クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~


AmazonでCDをさがすAmazonでフルトヴェングラーのCDをさがす

Home|フルトヴェングラー|バッハ:管弦楽組曲第3番

バッハ:管弦楽組曲第3番


フルトヴェングラー指揮 ベルリンフィル 1948年9月録音


「G線上のアリア」という方が分かりやすいでしょうね。

注:この文章は、MIDIで「エアー」だけをアップしたときのものです。
 しかし、G線上のアリアというのは、演奏会でのアンコールピースとしてヴァイオリン独奏用に編曲されたもので、元曲はこちらです。もちろん管弦楽組曲というくらいですから、楽器編成も弦楽合奏です。
 正直言って、ヴァイオリン一丁で演奏されるG線上のアリアも素晴らしいですが、できれば原曲の弦楽合奏で聞いた方がはるかに聴き応えがあります。

 そう言えば、阪神・淡路大震災の直後に行われた、小沢とN響によるコンサートで、哀悼の意を込めてプログラムの前にこの曲が演奏されました。このレクイエム的雰囲気はヴァイオリン一丁ではだしにくい性質のものだと思います。

 それにしても、バッハの音楽は強靱です。これほど、様々に編曲される作曲家は他にはいません。楽器編成や、時には楽器その物を別のものに取り替えたりして、逆にこのアリアのように編曲版の方が有名になっているものもたくさんあります。
 そして、驚かされるのは、どんなに編曲を施されても、やはりバッハはバッハのままで存在し続けています。
 この辺が、壊れやすいモーツァルトとは大きな違いです。

 映画「アマデウス」で、モーツァルトがこんな事を話しています。
 「音符一つなくなっただけで、音楽は損なわれ、小節一つを削られれば、すべては台無しになる」
 この壊れやすさがモーツァルトの魅力でもありますが、それに反してバッハの魅力の一つは、これとは正反対の強靱さにあります。どれだけ変更を加えられても、バッハの本質は揺るぎもしません。

 実は、MIDIを作り始めて、いろいろと先輩方の作品をHP上で見せてもらいました。そのときに気がついたのは、やけにバッハが多いなと言うことです。
 確かに、音符の数が少ないので打ち込みが楽だと言うこともあります。しかし、それ以上に、打ち込んだだけの状態でも十分にバッハらしく聞こえると言うことも無視できないと思います。
 それほどまでに、バッハは強靱な存在です。

 全く変なところで、ベートーベンの言葉、「バッハは小川ではなく、大海だ」(Bachはドイツ語では「小川さん」となるそうです)と言う言葉を再認識させられました。

確かにこれは間違いだと言われれば、言葉もないですが、・・・フルヴェンのバッハ


 絶対に、そう、現代では絶対に聞くことのできないバッハです。
 さすがのユング君でも、これはあまりにも前時代的だと思ってしまいます。でも、第2曲のこの上もなくロマンティックなエアーなどを聞かされると、「それもありかな?」などと許してしまいます。

 でも、最後のジーグなどを聞くと、「これのどこがジーグやねん!」と思わず大阪弁でつっこみを入れたくなります。

 こういう演奏を聴くと、この数年後に登場するリヒターの新しさと凄さを逆の面から強く感じさせてくれます。今となっては博物館行きの骨董品の演奏でしょうが、バッハの演奏史を考える上では一度は聞いておいて損のない演奏だといえます。(とはいえ、エアーは魅力的です。)

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



22 Rating: 5.1/10 (138 votes cast)

この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2010-10-02:Sammy


【リスニングルームの更新履歴】

[2017-10-23]

[2017-10-23]

[2017-10-22]

[2017-10-22]

[2017-10-21]

[2017-10-21]

[2017-10-20]

[2017-10-19]

[2017-10-18]

[2017-10-17]