クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~


Home|アンケートのアーカイブ|あなたはヘッドホンにいくら出せますか?

アンケートの結果と考察(--;のようなもの・・・



あなたはヘッドホンにいくら出せますか?

  • 5千円未満
54
  • 5千円〜1万円未満
48
  • 1万円〜3万円未満
102
  • 3万円〜5万円未満
37
  • 5万円〜10万円未満
24
  • 10万円以上
8
  • 価格なんてどうでもいい!
9
  • ヘッドホンは使わない
36

投票総数: 318

まあ、結論から言えば、ヘッドフォンに支出できる上限は3万円と言うことのようです。
しかし、考えてみると、この設定は「絶妙」なバランス感覚のように思います。

なぜならば、普通のスピーカーで3万円程度と言えば全くの入門機、もしくは「よく分かったお方」達が使う「ニアフィールドリスニング」用のスピーカーでしょう。後者の「箱庭的」な世界も魅力ですが、それでも、それは「よく分かったお方」達が使いこなせる世界であります。
しかし、ヘッドフォンで3万円なら、これはかなりの高級機ですよね。そして、そのヘッドフォン特有のリアルな世界は、通常のスピーカーとは一線を画すような世界を提供してくれるはずです。

個人的には「ヘッドフォン」の世界には至って暗かったのですが、このアンケートをきっかけにあれこれ調べてみて、確かにこのあたりの価格帯に魅力的な製品が多いことに気づかされました。日本の住宅事情やデフレ時代のなかでコストパフォーマンス(少ない投資でよりよい音を目指す)を考えれば、PCオーディオとヘッドフォンというのは実に相性のいい組み合わせなのだと納得した次第です。

<寄せられたコメント>
のんた

「予算3万円?5万円なら、STAX社のSRS-2050A (Basicシステム)をお勧めします。
STAXは日本が世界に誇る世界唯一のコンデンサー型ヘッドスピーカーメーカーです。ダイナミクス型とは全く違ったその繊細で幽玄な響きは、好き嫌いはあるでしょうが、はまればもう抜けられません。
ぜひ店頭で視聴されることをお勧めします。
このベーシックシステムは、専用のヘッドフォンアンプ込みで4万円台、コストパフォーマンスは抜群です。
もちろん上を見れば、SRM007tA+SR007Aというヘッドフォン界の最高峰もありますが」


鈴木清治

「stax社のヘッドホンを一度使ってしまうと、静けさや歪感の無さで他を圧倒します。 30有予年前、真空管式のアンプも自作しました。今では同社標準セット(14万円ほど)で聞いています。
頭のてっぺんに定位?(音のセンターが、・・・)」


kyou
ユング君は勿論ご存知だと思いますがゼンハイザーHD650+それなりのヘッドホンアンプでの音質は素晴らしいですよ!!
それではもう一台 AKG(アーカーゲー)のK701 ドイツのゼンハイザーとオーストリアのAKGどちらも素晴らしいヘッドホンです。オーケストラを聴くならゼンハイザー 室内楽なら上品で繊細なAKG♪

【リスニングルームの更新履歴】



[2019-04-21]

スッペ:「詩人と農夫」序曲
ゲオルク・ショルティ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1959年5月録音

[2019-04-20]

バッハ:第4番変ホ長調 BWV1010
(Cell)ガスパール・カサド 1957年録音

[2019-04-19]

ハイドン:交響曲第12番 ホ長調 Hob.I:12
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2019-04-18]

ブラームス:「大学祝典」序曲 Op. 80
ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮 ウィーン交響楽団 1961年1月録音

[2019-04-17]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調 K595
アニー・フィッシャー:エフレム・クルツ指揮 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団 1966年5月14日,16日,17日,20日,24日&6月17日,20日録音

[2019-04-16]

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第6番 変ロ長調 BWV1051
カール・ミュンヒンガー指揮 シュトゥットガルト室内管弦楽団 1950年録音

[2019-04-15]

モーツァルト:ピアノ協奏曲 第24番 ハ短調 K.491
アニー・フィッシャー:エフレム・クルツ指揮 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団 1966年5月14日,16日,17日,20日,24日&6月17日,20日録音

[2019-04-14]

プッチーニ:歌劇「マノン・レスコー」 第4幕
(S)レナータ・テバルディ (T) マリオ・デル・モナコ他 フランチェスコ・モリナーリ=プラデルリ指揮 ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団 1954年7月~8月録音

[2019-04-13]

プッチーニ:歌劇「マノン・レスコー」 第3幕
(S)レナータ・テバルディ (T) マリオ・デル・モナコ他 フランチェスコ・モリナーリ=プラデルリ指揮 ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団 1954年7月~8月録音

[2019-04-12]

プッチーニ:歌劇「マノン・レスコー」 第2幕
(S)レナータ・テバルディ (T) マリオ・デル・モナコ他 フランチェスコ・モリナーリ=プラデルリ指揮 ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団 1954年7月~8月録音