クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~


AmazonでCDをさがすAmazonでカサドのCDをさがす

Home|カサド|ヘンデル:ラルゴ(オン・ブラ・マイフ)

ヘンデル:ラルゴ(オン・ブラ・マイフ)


チェロ:ガスパール・カサド 1935年録音


チェロ:ガスパール・カサド 1935年録音

 何のCMだったのかは忘れてしまいましたが、テレビの威力とはすごいものです。確か、その年の紅白で佐藤某というオペラ歌手が出場してこの曲を歌ったのではないでしょうか。
 ちょっと記憶が曖昧で大嘘かもしれませんが・・・(^^;

 でも、CMで歌っていたのはキャスリン・バトルだったことはしっかりと覚えています。
 このCMのせいかどうか知りませんが、当時は大変な人気で次々と彼女のCDが出ました。
 ところがコンサートではあまりにも線が細く、声量も乏しくてずいぶんがっかりさせられた事も鮮明に覚えています。確かに透明感のあるきれいな声ではありましたが、劇場で通用するにはちょっと苦しいものがありました。
 よく似た人にバーバラ・ヘンドリクスがいますが、彼女よりもさらに線が細くて声量に乏しかったように思いますから、これはどうしようもないなという感じでした。
 そういえばいつの間にか名前も聞かなくなりましたがどうしているのでしょうか?
 何かのきっかけでちょっと人気が出るといいように酷使されて、実力を磨くための余裕も時間も与えられないうちに使い捨てにされる人がいますが、彼女もまたそういう人々の一人になってしまったのでしょうか。
 だとすれば、これもまた哀れな話です。

 さて、ヘンデルといえばメサイアですが、このラルゴ(オン・ブラ・マイフ)によってオペラ作曲家というもう一つの顔に出会うことができました。今では劇場で彼のオペラが上演されることはほとんど無くなってしまいましたが、実に多くのオペラを書いた人でした。(そのへんがオペラを1曲も書かなかったバッハと好対照です。)
 実はユング君もヘンデルのオペラを全曲通して聞いたことは一度もありません。オペラ作曲家としてのヘンデルの「認知されない度」は大変なものがあります。(^^;
 でも、そのオペラのアリアの中にこんな素敵な音楽があるわけですから、丹念に探せば眠っている宝石が他にもあるのではないでしょうか。
 名前はそれなりに有名でも、その業績という点についてはごく一部にしか光が当たっていないという人が結構いますが、ヘンデルはさしずめそういう存在の最右翼だと言えます。
 せめてバッハの半分でいいからもっと注目が集まらないものかと思うのはユング君だけでしょうか。

ガスパール・カサド


師であるカザルスの影になってしまってあまり知られることのないチェリストです。しかし、最近は作曲家としてのカサドにも光が当てられ、同時に埋もれていた録音も少しずつCD化されるようになり、演奏家としてのカサドにも再評価が進んできています。

こういう小品を聴いただけで云々ができるはずはないのですが、是非頭の片隅に「ガスパール・カサド」をとどめておいていただけたらと思います。

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



121 Rating: 6.8/10 (153 votes cast)

この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2010-08-28:恒石幸子


【リスニングルームの更新履歴】

[2017-10-20]

[2017-10-19]

[2017-10-18]

[2017-10-17]

[2017-10-16]

[2017-10-16]

[2017-10-15]

[2017-10-15]

[2017-10-14]

[2017-10-13]