クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでフリッツ・ブッシュのCDをさがす
Home|フリッツ・ブッシュ|モーツァルト:ドン・ジョヴァンニ

モーツァルト:ドン・ジョヴァンニ

フリッツ・ブッシュ指揮 グラインドボーン祝祭管弦楽団&合唱団 1936年録音



Mozart:Don Giovanni 第1幕

Mozart:Don Giovanni 第2幕


モーツァルトが書いた最も暗鬱なオペラ

プラハにおけるフィガロの大成功によって、劇場監督のボンディー二が次のシーズンのために新作を注文してできあがったのが「ドン・ジョヴァンニ」です。これはモーツァルトが書いた最も暗鬱なオペラだと言えます。
ストーリーはそれほど単純ではありませんが、よく言われるようにその複雑さはワーグナーの複雑さなどとは少し違います。ワーグナーの場合は一定の約束事などを知識として持っていないとストーリーの展開が上手く把握できないと言う「複雑」さですが、モーツァルトの場合は何の準備もなしに劇場に出かけても十分に音楽の展開にあわせて物語を把握することは可能です。

このオペラの登場人物は基本的にペアでセッティングされています。
まずは、ドン・ジョヴァンニと従者のレポレッロ、そのドン・ジョヴァンニにだまされた女性であるドンナ・アンナとその婚約者のドン・オッターヴィア、さらに同じくドン・ジョヴァンニに誘惑される村娘のツェルリーナとその婚約者であるマゼッタです。(もっとも、ドンナ・アンナがはたしてドン・ジョヴァンニにだまされたのか?という疑問は残りますが。)
これに、ドン・ジョヴァンニにかつてだまされて復讐するために彼を追いかけてきた女性、ドンナ・エルヴィラと、ドン・ジョヴァンニ殺されたドンナ・アンナの父である騎士長の二人が重要な役割を担います。
エルヴィラはドン・ジョヴァンニに復讐を誓いながら彼への思いを断ち切れないと言う女性であり、人間が持つ深い苦悩と愛を体現をする存在です。騎士長は最後の場面で石像となってドン・ジョヴァンニを地獄へと引きずり込みます。

オペラの全編にわたって魅力的なアリアがちりばめられていますが、最大の聞き所は言うまでもなく騎士長が「ドン・ジョヴァンニ」と言う呼びかけとともに始まる「地獄落ち」でしょう。それは、アインシュタインが言うように「ドン・ジョヴァンニを救うためのエルヴィラの最後の訪れ、騎士長が天の裁きを執行する恐るべきニ短調の場面、それはつねに劇的、舞台的威力の絶頂とみなされてきた場面」だといえます。

第一幕

・騎士長の邸宅前の通り。夜。
・通り。
・田舎。ツェリーナとマセットの結婚式
・ドンジョヴァンニの館の前の公園。
・多数の客人、それに混じって、マッセロ、ツェリーナ のような農民もあでやかな照明の舞踏広間を闊歩している。

第二幕
・エルヴィーラの住まいのある通り。
・ドンナ・アンナの家の暗い玄関。
・騎士長の立像が立っている教会墓地。月夜。
・ドンナ・アンナの部屋。
・ドンジョヴァンニの館。


20世紀のオペラ演奏における金字塔

ブッシュがグラインドボーン音楽祭に残した最大の遺産がこの「ドン・ジョヴァンニ」でしょう。世間的にはロマン主義的歪曲からモーツァルトのオペラを救い出したというのがこの演奏に対する定評であり、演奏当時も「ブッシュはドン・ジョヴァンニのスコアから,このオペラの持つ隠された美しさを奇跡的に引き出した」と評されたそうです。
ユング君もこの録音をあらためて聞き直してみて、何よりもその自然でゆったりとしたテンポに魅了されました。確かに昨今のモーツァルト演奏と比べるとかなり遅いテンポなのですが、決してゆるんだ感じにはなっていません。自然に気持ちよく音楽に身をゆだねることが出来る演奏だといえます。

音質は1936年とは思えないほどに優秀です。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連コンテンツ

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



135 Rating: 5.2/10 (173 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2012-07-03:三塚進


2013-08-12:nakamoto


2016-09-01:benetianfish


2021-07-15:藤原正樹





【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2023-01-31]

ラロ:スペイン交響曲 ニ短調, Op.21
(Vn)ヘンリク・シェリング:ワルター・ヘンドル指揮 シカゴ交響楽団 1959年2月28日録音

[2023-01-29]

チャイコフスキー:組曲第3番 ト長調, Op.55
アンタル・ドラティ指揮 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団 1966年8月16日~21日録音

[2023-01-27]

マーラー:交響曲「大地の歌」 イ短調
カール・シューリヒト指揮:アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団 (Ms)ケルステン・トルボルイ (T)カール=マルティン・エーマン 1939年10月5日録音

[2023-01-25]

モーツァルト:交響曲第36番 ハ長調「リンツ」 K.425
エーリッヒ・クライバー指揮 ベルリン国立歌劇場管弦楽団 1954年11月録音

[2023-01-24]

エルガー:ヴァイオリン協奏曲 ロ短調, Op.61
(Vn)ヤッシャ・ハイフェッツ:サー・マルコム・サージェント指揮 ロンドン交響楽団 1949年6月6日録音

[2023-01-23]

ショパン:ポロネーズ第7番 変イ長調, Op.61「幻想」
(P)アルトゥール・ルービンシュタイン:1964年3月4日~6日録音

[2023-01-22]

ベートーベン:弦楽四重奏曲第9番 ハ長調「ラズモフスキー3番」Op.59-3
ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団 1952年録音

[2023-01-21]

ワーグナー:ジークフリート牧歌
ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 1962年9月録音

[2023-01-20]

チャイコフスキー:組曲第2番 ハ長調, Op.53
アンタル・ドラティ指揮 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団 1966年8月16日~21日録音

[2023-01-19]

ベートーベン:ピアノ協奏曲第3番 ハ短調, Op.37
(P)ヴィルヘルム・ケンプ:フェルディナント・ライトナー指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1961年7月録音