クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでフリッツ・ブッシュのCDをさがす
Home|フリッツ・ブッシュ|ハイドン:協奏交響曲 変ロ長調 Hob.I-105

ハイドン:協奏交響曲 変ロ長調 Hob.I-105

フリッツ・ブッシュ指揮 デンマーク王立放送交響楽団 1951年1月26〜27日録音



Haydn:交響曲第105番 変ロ長調 「協奏交響曲」 「第1楽章」

Haydn:交響曲第105番 変ロ長調 「協奏交響曲」 「第2楽章」

Haydn:交響曲第105番 変ロ長調 「協奏交響曲」 「第3楽章」


当時流行していた形式

協奏交響曲というのはその名の通り協奏曲と交響曲の中間的な形式です。おそらくは、名人芸の披露が中心で音楽的に内容が稀薄な協奏曲ばかりが量産された事への反動だったのではないでしょうか。
18世紀の後半にはかなり流行した形式で、一番有名なのは言うまでもなくモーツァルトの「ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 K364」です。そして、CDではこのハイドンの作品とカップリングされることが多いようですが、残念ながら認知度、人気とも大きな差があります。
どこかでも書いたのですが、こう言うところにハイドンの「悲しみ」を感じざるを得ません。

ハイドンがこのような作品を作るきっかけとなったのは、プロフェッショナル・シリーズという演奏会で、プレイエルの6つの独奏楽器のための協奏交響曲が人気を博していた事への対抗意識だったと伝えられています。
彼はもともと交響曲の中で個別の楽器を独奏風に扱うことがよくあったので、俺にも出来る!と言う思いがあったのではないでしょうか。実際、この作品の中では、ヴァイオリン,チェロ,オーボエ,ファゴットを見事に独奏楽器として扱っています。

また、ホーボーケン番号を見ると、「Hob.I-105」なので「交響曲第105番」という感じなので、実際そう呼ばれることもあるのですが、基本的には管弦楽の提示部分を従えて独奏ヴァイオリンが歌い始めるところなどを聞くと、基本的には協奏曲だと言えそうです。
ザロモン・セットと呼ばれる交響曲は次第にベートーベンの初期シンフォニーを思わせるような堂々たる雰囲気をそなえていくようになるのですが、その中にあってこの作品は実にかわいらしく寛いだ雰囲気を残しています。
もっと聞かれてもよい作品です。


何とか見つけ出したパブリック・ドメインの録音

もっと聞かれてもよい作品だと思います、と書いたものの、なかなかパブリック・ドメインとなった録音を見つけ出すことが出来ませんでした。そんな中で、何とか引っ張り出してきたのがこのブッシュによる録音です。
いささか録音が冴えないのですが、演奏そのものは奇を衒わない真っ直ぐなもので好感が持てます。
ブッシュと言えば、極めて直線的で堅いイメージがあるのですが、デンマーク王立放送交響楽団という田舎オケが実に鄙びた風情で、この両者が上手い具合に中和していい雰囲気を醸し出しています。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連記事(一部広告含む)

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



1129 Rating: 4.6/10 (110 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント




【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2020-02-22]

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第5番ニ長調 BWV1050
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(P)ヴィルヘルム・フルトヴェングラー (Fl)Josef Niedermayr (Vn)ヴィリー・ボスコフスキー 1950年8月31日録音

[2020-02-21]

バッハ:無伴奏チェロ組曲第6番ニ長調 BWV101
(Cello)ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ:1955年5月26日~27日録音

[2020-02-20]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第13番 ハ長調 k.415(387b)
(P)リリー・クラウス:スティーヴン・サイモン指揮 ウィーン音楽祭管弦楽団 1966年5月15日~25日録音

[2020-02-19]

シューベルト:交響曲第7(8)番ロ短調 D.759「未完成」
ハンス・スワロフスキー指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1957年録音

[2020-02-18]

ハイドン:交響曲第41番 ハ長調 Hob.I:41
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2020-02-17]

Feuermann Plays Cello Pieces(The Japanese Recordings)
(Cello)エマヌエル・フォイアマン:(P)ヴォルフガング・レープナー 1936年4月~6月録音

[2020-02-16]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調 K.595
(P)フリードリヒ・グルダ:ハンス・スワロフスキー指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1965年6月録音

[2020-02-15]

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第3番ト長調 BWV1048
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1950年8月31日録音

[2020-02-14]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第20番 ト長調 Op.49-2
(P)アルフレッド・ブレンデル 1962年6月~7月録音

[2020-02-13]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番 ハ長調 K.467
(P)フリードリヒ・グルダ:ハンス・スワロフスキー指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1965年6月録音