クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでカラヤンのCDをさがす
Home|カラヤン|R.シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはこう語った」 作品30

R.シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはこう語った」 作品30

カラヤン指揮 ウィーンフィル 1959年3月23日?4月9日録音



R_Strauss:交響詩「ツァラトゥストラはこう語った」 作品30


Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでも毎日アップしていますので、是非チャンネル登録してください。
チャンネル登録って何ですか?

冒頭部分があまりにも有名です

これはタイトルの通り、ニーチェの「ツァラトゥストラはかく語りき」に影響を受けて創作された交響詩です。
とにかく冒頭の、「太陽をクレーンで吊り上げる」と形容された部分が「2001年宇宙の旅」で使われてすっかり有名になりました。私の職場で、同僚から「2001年宇宙の旅のCDを貸してほしい」と頼まれたので、「あー、ツァラトゥストラはかく語りきだね」と答えると、「そんな曲じゃなくて、2001年宇宙の旅ですよ!!」という感じで全く話がかみ合わなかったことがありました。
ややこしいので、「はいはい!」と言って後日CDを手渡したのですが、それでも彼は「2001年宇宙の旅の後ろに、訳のわかんない音楽が延々と続いている!」とのたまっておりました。
まあ、それくらい、この冒頭部分は有名です。

ちなみに、全体の構成はあの有名な冒頭部分(導入部)を含めて以下の9つに分かれています。

1. Einleitung (導入部)
2. Von den Hinterweltlern (世界の背後を説く者について)
3. Von der großen sehnsucht (大いなる憧れについて)
4. Von den Freuden und Leidenschaften (喜びと情熱について)
5. Das Grablied (墓場の歌)
6. Von der Wissenschaft (学問について)
7. Der Genesende (病より癒え行く者)
8. Das Tanzlied (舞踏の歌)
9. Nachtwandlerlied (夜の流離い人の歌)

作品はニーチェの「超人思想」に深く共感したと言うよりは、ニーチェの著作から気に入った部分を抜粋して音楽的に表現したエッセイみたいな雰囲気の作品と言った方がいいのかもしれません。作品全体が一つの統一感のもとにまとめられていると言うよりは、次々と風景が変わっていくような風情を楽しめば、「訳のわかんない音楽が延々と続く」のも我慢できるかもしれません。
それと響きのゴ−ジャスな事!!
あまり難しいことを考えずに、エンターテイメント的に楽しむ音楽なのでしょうね。


カラヤンのデッカ録音

カラヤンはEMI&レッグとのコンビを解消するとドイツ・グラモフォンに移籍するのですが、何故かその移行期にデッカ&カルーショーとのコンビで20枚近いアルバムを作成します。1959年から1965年にかけての話です。
このアルバムの素敵なことはオーケストラが全てウィーンフィルだと言うことです。

聞くところによると、ウィーンフィルはショルティのベートーベン録音を押しつけられて(コンマスのボスコフスキーは「ショルティを絞め殺してやりたい」と言ったという逸話も残されているそうな)、デッカとの関係がすっかり悪化していたようです。その関係悪化に何とか歯止めをかけたいと言うことで、カルーショーが担ぎ出したのがカラヤンだったらしいのです。
カラヤンにしても手兵のベルリンフィルだけでなくウィーンフィルとの関係も深めたかったようなので断る理由は何一つなく、この計画はスムーズに、そして結果としても非常に実り多いものとなりました。

とは言え、不思議なことに、この一連の録音はLP時代には廉価盤シリーズとしてリリースされていました。
当時のイメージとしては「廉価盤=B級品」という雰囲気があったので、後のドイツグラモフォンにおける録音と比較するとなんだか影の薄い録音となってしまっていました。さらに、若い頃は何となく「アンチ・カラヤン」だったので、私にとっては「下らぬカラヤン録音の中のさらなるB級品」と言うことで、ますます眼中に入らない録音でした。

しかし、こういうサイトをやっているおかげで、パブリックドメインの仲間入りをするとそういう録音も一応はチェックの対象となります。そして、若い頃は見向きもしなかった録音にこの年になって初めて向き合ってみると、訳もなく無視をしていた若い時代の愚かさに気づかれる事は良くあることです。

率直に言って、このカラヤンとカルーショーのコンビによる一連の録音はとても魅力的です。その大きな要因の一つは、言うまでもないことですがデッカ録音の優秀さです。そして、その優秀な録音で、ウィーンフィルの濃厚な響きが実に上手くすくい取られています。さらに、カラヤンの指揮も極めて自然で、後年の恣意的なまでの作為性は全く感じません。
さらに言えば、その音楽作りは精緻さはある程度は犠牲にしてでも勢いを重視するスタイルで、それが私としては非常に好ましく思えます。

