クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでヴァーシャーリのCDをさがす
Home|ヴァーシャーリ|リスト:ピアノ作品集

リスト:ピアノ作品集

(P)ヴァーシャーリ 1957年~1961年録音



Liszt:ハンガリー狂詩曲 第6番 変ニ長調 S.244

Liszt:即興的ワルツ S.213

Liszt:コンソレーション (慰め) 第2番 ホ長調 S.172

Liszt:コンソレーション (慰め) 第3番 変ニ長調 S.172

Liszt:リゴレット・パラフレーズ S.434

Liszt:ラ・カンパネラ (パガニーニによる大練習曲 第3番 嬰ト短調 S.140)

Liszt:ハンガリー狂詩曲 第15番 イ短調 S.244 《ラコッツィ行進曲》

Liszt:ポロネーズ 第2番 ホ長調 S.223

Liszt:ドン・ジョヴァンニの回想 S.418

Liszt:波の上を歩くパウラの聖フランソワ (2つの伝説 第2番 S.175)

Liszt:パガニーニによる大練習曲 第2番 変ホ長調 S.140




リストの魅力が十分に楽しめるアルバム

ヴァーシャーリが1957年から1961年にかけて録音したリストのピアノ曲をピックアップしました。いってみれば「寄せ集め」のアルバムです。
しかし、リストの作品というのものは基本的に「受けて」なんぼのものですから、こういう「おいしい」部分を寄せ集めて一枚のアルバムにするのは「有り」と言えるでしょう。

リスト:ピアノ作品集

  1. ハンガリー狂詩曲 第6番 変ニ長調 S.244

  2. 即興的ワルツ S.213

  3. コンソレーション (慰め) 第2番 ホ長調 S.172

  4. コンソレーション (慰め) 第3番 変ニ長調 S.172

  5. リゴレット・パラフレーズ S.434

  6. ラ・カンパネラ (パガニーニによる大練習曲 第3番 嬰ト短調 S.140)

  7. ハンガリー狂詩曲 第15番 イ短調 S.244 《ラコッツィ行進曲》

  8. ポロネーズ 第2番 ホ長調 S.223

  9. ドン・ジョヴァンニの回想 S.418

  10. 波の上を歩くパウラの聖フランソワ (2つの伝説 第2番 S.175)

  11. パガニーニによる大練習曲 第2番 変ホ長調 S.140



リストの音楽と初めて出会う人に対して、安心して勧めることのできる演奏


50年代から60年代にかけて、リスト弾きと言えばシフラか、このヴァーシャーリだったようです。
ただし、ヴァーシャーリはその後指揮者に転身して、今ではピアニストとしての活動を全くしていないので、最近は指揮者に分類される音楽家になってるかもしれません。
そんなこともあって、リスト弾きとしての知名度はシフラに大きく水をあけられてしまっているのですが、久しぶりに彼の20代の頃の録音を引っ張り出してきて聞いてみると、・・・ふんふん・・・、若いに似合わず妙に老成した感じの演奏で、・・・まあ悪くないなぁ・・・などと思ったので、ここにアップすることにしました。

シフラの録音は既にいくつかアップしてあります。
それと聞き比べてもらえれば分かるのですが、リストという人間の持っている悪どいほどのパワー感を感じさせてくれるのはシフラの方です。リスト以来、ピアノというものが抱え込んでしまったサーカス芸を堪能させてくれるのは明らかにシフラの方です。
それと比べると、ヴァーシャーリの演奏は大見得を切ることもなく、穏やかで端正な音楽に仕上がっています。そこには、聞くものを熱狂させてくれるようなサーカス芸は希薄です。
おそらく、パッと聞いた感じでは、大部分の人がシフラに軍配を上げるでしょう。それほどに、言葉を代えてみれば個性に乏しい無難な演奏の範疇に留まっています。

ただし、繰り返し聞かれることを宿命づけられた「レコード」の場合は、そう言う「棘」のなさが決してマイナスにならいのも事実です。
また、アルバムの選曲もなかなかに優れていて、これ一枚でリストの魅力が十分に楽しめるようになっています。リストの音楽と初めて出会う人に対して、安心して勧めることのできる演奏ではあります。

ただし、20代でこんな演奏をしていたのでは、次はどこに進んで良いのか迷うでしょうね。なるほど、それで結局は指揮者に転向しちゃったんでしょうか(^^;

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでも毎日アップしていますので、是非チャンネル登録してください。
チャンネル登録って何ですか?



この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



1789 Rating: 4.9/10 (51 votes cast)

この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】

[2018-10-21]

ブルックナー:交響曲第6番 イ長調
オイゲン・ヨッフム指揮 バイエルン放送交響楽団 1966年7月録音

[2018-10-20]

ワルトトイフェル:スケーターズ・ワルツ 作品183
ユージン・オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団 1967年4月20日録音

[2018-10-19]

ハイドン:交響曲第102番 変ロ長調
ゲオルク・ショルティ指揮 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 1951年11月録音

[2018-10-18]

ワーグナー:「ローエングリン」第一幕への前奏曲
ハンス・クナッパーツブッシュ指揮 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団 1962年11月録音

[2018-10-18]

ワーグナー:「ローエングリン」第一幕への前奏曲
ルドルフ・ケンペ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1958年2月10日~13日&17日録音

[2018-10-17]

チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 作品74 「悲愴」
ルドルフ・ケンペ指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1957年5月5日~6日録音

[2018-10-16]

ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 作品95(B.178)「新世界より」
ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮 北ドイツ放送交響楽団 1953年5月18日~20日録音

[2018-10-15]

バルトーク:2つの肖像 Op.5,Sz.37
アンタル・ドラティ指揮 (Vn)エルウィン・ラモー フィルハーモニア・フンガリカ 1958年6月録音

[2018-10-14]

イヴァノヴィッチ:ドナウ河のさざ波
ユージン・オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団 1967年4月20日録音

[2018-10-13]

ワーグナー:「さまよえるオランダ人」序曲
ハンス・クナッパーツブッシュ指揮 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団 1962年11月録音