曲家としての成功を目指してロンドンに新居を構えるが、得るものは少なく、1891年にはモールヴァンに引っ越しふたたびヴァイオリン教師に逆戻りする。
 しかし、そのような仕事の合間にも作曲活動を続け、ついに『エニグマ変奏曲』が大きな評判となり、エルガーは一躍名声を手に入れることになる。
 その後オラトリオを中心に創作活動を続け、何度かの挫折も味わいながら国際的に認められる存在となっていく。
 そして、1904年にはナイトに叙せられてその名声は揺るぎないものとなる。
 やがて創作の主流をオラトリオから管弦楽曲に移行した彼は、交響曲や協奏曲の大作を次々と発表する。
 そのような旺盛な創作活動を展開していたさなか、1920年に妻アリスを亡くす。
 常に自分を支えてくれた夫人の死はエルガーに大きな打撃を与え、その後はほとんど作品を残す事なく、アリスの死後14年たった1934年2月23日に76歳で亡くなる。

ユング君の一言


経済的に政治的にも超大国だったイギリスが、音楽の分野において世界に誇りうる存在としてその期待を一身に背負った人、それがエルガーでした。
 音楽の「創作」という分野においては何百年にもわたって全くの不毛の地だったのですから、そこに復興の第一歩を記したエルガーの業績は偉大なものがあります。その思いはイギリス人にとってはより強いものらしく、彼らの強烈な身内贔屓に接すると多少(大いに?)辟易するのも事実です。
 でも、それはエルガーにはなんの責任もないことです。同じイギリス人でもディーリアスなどと比べれば遙かに分かりやすい一般性のある音楽をかいた人だといえます。

【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2020-09-24]

スメタナ:「我が祖国(2)~ボヘミアの森と草原より・ターボル・ブラニーク」
ヴァーツラフ・ターリヒ指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 1954年6月10日~12日&21日, 7月2日~3日録音

[2020-09-23]

スメタナ:「我が祖国(1)~高い城・モルダウ・シャールカ」
ヴァーツラフ・ターリヒ指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 1954年6月10日~12日&21日, 7月2日~3日録音

[2020-09-22]

サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番 ロ短調 作品61
(Vn)ナタン・ミルシテイン:アナトール・フィストゥラーリ指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1963年4月1日&3日~4日録音

[2020-09-21]

バッハ:無伴奏チェロ組曲第6番 ニ長調 BWV1012
(Cello)アントニオ・ヤニグロ:1950年10月~11月録音

[2020-09-20]

バッハ:教会カンタータ 「主なる神は日なり、盾なり」 BWV79
ギュンター・ラミン指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 トーマス教会少年合唱団 (Org)Ekkehard Tietze (Harpsichord)Karl Richter (S)Soloists from Thomanerchor Leipzig (A)Soloists from Thomanerchor Leipzig (T)Hans-Joachim Rotzsch (Bass)Hans Hauptmann 1950年録音

[2020-09-19]

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64
(Vn)イヴリー・ギトリス:ハンス・スワロフスキー指揮 ウィーン交響楽団 1954年録音

[2020-09-18]

ベートーベン:弦楽四重奏曲第4番 ハ短調 OP.18-4
パスカル弦楽四重奏団:1952年録音

[2020-09-17]

ヨハン・シュトラウス2世:ウィーン気質(ワルツ), Op.354
ヴィリー・ボスコフスキー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1965年録音

[2020-09-16]

ブラームス:「大学祝典」序曲 Op. 80
ジョージ・セル指揮 クリーヴランド管弦楽団 1966年10月28日録音

[2020-09-15]

リスト:パガニーニによる大練習曲 (1851年版) S.141
(P)ニキタ・マガロフ:1961年録音