クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~


Home|アンケートのアーカイブ|あなたの音楽を聴く時のスタイルは?

アンケートの結果と考察(--;のようなもの・・・



あなたの音楽を聴く時のスタイルは?

  • 部屋で1人で
173
  • 通勤・通学などの移動中
47
  • 仕事場・学校で
16
  • ドライブ しながら
11
  • コンサート会場で
8
  • ライブハウスで
0
  • お風呂やトイレで
1
  • 恋人と二人で
3
  • 連れ合いと二人で
4
  • 家族でワイワイと
4
  • 友人とワイワイと
0
  • ショップの店頭
0
  • その他
3

投票総数: 270

やはり、クラシック音楽が主体の「Blue Sky Label」ユーザーの皆様は「音楽は一人静かに向きあうべし」というスタンスをとられているようです。
考えてみれば、あまりにも当たり前の結果であり、結果としてはあまり面白くないアンケートになったようです。
皆さん、本当に、まじめに音楽と向き合われているようです。

でも、そんな中にあって、通勤・通学の途中に音楽を聴くのが主体だという方も結構おられるようで、その辺にも「PCオーディオ」の受容のされ方の一端がかいま見れたように思えます。

<寄せられたコメント>
「 幸か不幸か妻はいませんので、部屋で夜中にひとりです。仕事から帰ると真っ先に音楽を聞きます。

 ピアノ曲が多いですね。たぶんオーディオが超・安物だから、ピアノやヴァイオリンソロの演奏のほうがよく響くせいでしょう。オーケストラを聴こうと思ったらヘッドホンを付けます。夜中でもあるし。

 電車なんかの移動中にはロックを聴きます。騒音に細かい音が消されるので、クラシックはこういうとき向かないと思うんですが、けっこう聴いてる人もいるのかな?

 友人にクラシックのCDをプレゼントしてあげたことがあったけど、「感想は?」「ちょっとまって、いま聴いてるところだから…」という感じでそのまま忘れられてしまいました。なかなか人に勧めるのは難しい…

 親戚にオーディオマニアのおじさんがいるんですが、この人はオペラ一筋の熱愛者で、いっしょにコンサートにいっても全然趣味の一致を見ません。彼は「血わき、肉踊る」感じを一心に聞き取ろうとしていて、わたしはまた違ったものを探している。

 そんなわけで「部屋でひとり」です。ひとりが何よりです。」

つまんないアンケートにもコメントを寄せていただいて感謝!!です。

【リスニングルームの更新履歴】



[2022-06-24]

ベートーヴェン:交響曲第1番 ハ長調, Op.21
カール・シューリヒト指揮:ウィーン・フィルハーモニ管弦楽団 1952年5月27日~30日録音

[2022-06-23]

ベートーヴェン:チェロ・ソナタ第5番 ニ長調 Op. 102-2
(Cell)アントニオ・ヤニグロ (P)カルロ・ゼッキ 1952年録音

[2022-06-22]

モーツァルト:管楽器のための協奏交響曲 変ホ長調, K.297b
カール・ベーム指揮 (Ob)カール・シュタインス (Cl)カール・ライスター (Hr)ゲルト・ザイフェルト (Fagott)ギュンター・ピースク ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1966年2月録音

[2022-06-21]

ベートーベン:ピアノ三重奏曲第7番 変ロ長調 「大公」, Op.97
(Cell)パブロ・カザルス:(P)アルフレッド・コルトー (Vn)ジャック・ティボー 1928年11月18日~19日

[2022-06-20]

ディーリアス:春を告げるかっこうを聞いて
アンソニー・コリンズ指揮 ロンドン新交響楽団 1953年2月23日~2日5録音

[2022-06-19]

ワーグナー:「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲
ハンス・スワロフスキー指揮 ウィーン交響楽団 1951年11月9日録音

[2022-06-18]

メンデルスゾーン:「夏の夜の夢」 作品21&61 より(抜粋)
ハインツ・ワルベルク指揮 フィルハーモニ・プロムナード管弦楽団 1961年録音

[2022-06-17]

ガーシュイン:パリのアメリカ人
スタンリー・ブラック指揮 ロンドン・フェスティヴァル管弦楽団 1966年発行

[2022-06-16]

J.S:バッハ:ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ第6番 ト長調 BWV 1019
(Vn)ラインホルト・バルヒェット:(Cembalo)ロベール・ヴェイロン=ラクロワ 1960年録音

[2022-06-15]

シベリウス:交響曲第2番 ニ長調 Op.43
タウノ・ハンニカイネン指揮 シンフォニア・オブ・ロンドン 1959年録音