クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでアドルフ・ブッシュのCDをさがす
Home|アドルフ・ブッシュ|ベートーベン:ヴァイオリンソナタ 第5番 「春」

ベートーベン:ヴァイオリンソナタ 第5番 「春」

Vn:アドルフ・ブッシュ P:ルドルフ・ゼルキン 1933年録音



Beethoven:ヴァイオリンソナタ 第5番 「春」 第1楽章

Beethoven:ヴァイオリンソナタ 第5番 「春」 第2楽章

Beethoven:ヴァイオリンソナタ 第5番 「春」 第3楽章


ヴァイオリンソナタにおけるヴァイオリンの復権

ヴァイオリンソナタという形式を定着させたのはイタリアの作曲コレルリ(1633〜1713)だと言われています。ヴァイオリンとチェンバロのための作品だったのですが、チェンバロはいわゆる「通奏低音」として扱われていました。ヴァイオリンが「主」で、チェンバロは「従」と言うのが初期の様式だったようです。

この関係に変更を迫ったのがバッハでした。彼は通奏低音しか任されていなかったチェンバロと言う楽器にも音楽を語らせようとしたのです。ヴァイオリンとチェンバロの左右の手から生み出される3つの音でやりとりをさせるというトリオ・ソナタ的な扱いを試みました。
バッハにおいてはヴァイオリンとチェンバロとは対等な関係だったと言えます。

ところが、次のモーツァルトの時代になるとチェンバロはピアノに取って代わられます。そして、このピアノという楽器はチェンバロと比べればはるかに表現能力が高い楽器であり、その高い能力ゆえにめざましい発展を遂げていきます。
そのために、ヴァイオリンソナタと名付けられていても表現の主役はピアノに割り当てられ、「ヴァイオリン助奏付きのピアノソナタ」と言わざるを得ないような形式に変わっていきます。
もちろん後の方の作品になるとヴァイオリンにもそれなりの表現を割り当てるようになるのですが(例えばK454)、基本はピアノが「主」でありヴァイオリンが「従」であったことに変わりはありません。

前ふりが長くなりました。(^^;
このような歴史を持つヴァイオリンソナタという形式にさらなる変更を迫ったのがベートーベンでした。彼は「助奏」の地位に甘んじていたヴァイオリンという楽器を、もう一度主役として復権させようとしました。つまり、さらに高い次元においてピアノとヴァイオリンを対等に扱うというチャレンジを行なったのです。

そしてこの試みは作品12の最初の3曲では不十分さを残していたのですが、この第5番のソナタでは見事なまでに伸びやかでロマンティックな音楽を語っています。もちろんこのチャレンジは第9番の「クロイツェルソナタ」で完成をするのですが、ヴァイオリンソナタにおけるヴァイオリンの復権を告げる作品として第5番の重要性は大きいと言えます。

ちなみにこのソナタは「春」とか「スプリングソナタ」と呼ばれていますが、ベートーベン自身の命名ではありません。後の時代に、作品の雰囲気からニックネームのようにしてつけられたものです。ただ、その命名が結構的を射たものだったために広く世間に広まったようです。


独奏者としてのブッシュ

アドルフ・ブッシュと言えばブッシュ弦楽四重奏団を率いての演奏が有名です。彼らの手になるベートーベンの弦楽四重奏は戦前におけるスタンダードとも言うべき存在でした。

ソリストとしてよりはカルテットのリーダーとしての方が評価が高いことは事実ですが、ここで聞けるようにソリストとしての演奏も数多く残しています。今の耳からすれば「古い」演奏スタイルであることは事実ですが、一昔前のベートーベン演奏の一つの典型として興味深い演奏であることは事実です。(1933年にしては録音も良好です)

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連記事(一部広告含む)

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



146 Rating: 5.5/10 (183 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント




【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2020-07-11]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番ニ短調 , K.466
(P)クララ・ハスキル:オットー・クレンペラー指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1959年9月8日録音(Live)

[2020-07-10]

メンデルスゾーン:フィンガルの洞窟, Op26
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1951年8月19日録音

[2020-07-09]

ドヴォルザーク:交響曲第8番 ト長調 作品88
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1961年9月29日録音

[2020-07-08]

ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調 作品26
(Vn)イダ・ヘンデル:ラファエル・クーベリック指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1948年録音

[2020-07-07]

ベートーベン:交響曲第7番 イ長調 作品92
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1961年9月29日録音

[2020-07-06]

ハイドン:交響曲第56番 ハ長調 Hob.I:56
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2020-07-05]

ムソソルグスキー:展覧会の絵(ラヴェル編曲)
ジョージ・セル指揮 クリーヴランド管弦楽団 1963年10月30日録音

[2020-07-04]

ビゼー:「祖国」序曲 作品19
エルネスト・アンセルメ指揮 スイス・ロマンド管弦楽団 1954年10月録音

[2020-07-03]

ヨハン・シュトラウス2世:朝の新聞, Op.279
ヴィリー・ボスコフスキー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1958年録音

[2020-07-02]

モーツァルト:12のピアノ変奏曲 ハ長調 K.265 (300e) "きらきら星変奏曲"
(P)クララ・ハスキル:1960年5月録音