クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~


Home|アンケートのアーカイブ|あなたが指揮者ならどのオケを振ってみたいですか?〜北米編

アンケートの結果と考察(--;のようなもの・・・



あなたが指揮者ならどのオケを振ってみたいですか?〜北米編

  • クリーヴランド管弦楽団
60
  • フィラデルフィア管弦楽団
60
  • シカゴ交響楽団
58
  • ボストン交響楽団
58
  • ニューヨーク・フィル
31
  • その他
9
  • モントリオール交響楽団
6
  • MET管弦楽団
4
  • ピッツバーグ交響楽団
4
  • ロサンジェルス・フィル
3
  • ワシントン・ナショナル交響楽団
3
  • トロント交響楽団
3
  • デトロイト交響楽団
3
  • セントルイス交響楽団
2
  • サンフランシスコ交響楽団
2

投票総数: 306


「投票してみると予想はしていましたが、上位5楽団は俗に言う「ビッグ5」。特に4位以内は接戦ですネ。」
私も、いわゆるビッグ5に票は集まるだろうとは思っていましたが、まさかここまできれいに結果が出るとは正直言って予想外でした。
そんな中でニューヨークフィルが他の4つのオケに比べて一歩譲ったのは少しばかり興味深い結果でした。
アメリカの中では最も歴史と伝統があるオケなのですが、何故か指揮者の人選が上手くないような気がします。黄金時代だったと言われるバーンスタインの時代も、その実態は能力のない楽団員の入れ替えをしない上にまともなトレーニングもしなかったので、その合奏能力はゴミ満載と陰口をたたかれるまでに低下していました。その後をブーレーズ、メータ、マズア、マゼールと続くのですが、バーンスタイン以後の地盤沈下は挽回できていないようです。
ただし、指揮者の人選に頭が痛いのはニューヨークだけではありません。
フィラデルフィアはエッシェンバッハが契約の延長を拒否して大騒ぎし、シカゴに至っては不人気のバレンボイムを切ろうとする理事会側と、バレンボイムを擁護する一部の団員の間で不協和音が表面化したりしました。ボストンも長い小沢の時代の後がレヴァインと言うことでいまいちパッとしません。
そんな中で、クリーブランドだけが、セル亡き後をマゼール(1972年〜1982年)、ドホナーニ(1984年〜2002年)、フランツ・ウェルザー=メスト(2002年〜2012年(予定))と、上手くつないでいるように見えます。
一時、スラットキンのもとでセントルイス交響楽団がビッグ5に食い込む躍進を見せたこともあるのですが、やはりその壁は他のオケにとってはあまりにも大きいようです。

<寄せられたコメント>

「 クリーヴランドとフィラデルフィアとシカゴの三つで結構迷いマシタ。
でも、やっぱりクリーヴランド。そして投票してみると予想はしていましたが、上位5楽団は俗に言う「ビッグ5」。特に4位以内は接戦ですネ。」

「約45年前の小学生時代に聞いたのが、セル/クリーヴランドのハイドンとベートーベン。それ以来ずっと聞き続けているのですから、当然クリーヴランド。但し、セル時代(死後の直近まで)に限ります。」

「シカゴ響に一票。
ライナーの頃からこのオケのCDを聴くようになっていったのがきっかけでした。そして更にこのオケに思いを寄せるようになったのはやはり…ショルティの就任からでしょうか。彼のオケをよく鳴らすやり方は、様々な批評を生み出してきましたが、それでも私はこの指揮者がとても大好きでした。

これからもシカゴ響を聴き続けて生きたいなぁ。」

「イギリスのオケと同じようにアメリカのオケでも特定の指揮者とのカップリングが目立ちます。今はもう存在しませんがワルター・コロンビア響やトスカニーニ・NBC響による名演があります。個人的にはワルター・コロンビア響による演奏のほうが好きですが,ここはやはり(!?)クリーヴランド管に投票します。そのわけはセルの端正な演奏です。あと個人的にはミュンシュの情熱ぶちまけ的演奏が好きなのでボストン響も気に入っていますが...」

「シカゴ交響楽団(以下CSO)に一票
王道を歩まれてきた方は眉をひそめられるかもしれませんが、僕が最初にのめりこんだ作曲家はマーラーで、初めて買ったCDもアバド・CSOの巨人でした。
その演奏の巧拙は別として、このCDには僕のクラシックへの門出を祝ってくれた思い出深いものがあります。
とはいえ、いざCSOを指揮するとなったらフランス系の音楽をとりあげたいですね。マーラーだったらNYフィルでしょうから」

【リスニングルームの更新履歴】



[2020-06-03]

ハイドン:交響曲第92番 ト長調「オックスフォード」
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2020-06-02]

プシホダ小品集
(Vn)ヴァーシャ・プシホダ:(P)シャルル・セルネ、(P)イツコ・オルロヴェツキー 1924年~1957年録音

[2020-06-01]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第24番ハ短調 , K.491
(P)リリー・クラウス:スティーヴン・サイモン指揮 ウィーン音楽祭管弦楽団 1965年5月13日~15日録音

[2020-05-31]

ブラームス:クラリネット五重奏曲 ロ短調 Op. 115
(Cl)レジナルド・ケル:ブッシュ四重奏団 1937年10月10日録音

[2020-05-30]

ウェーバー:舞踏への勧誘 op.65 (バレエとしては「薔薇の精」というタイトル)
イーゴリ・マルケヴィチ指揮:フィルハーモニア管弦楽団 1954年3月3日録音(ディアギレフへのオマージュ)

[2020-05-30]

ドビュッシー:「牧神の午後への前奏曲」
イーゴリ・マルケヴィチ指揮:フィルハーモニア管弦楽団 1954年6月3日録音(ディアギレフへのオマージュ)

[2020-05-29]

ハイドン:交響曲第60番 ハ長調「うかつ者」 Hob.I:60
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2020-05-28]

プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第5番 ト長調 Op.55
(P)スヴャトスラフ・リヒテル:ヴィトールド・ロヴィツキ指揮 ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団 1958年9月録音

[2020-05-27]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調 Op.111
(P)アルフレッド・ブレンデル 1960年録音

[2020-05-26]

ブラームス:ホルン三重奏変 ホ長調 Op.40
(Vn)アドルフ・ブッシュ:(P)ルドルフ・ゼルキン (Hr)オーブリー・ブレイン 1933年11月13日録音