クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



Home| 作曲家で選ぶ | MENDELSSOHN

MENDELSSOHN

<ドイツ:1809〜1847>

経歴


1809年2月3日にハンブルグで生まれる。
 両親は銀行兼輸入業を営む裕福な商人であり、ロマン派の音楽家の中では別格と言っていいほど恵まれた環境の中で育った。
 彼もまた他の天才達と同じく音楽的に早熟であり、11歳の少年時代までに60曲近い作品を作曲したと伝えられている。今日も時折演奏される第1番の交響曲はわずか15歳の時の作品である。
 そして、この作品を完成させた翌年にあたる1825年、メンデルスゾーンの一家はライプティッヒに引っ越すことになる。その住まいは町外れではあったが敷地が数千坪もある大豪邸だったと言われている。(羨ましい!)
 そして、このライプティッヒにおいて1829年3月11日、音楽史に残る偉業、バッハの「マタイ受難曲」の復活演奏を行う。当時まったく忘れ去られていたバッハの存在を音楽史の表舞台に復活させた彼の業績は今も高く評価されている。
 その後、ライプティッヒ、ゲヴァントハウスの音楽監督にも就任し、演奏・評論・作曲と多方面にわたる活躍を行うが、1847年11月4日、ライプティッヒにおいてわずか38歳で生涯を閉じる。
 代表作は「ヴァイオリン協奏曲」「交響曲第3番 スコットランド」「交響曲第4番 イタリア」「真夏の夜の夢」「無言歌集」など

ユング君の一言


お坊ちゃん育ちゆえか、「美しいが深みに欠ける」なんて事をよく言われます。
 しかし、裕福ではあってもユダヤ人ゆえの苦悩は彼と彼の家族につきまといました。しかし彼はマーラーのようにそんな苦悩を「売り」にするのではなく、伸びやかで美しい響きの中に昇華させていったように思います。
 こんなメンデルスゾーンの音楽を聞いて「深みに欠ける」なんて言う人はワーグナーの毒気にあたりすぎている恐れがあります。(^^;
 もっと彼の音楽を聞いて中和する必要があるのではないでしょうか?(^^)

【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2023-02-02]

ベートーヴェン:交響曲第2番 ニ長調, Op.36
ピエール・モントゥー指揮 サンフランシスコ交響楽団 1949年4月13日録音

[2023-01-31]

ラロ:スペイン交響曲 ニ短調, Op.21
(Vn)ヘンリク・シェリング:ワルター・ヘンドル指揮 シカゴ交響楽団 1959年2月28日録音

[2023-01-29]

チャイコフスキー:組曲第3番 ト長調, Op.55
アンタル・ドラティ指揮 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団 1966年8月16日~21日録音

[2023-01-27]

マーラー:交響曲「大地の歌」 イ短調
カール・シューリヒト指揮:アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団 (Ms)ケルステン・トルボルイ (T)カール=マルティン・エーマン 1939年10月5日録音

[2023-01-25]

モーツァルト:交響曲第36番 ハ長調「リンツ」 K.425
エーリッヒ・クライバー指揮 ベルリン国立歌劇場管弦楽団 1954年11月録音

[2023-01-24]

エルガー:ヴァイオリン協奏曲 ロ短調, Op.61
(Vn)ヤッシャ・ハイフェッツ:サー・マルコム・サージェント指揮 ロンドン交響楽団 1949年6月6日録音

[2023-01-23]

ショパン:ポロネーズ第7番 変イ長調, Op.61「幻想」
(P)アルトゥール・ルービンシュタイン:1964年3月4日~6日録音

[2023-01-22]

ベートーベン:弦楽四重奏曲第9番 ハ長調「ラズモフスキー3番」Op.59-3
ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団 1952年録音

[2023-01-21]

ワーグナー:ジークフリート牧歌
ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 1962年9月録音

[2023-01-20]

チャイコフスキー:組曲第2番 ハ長調, Op.53
アンタル・ドラティ指揮 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団 1966年8月16日~21日録音