クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~




AmazonでCDをさがすAmazonでリパッティのCDをさがす

Home|リパッティ|バッハ:主イエス・キリスト、われ汝を呼ぶ

バッハ:主イエス・キリスト、われ汝を呼ぶ


リパッティ 1950年録音


旧ソ連映画の傑作「惑星ソラリス」の中で、延々と流れ続ける音楽です。

 この映画は、ジャンルに分けるなら、SF映画の中にはいるのでしょうが、それはそれは静かな映画です。宇宙船が飛び交い、都市が一瞬で破壊され、大統領が地球防衛のために涙ながらに演説をするという(それはID4だろ!)、ハリウッドのSF映画とは全く異なります。

 とりあえず舞台は謎の惑星ソラリスを研究するための宇宙船となっているのですが、はじめから終わりまで、それこそ何にもでてきません。ハリウッドのSF映画を見慣れた人には、いつになったら本題が始まるのだろうとイライラがつのり、そのうちに訳が分からずに終わってしまうと言う感じです。
 実はユング君も、最後の場面は、地球に帰ってきたのか、ソラリスの上に降り立ったのか確証がもてないのです。<おそらく、ソラリスの上だろうとは思うのですが、確信が持てないと言う、何といういい加減な見方(^^;;>

 そうなんです。つまりこの映画は、舞台はとりあえず宇宙の中の謎の惑星ソラリスとなっているのですが、見つめ続けるのは人間の内面の世界です。言葉を換えれば、「原罪」と向き合うと言っていいかもしれません。

 そうなると、バックに流せる音楽はバッハしかありません。
 本当にバッハというのは不思議な音楽です。どれほど重いテーマを背負っても、その重さに負けることなくしっかりと支えてくれます。そして、決して表へしゃしゃり出ることはありません。
 一部では、バッハのことを所詮は音楽職人、みたいな言い方をする人もいますが、とんでもない話です。
 古今東西、彼ほど人間というものの存在を深く突き詰めて、それを音楽という自分の言葉で表現した人は数えるほどしかいないはずです。

 彼こそは、疑いもなく偉大な芸術家です。

リパッティの遺作


リパッティがこの世を去る数ヶ月前の録音で、まさに遺作とも言うべき演奏です。この時にモーツァルトのK.310の歴史的名演とともにいくつかのバッハの小品を残してくれています。
このコラールもその様な珠玉のような演奏の一つです。

関連コンテンツ


この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



20 Rating: 6.2/10 (167 votes cast)


この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください。
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2011-01-31:jirou


2015-03-18:吉村恭二



【リスニングルームの更新履歴】

[2017-02-22]

[2017-02-21]

[2017-02-20]

[2017-02-19]

[2017-02-18]

[2017-02-17]

[2017-02-16]

[2017-02-15]

[2017-02-14]

[2017-02-13]

[2017-02-12]

[2017-02-11]

[2017-02-10]

[2017-02-09]

[2017-02-08]

[2017-02-07]

[2017-02-06]

[2017-02-05]

[2017-02-05]

[2017-02-04]

[2017-02-03]

[2017-02-03]

[2017-02-02]

[2017-02-02]

[2017-02-01]