クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



Home| 作曲家で選ぶ | VIVALDI

VIVALDI

<イタリア:1678〜1741>

経歴


1678年3月4日、サン・マルコ劇場のヴァイオリン奏者の長男としてヴェネチアに生まれる。
 1693年には剃髪をして下級聖職者となり、その後1703年には司祭に叙任される。同年、ピエタ女子養育院のヴァイオリン教師に就任し、ヴァイオリンの実技指導だけでなくピエタ女子管弦楽団のための作品を書くようになる。
 当時の彼は何よりも優れたヴァイオリン奏者として知られ、また彼が指導したピエタ女子管弦楽団は「パリ・オペラ座の管弦楽団にもまさる」と絶賛された。

 これ以外に彼にとって大きな意味を持ったのは「オペラ興業家」としての顔である。
 1813年に最初のオペラ興業を行って以来、毎年のように新作のオペラを作曲してはプロデュースを行い、その活動はイタリアの国内外に及んでいる。
 しかし、これらの活動によってヴェネチアを留守にすることが多く、またオペラ興業で知り合った歌手との関係や、司祭であるにもかかわらずミサをおろそかにする態度もあって、ついにはヴェネチアでは疎まれる存在となっていく。そのため、ピエタ女子養育院での職務もいつまで行っていたかは定かではない。
 最晩年は彼と関係のあったオペラ歌手について各地を転々としていたようだが詳細はよく分かっておらず、最後は1741年7月28日、貧窮の中でウィーンで亡くなる。

ユング君の一言


バッハと同じ時代を生きた人ですが、その生き様はずいぶんと違います。バッハが典型的なドイツ人だとすれば、ヴィヴァルディは典型的なイタリア人と言うところでしょうか。(^^)
 しかし、死後、全く忘却されてしまうのはバッハと同じです。そして、ロマン派の時代にバッハが復活する中で、バッハに影響を与えた音楽家として再評価されるようになります。特に、リトルネロ形式といわれる、急ー緩ー急という3楽章形式は彼によって確立されたもので、それが後のコンチェルトの形式的な基盤になっていくわけですからその業績は大きいと言わなければなりません。
 そして何よりも、ヴィヴァルディの四季のポピュラリティには驚くものがあります。
 自分の死後数百年後に、遙か彼方の東洋の島国でこれほども自分の作品が受容されているのを見れば彼は何と言うでしょうか。
 おそらくは、興業家ヴィヴァルディとしては代金の前払いを要求したかったでしょうね。

【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2021-12-08]

モーツァルト:交響曲第34番ハ長調 K.338
ルドルフ・ケンペ指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1955年11月24日録音

[2021-12-07]

ヴィヴァルディ:ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲 変ロ長調, RV.548
ジャン=フランソワ・パイヤール指揮:(Org)マリー=クレール・アラン パイヤール室内管弦楽団 1965年初出

[2021-12-06]

ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 作品68
ラファエル・クーベリック指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1957年9月23日~24日録音

[2021-12-05]

スッペ:「詩人と農夫」序曲
トスカニーニ指揮 NBC交響楽団 1943年7月18日録音

[2021-12-04]

ベートーベン:弦楽四重奏曲第1番 ヘ長調 OP.18-1
パガニーニ四重奏団 1953年録音

[2021-12-03]

ベートーベン:交響曲第6番ヘ長調, Op.68「田園」
ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮 ウィーン・プロ・ムジカ管弦楽団 1958年録音

[2021-12-02]

サン=サーンス:ピアノ協奏曲第2番 ト短調 作品22
(P)ジャンヌ=マリー・ダルレ:ルイ・フーレスティエ指揮 フランス国立放送管弦楽団 1956年録音

[2021-12-01]

ファリャ:三角帽子
アタウルフォ・アルヘンタ指揮 スペイン国立交響楽団 1958年録音

[2021-11-30]

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調, Op.35
(Vn)ブロニスラフ・ギンベル:ヨハネス・シュラー指揮 バンベルク交響楽団 1960年初出

[2021-11-29]

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調, K.219
(Vn)ヴォルフガング・シュナイダーハン:フェルディナンド・ライトナー指揮 ウィーン交響楽団 1952年11月録音