そう言うカラヤンのデッカ録音の第1弾がこの「ツァラトゥストラはかく語りき」でした。
この録音は、キューブリックの『2001年宇宙の旅』に使われたことで有名です。

しかし、映画の中では何故かこの録音だけ一切のクレジットが表示されていません。理由はよく分からないのですが、デッカはクレジットを表示することを拒否したらしいのです。
当然のことながら、サウンドトラック盤を作るときにもこのカラヤン盤は使うことができなかったので、仕方なくベーム指揮ベルリンフィルによる録音を使う羽目となり、結果として映画の中で使われているのもベーム盤という誤解が広く世間に流布しました。
おそらく、この不可解なデッカの対応によってカラヤンが被った損害は少なくなかったようで、一時は訴訟すらも検討したという話が伝えられています。
今も昔も、こういう連中の著作権に関する感性は理解できません。

ただし演奏は素晴らしいです。
冒頭部分のオルガンの低音も容赦なく収録されていますし、何と言っても弦楽器群の濃厚な響きが魅力的です。当然のことながら、あちこちで聞くことのできるヴァイオリンのソロも絶妙です。そして、カラヤンの指揮は、そう言うウィーンフィルの自主性を一切妨げていないように聞こえます。
このシリーズは一気にアップしないといけないな・・・と思いながらも、そう言うことをすると「お前はいつまでカラヤンみたいな下らぬ録音をアップし続けるんだ」というお叱りのメールが来るんだなぁ・・・という思いが頭をよぎります(^^。
でも、くじけずにこのデッカによる一連の録音はアップし続けましょう。それだけの価値は充分にある録音です。
[関連ページ]


この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



1797 Rating: 5.6/10 (64 votes cast)

この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2013-04-01:シグレイン


2013-04-01:菅野茂


2013-04-01:ユッキ


2013-04-04:セル好き




【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2018-12-13]

ビゼー:カルメン組曲
エルネスト・アンセルメ指揮 スイス・ロマンド管弦楽団 1958年5月録音

[2018-12-12]

ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲 変ロ長調 op.56a
ヨーゼフ・クリップス指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1963年6月1日録音

[2018-12-11]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第19番 ヘ長調 K.459
(P)クララ・ハスキル フリッチャイ指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1955年9月21日~22日録音

[2018-12-10]

モーツァルト:歌劇「魔笛」序曲 K.620
カレル・アンチェル指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 1960年6録音

[2018-12-10]

ワーグナー:「神々の黄昏」より「夜明け」と「ジークフリートのラインへの旅」
ルドルフ・ケンペ指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団 1956年11月30日&12月5日録音

[2018-12-09]

ビゼー:交響曲 ハ長調
エルネスト・アンセルメ指揮 スイス・ロマンド管弦楽団 1960年10月録音

[2018-12-08]

ワーグナー:「タンホイザー」序曲&第1幕より「バッカナール」「ヴェヌスベルクの音楽」
ルドルフ・ケンペ指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団 1956年11月30日&12月5日録音

[2018-12-07]

コダーイ:「ハンガリー詩篇」Op.13 (Sung in English)
ゲオルク・ショルティ指揮 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 ロンドン・フィルハーモニー合唱団 (T)ウィリアム・マクアルパイン 1954年4月~5月録音

[2018-12-06]

ヘンデル:シャコンヌ ト長調, HWV 435
(Harpsichord)カール・リヒター 1954年3月録音

[2018-12-06]

ドビュッシー:風変わりなラヴィーヌ将軍 (前奏曲集第2巻、第6曲)
ユージン・オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団 1965年5月1日&3日録音

[2018-12-05]

ロッシーニ:「ウィリアム・テル」序曲
カレル・アンチェル指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 1960年6録音

[2018-12-04]

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第2番 ヘ長調 BWV1047
ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮 北ドイツ放送交響楽団 1961年録音

[2018-12-03]

ベートーベン:交響曲第7番 イ長調 作品92
ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮 北ドイツ放送交響楽団 1961年4月15日録音

[2018-12-02]

ハイドン(レオポルド・ホフマン):フルート協奏曲 ニ長調 Hob.7 f-D1
(Fl)オーレル・ニコレ カール・リヒター指揮 ミュンヘン・バッハ管弦楽団 1960年~1962年録音

[2018-12-01]

チャイコフスキー:スラヴ行進曲Op.31
フリッツ・ライナー指揮 シカゴ交響楽団 1958年12月28日~29日録音