クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



Home| 作曲家で選ぶ | BIZET

BIZET

<フランス:1838〜1875>

経歴


1838年10月25日、パリに生まれる。
声楽教師であった父は息子の音楽的才能を認め、幼い頃から音楽教育を施し、1848年、わずか9才にしてパリ国立音楽院に入学する。学校での成績はきわめて優秀で、17才で交響曲ハ長調を作曲、1857年にはローマ大賞も受賞する。
 同年ローマに向かった彼は22才までイタリアに留学し、帰国後はオペラ作家としての成功を目指す。
 しかし、彼が望んだような成功は得られず、ローマ大賞による年金も失われたため、出版社からの注文による歌曲の作曲や編曲、音楽教師の仕事で暮らしをたてざるを得なくなる。その過労と将来への不安などから酒におぼれ健康を損なうようになる。
 1867年には「美しきパースの娘」を完成させ、出版社からはまとまった収入を得るが聴衆の評判とはならなかった。その後も、いくつかのオペラを作曲するが、「アルルの女」につけた組曲が関心を呼んだ程度だった。
 1873年からはメリメの小説「カルメン」のオペラ化に着手し、75年にパリで初演されるが聴衆の評判は芳しくなく、その三ヶ月後の1875年6月3日、失意の中でパリ近郊のブジヴァルで亡くなる。

ユング君の一言


10で神童、15で天才、20すぎればただの人。
 この言葉がピッタリなのが生前のビゼーでした。ただ悲劇は、音楽史上でも希にみるほどの優れた能力を持ちながら、「ただの人」扱いをされたことです。
 それにしても、「カルメン」が全くの不評だったとは信じがたい話です。ポピュラリティという点では疑いなくナンバーワンでしょうから、いったい当時のパリの人々は何が気にくわなかったのでしょう?

 また、ビゼーの妻こそは悪妻の典型みたいな人で、夫の才能を全く信じず、馬鹿にし続け、死後は別の男とさっさと再婚して、作品は散逸するに任せました。
 悪妻の典型のように言われるモーツァルトの妻コンスタンツェと比べてもその極悪ぶりは際だっています。
 そのため、あの若書きの傑作「交響曲ハ長調」も20世紀になってから「再発見」されるという始末です。
 この妻の無理解のためにどれほど多くの作品が失われたかと思うと何ともやりきれない話であり、胸の痛む話しでもあります。
 かわいそうなビゼー。

【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2021-04-17]

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第5番ニ長調 BWV1050
シャルル・ミュンシュ指揮:ボストン交響楽団 (Fl)ドゥリオ・アントニー・ドワイヤー (Vn)リチャード・バージン (P)ルーカス・フォス 1957年7月9日録音

[2021-04-16]

ドヴォルザーク:スラブ舞曲 第1集 作品46
カレル・アンチェル指揮 ベルリン放送交響楽団 1960年6月18日,20日&21日録音

[2021-04-15]

ラロ:チェロ協奏曲 ニ短調
(Cell)ザラ・ネルソヴァ:エードリアン・ボールト指揮 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 1953年録音

[2021-04-14]

チャイコフスキー:幻想序曲「ロメオとジュリエット」(第3稿)
ユージン・オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団 1964年4月14日録音

[2021-04-13]

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調, Op.35
(Vn)ヤッシャ・ハイフェッツ:ヴァルター・ジュスキント指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1950年6月19日~20日録音

[2021-04-12]

ヘンデル:組曲第3番(第1巻) ニ短調 HWV 428
(P)エリック・ハイドシェック:1957年9月30日&10月1日~2日録音

[2021-04-11]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第5番 ハ短調 Op.10-1
(P)フリードリヒ・グルダ 1953年10月15日~16日録音

[2021-04-10]

モーツァルト:ピアノソナタ第13番 変ロ長調, K.333/315c
(P)ジュリアス・カッチェン 1954年9月27日^29日録音

[2021-04-09]

ラヴェル:組曲「ダフニスとクロエ」
ウィレム・ヴァン・オッテルロー指揮 ハーグ・レジデンティ管弦楽団 1953年5月4日~5日録音

[2021-04-08]

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品61
(Vn)ゲオルク・クーレンカンプ:ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1936年録音