クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~


Home|アンケートのアーカイブ|クラシック音楽のCDは何枚お持ちですか?

アンケートの結果と考察(--;のようなもの・・・



クラシック音楽のCDは何枚お持ちですか?

  • 〜50枚
163
  • 50〜100枚
98
  • 100〜300枚
66
  • 300〜500枚
52
  • 500〜1000枚
37
  • 1000〜2000枚
20
  • 10000枚〜
14
  • 2000〜5000枚
8
  • 5000〜10000枚
6

投票総数: 464


今回は年末・年始の忙しい時期に苦しまぎれにひねり出したものですが☆(゜o(○=(゜ο゜)oバコ〜ン!!、それでも400名をこえる方がアンケートに協力をいただきありがたい次第です。

ユング君のように三度の飯よりもクラシック音楽のCDの方が好きだという人間からすると、「これがあれば一生大丈夫!」などと言って売っているCDラックなどはとうの昔に一杯になっていて、箱詰めになった段ボールが部屋の中に積み上げられ、机やテーブルの上にはCDが散乱している・・・妻の目が怖い(-_ -;)まずい・・・というのはごく普通の光景なのですが、これってやはり一般的な感覚からするとかなり異常なものだと言うことを再認識させられました。

CDが100枚までなら小さなラックにスッキリとおさまりますし、1000枚未満なら大型のラックにキレイにおさまります。
問題はこのレベルを超えてきたときです。
そして、ユング君の経験から言うと、このレベルに達するまでにはかなりの時間がかかるのですが、この「こえてはいけない一線」をこえてしまうと、後は幾何級数的に坂道を転げていきます。
おそらくは1000枚を超えると5000枚ぐらいまではあっという間に達してしまうでしょう。
10枚セットで2300円とか、40枚セットで8000円なんていうCDがゴロゴロしている時代ですから、それはそれは恐ろしい話です。

ただし、5000枚を超えると今度は収納の問題が出てきて、家庭内の争いをクリアしないとこの上のラインには突き進んでいけません。でも、このレベルに達するとCDを買うという行為は「人生」そのものになりつつありますから、まさに心情はルビコン川を前にしたカエサルと同じです。
「川をこえればこの世の破滅、こえなければ我が身の破滅」ならぬ「この一線をこえれば我が家の破滅、こえなければわが思いの破滅」です。

ちなみに、「CD道」と言うものがあるそうです。
1000枚で初段、2000枚で2段となるそうで、名人・上手とよばれるには10000枚をこえる必要があるようです。今回のアンケートではこの名人の域に達している人が10名以上もおられました。
家庭は大丈夫なのかといらぬ心配をするユング君でした。
2004年1月31日に記す。

【リスニングルームの更新履歴】

[2018-09-20]

J.S.バッハ:管弦楽組曲 第3番 ニ長調 BWV1068
ルドルフ・ケンペ指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1956年11月27日録音

[2018-09-19]

シューマン:トロイメライ
(Cello)モーリス・ジャンドロン (P)ピーター・ガリオン 1960年11月録音

[2018-09-19]

ヘンデル:オンブラ・マイ・フ
(Cello)モーリス・ジャンドロン (P)ピーター・ガリオン 1960年11月録音

[2018-09-18]

ブルックナー:交響曲第3番 ニ短調 WAB 103 (1889年稿・ノヴァーク版)
オイゲン・ヨッフム指揮 バイエルン放送交響楽団 1967年1月録音

[2018-09-17]

ワーグナー:ジークフリート牧歌
ハンス・クナッパーツブッシュ指揮 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団 1962年11月録音

[2018-09-16]

メンデルスゾーン:交響曲第3番 イ短調 作品56 「スコットランド」
ゲオルク・ショルティ指揮 ロンドン交響楽団 1952年11月録音

[2018-09-15]

ヘンデル:組曲「王宮の花火の音楽」, HWV 35
ルドルフ・ケンペ指揮 バンベルク交響楽団 1962年5月録音

[2018-09-14]

ベートーベン:チェロソナタ第5番 ニ長調 Op.102-2
(Cell)アントニオ・ヤニグロ (P)イェルク・デムス 1964年録音

[2018-09-13]

シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ イ短調 D.821
(Cello)モーリス・ジャンドロン (P)ジャン・フランセ 1966年11月録音

[2018-09-12]

ワーグナー:「タンホイザー」序曲
ハンス・クナッパーツブッシュ指揮 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団 1962年11月録音