クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでトゥーレック(Rosalyn Tureck)のCDをさがす
Home|トゥーレック(Rosalyn Tureck)|バッハ:ゴルドベルグ変奏曲

バッハ:ゴルドベルグ変奏曲

(P)ロザリン・トゥーレック 1957年6月17日〜10月11日録音



Bach:ゴルドベルグ変奏曲


不眠症対策というのはあまりにも有名なエピソードですが・・・

1741年のことです。
ドレスデンを旅をしたバッハは、世話になったロシア公使カイザーリング伯爵のもとを訪ねます。伯爵は当時不眠症にかかっていたために、伯爵に仕えるヨーハン・ゴットリーブ・ゴールトベルクという14歳の少年にクラヴィーアを演奏させていました。(まだ14の子供に、自分が眠りにつけるまで毎日毎日ピアノを演奏させ続けるとはどんな神経をしとったんだ!!)

そんな伯爵が、「穏やかでいくらか快活な性質を持ち、眠れぬ夜に気分が晴れるようなクラヴィーア曲を作ってくれ」とバッハに依頼をして誕生したのがこの作品です。
ユング君はこの「不眠症対策」というエピソードは後世の人が面白おかしくでっち上げたお話だと最初は思っていたのですが、実は大筋で事実と一致しているようですね。それにしても、小さな子供にかくも過酷な命令を平然と出せるような人間が不眠症になるとは信じがたい話です。

でも、ゴルドベルク少年はその過酷な試練に耐えたおかげで、このバッハ晩年の大傑作に自分の名前を残すことになります。
作曲の経緯から言えば、「カイザーリング変奏曲」と呼ばれてもなんの不思議もないと思うのですが、なぜか「ゴルドベルグ変奏曲」と呼ばれるようになったのですから、これまた歴史の皮肉と言わねばなりません。


これなら眠れそうです。

データベースで確認した人は演奏時間が94分7秒というのを見て何かの間違いと思われたかもしれません。しかし、冒頭のアリアが流れ出すと、そのあまりの「遅さ」にのけぞりながらも、なるほどこれなら演奏時間が1時間半を超えるのも仕方がない・・・!!と、納得されたはずです。ただ、最晩年にDGで録音した演奏も同じように1時間半もかけて演奏しているので、このテンポ設定は奇を衒ったものではなく、彼女にとってはもっとも納得のいくものだったことは間違いありません。

「Rosalyn Tureck」はロザリン・トゥレックと読むのが正解らしいです。シカゴで生まれジュリアードで学んだピアニストらしいのですが、現在ではグールドのバッハ演奏に大きな影響を与えたピアニストとして一部では高い評価を与えられているようです。
中には、この演奏を聴いてグールドの演奏をパクッタと思ったのだが、よく調べてみると逆にグールドの方がトゥーレックに影響を受けたと分かって驚いた!と書いている人なんかもいます。凄いなー、この演奏を聴いて55年に録音されたグールドのゴルドベルグ変奏曲に激似だと聴き取れる「耳」を持っている人がこの世の中にはいるんですね。さらには、1つ1つの声部が並行して流れてゆくさまが明瞭に聴こえてくるのが素晴らしい、と言う人もいるのですが、今時そう言う声部が明瞭に聴き取れないような演奏が録音されて市場に出回っているのものがあるのなら教えて欲しい・・・と、つっこみの一つも入れたくなります。
それよりは、このトゥーレックの演奏を初めて聞いた人は、あのグールドの演奏の対極にあるものと感じるのが普通ではないでしょうか。それは、テンポの問題だけではなく、勢いと気迫に満ちたグールドに対して静謐で沈潜した趣を感じるトゥーレックという感じです。
ただし、睡眠薬代わりに作曲されたこの作品の出自を考えると、意外とこのとっーレックの演奏が「正解」かもしれません。グールドの演奏を聴きながら眠れる人はほとんどいないでしょうが、この演奏ならかなりの人が安らかに眠りにつけるはずです。私も、・・・寝てしまいました・・・。(^^;

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



1055 Rating: 5.1/10 (184 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2009-04-03:セル好き


2009-06-28:吉之助


2014-09-27:Joshua


2015-05-06:D.Saigo





【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2024-02-20]

リヒャルト.シュトラウス:歌劇「薔薇の騎士」より「ワルツ」(Richard Strauss:Waltzes (from Der Rosenkavalie))
エーリヒ・クライバー指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1934年5月録音(Erich Kleiber:Berlin Philharmonic Orchestra Recorded on May, 1934)

[2024-02-18]

バルトーク:弦楽四重奏曲第2番, Sz.67(Bartok:String Quartet No.2, Sz.67)
ヴェーグ弦楽四重奏団:1954年7月録音(Quatuor Vegh:Recorded on July, 1954)

[2024-02-16]

バッハ:ヴァイオリン・ソナタ第5番 ヘ短調 BWV 1018(J.S.Bach:Violin Sonata in F minor, BWV 1018)
(Cembalo)ワンダ・ランドフスカ:(Vn)イェフディ・メニューイン 1944年12月20日録音(Wanda Landowska:(Vn)Yehudi Menuhin Recorded on December 20, 1944)

[2024-02-14]

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番 イ長調, Op.47「クロイツェル」(Beethoven:Violin Sonata No.9 in A major, Op.47 "Kreutzer")
(Vn)ヤッシャ・ハイフェッツ:(P)ブルックス・スミス 1960年9月16&22日録音(Jascha Heifetz:(P)Brooks Smith Recorded on Septenber 16&22, 1960)

[2024-02-12]

ドヴォルザーク:序曲「オセロ」(Dvorak:Othello, Op.93)
ラファエル・クーベリック指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 1946年10月1日~3日録音(Rafael Kubelik:Czech Philharmonic Recorded on October 1-3, 1946)

[2024-02-11]

リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」 作品35(Rimsky-Korsakov:Scheherazade, Op.35)
カレル・アンチェル指揮:ベルリン放送交響楽団 1957年1月23日&25日録音(Karel Ancerl:Berlin Radio Symphony Orchestra Recorded on January 23&25, 1957)

[2024-02-10]

モーツァルト:ピアノ・ソナタ第18(17)番 ニ長調 K.576(Mozart:Piano Sonata No.18(17) in D major, K.576)
(P)ワンダ・ランドフスカ:1938年1月14日&16日録音(Wanda Landowska:Recorded on January 12&14, 1938)

[2024-02-09]

バルトーク:弦楽四重奏曲第1番, Sz.40(Bartok:String Quartet No.1, Sz.40(Op.7))
ヴェーグ弦楽四重奏団:1954年7月録音(Quatuor Vegh:Recorded on July, 1954)

[2024-02-08]

ディーリアス:イギリス狂詩曲「ブリッグの定期市」(Delius:Brigg Fair)
アンソニー・コリンズ指揮 ロンドン新交響楽団 1953年2月23日~2日5録音(Anthony Collins:New Symphony Orchestra of London Recorded on February 23-25, 1953)

[2024-02-07]

ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ「美しく青きドナウ」 op.314(Johann Strauss:The Blue Danube, Op.314)
エーリヒ・クライバー指揮 シュターツカペレ・ベルリン 1923年録音(Erich Kleiber:Berlin Staatskapelle Orchestra Recorded on 1923)