クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~




AmazonでCDをさがすAmazonでバーンスタインのCDをさがす

Home|バーンスタイン|チャールズ・アイヴズ:交響曲第2番

チャールズ・アイヴズ:交響曲第2番


レナード・バーンスタイン指揮 ニューヨークフィル 1958年10月6日録音


アメリカ現代音楽のパイオニア

チャールズ・アイヴズほど変わった経歴を持つ作曲家はいないでしょう。
彼は1874年にアメリカはコネティカット州のダンベリーという町に生まれました。父はその町のバンド・リーダーを務めたヨーロッパ的音楽教養を身につけた人で、息子であるアイヴズもその様な父の影響を受けて育ちました。

しかし、アイヴズは15才で町の教会オルガニストを勤めるようになるものの、結局はイェール大学に進んでビジネスの世界に身を置くようになります。彼は大学を卒業するとニューヨークの保険会社に勤め、さらには独立をしてアイヴズ保険会社を設立します。この保険会社はその後「アイヴズ&マイリック保険会社と」として発展し大成功をおさめることになります。
そして、このビジネスマンとしての忙しい日常の合間を縫って、アイヴズは何処に発表する当てもなくこつこつと音楽を書き続ける生活をおくるようになるのです。

つまりは、アイヴズの音楽は当時の音楽界とは全く切り離された状態の中で、己の独創性を頼りとしながら書き続けられたものなのです。そして、その背景には、音楽に対する実験精神に溢れていた父の教育が大きく寄与していい他と思われます。
残されたエピソードによると、アイヴズの父は自らが率いていたバンドのメンバーを町中のいろいろな場所に分散させて演奏させ、その事によって生じる新しい音響の魅力について研究していたそうです。そういう父の精神はアイヴズにも受け継がれ、彼はビジネスに忙しい生活の合間に、20世紀の音楽を先駆けるような実験的試みを次々と成し遂げていったのです。

ある評論家はその様なアイヴズの音楽に対して「ストラヴィンスキーよりも早く複調性を用い、シェーンベルグよりも早く無調性に挑み」という調子で、彼の先駆性を称賛したのです。
しかし、その様な先駆性に満ちた彼の音楽が人々の耳に始めて届いたのは1946年のことでした。
この時、アイヴズは既に70才を超えていたのですが、彼の交響曲第3番が始めて演奏されたのです。そして、この初演は大成功をおさめ、翌年にはピュリッツァー賞を獲得することでアイヴズへの評価は高まり、それがきっかけとなって彼の作品が次々と演奏されるようになり、20世紀のアメリカを代表する偉大な作曲家に名を連ねることになるのです。

ただし、彼の創作活動は1925年にバイロンの詩による歌曲「今生の別れA Farewell to Land」を作曲したことで終わりを告げ、交響曲第3番がピュリッツァー賞を獲得することで作曲家としての名声を獲得しても、再び作曲活動を復活させることはありませんでした。そのことは、賞を獲得したときに「賞は坊やたちにくれてやるものだ。俺はもう大人だ」と語った言葉にも表れています。

また、アイヴズの作品は、演奏する人のことを殆ど顧慮していないがために演奏至難、もしくは演奏不可能な部分が少なくありません。それは音楽で飯を食っていかなければいけないプロの作曲家ならばあり得ないことなのですが、会社を経営しながら好きな音楽の作曲にいそしんだアイヴズにしてみればどうでもいいことだったようです。
彼が音楽ではなくて保険業を選んだときに「不協和音のために飢えるのはまっぴらご免だ」との名言を残しています。

彼はその生涯に番号付きの交響曲を4曲、番号なしの交響曲を2曲残しています。
作曲された順番に並べると以下のようになります。


  1. 交響曲第1番 ニ短調(1896年~98年)

  2. 交響曲第2番(1897年~1901年)

  3. 交響曲第3番「キャンプ・ミーティング」(1901年~1904年)

  4. ホリデイ・シンフォニー「ニューイングランドの祝祭日」(1904年~1913年)

  5. 交響曲第4番(1910年~1916年)

  6. ユニヴァース・シンフォニー(未完成の遺作。亡くなる直前まで作曲を続けていたという話もあります。)



交響曲第2番


  1. Andante moderato

  2. Allegro

  3. Adagio cantabile

  4. Lento maestoso

  5. Allegro molto vivace



アイヴズはこの作品について次のように語っていたそうです。

「この作品は、1890年代のコネチカット州のこの近辺の民衆の気持ちを音楽的に表現したものである。つまり田舎の民衆の音楽という訳だ。これには当時彼らが歌ったり演奏した曲がいっぱいつまっていて、そのうちの数曲をバッハの旋律と対位法的にからませるのは、粋なジョークみたいなものじゃないか、と考えた」

なるほど、確かにこの作品には統一感のようなものは希薄で、聞いていていささか戸惑いを感じる部分があります。専門家達はそれを、第2次大戦後の前衛音楽に見られた「コラージュ」手法の先駆けと見るのですが、それは聞き手からすればそれほど上手くいっているとは思えません。それよりは、アイヴズ自身も語っているように、バッハの旋律と対位法に絡ませるというヨーロッパ的伝統との均衡こそが、この作品をぎりぎりのところで成り立たせているように聞こえます。

なお、最後の不協和音(ロ音を除く11音)で終わる形は後に書き換えられたもので、最初はヘ長調の主和音で終わる形だったそうです。この最後の不協和音をバーンスタインのように長く伸ばすのか、すっきりと短く終わらせるのかで議論があるそうですが、なんだかどうでもいいような気がしますね。

アメリカ現代音楽の擁護者


バーンスタイン自身は作曲家でした。
若い頃のバーンスタインは何よりも「ウェスト・サイド・ストーリー」の作曲家として有名であり、やがてはその有名な作曲家は指揮活動もしているらしいと言うことで伝わってきたものです。だからと言うわけでもないのでしょうが、バーンスタインには「アメリカ現代音楽の擁護者」というもう一つの顔があります。

作曲家というのは辛い仕事で、どんなに頑張って音楽を仕上げても、それを実際の音として演奏してくれる人がいなければ一般の人の耳には届きません。その他理が、取りあえずは完成した作品を壁に掛けておく場所さえあれば画家とは違うところです。
さらに言えば、ピアノ一台や幾つかの楽器があれば演奏可能な室内楽作品ならばまだしも、規模の大きなオーケストラが必要とされる管弦楽作品ならばそのハードルはますます高くなります。

ですから、そういうときに有名な指揮者が擁護者としてその作品を積極的に取り上げてくれるならば、これほど有り難い話はありません。と言うか、現代音楽などというものは、そういう指揮者とペアでなければ興業として成り立つものではないのです。そして、その有名な指揮者であったバーンスタインが積極的に取り上げたのがコープランドとアイヴズだったのです。

バーンスタインにとってコープランドは自らを見いだしてくれた恩人であり、長きにわたる親友でもあったので、存在としては特別でした。
そして、アイヴズは古き良きアメリカを体現するものとしてのシンパシーがあったのでしょうか。アイヴズの交響曲第2番を初演したのはバーンスタインでしたし、ニューヨークフィルの音楽監督就任を披露する演奏会で取り上げたのもアイヴズの交響曲でした。その思いは、現在は彼の弟子であるティルソン・トーマスに受け継がれ、アイヴズへの評価は確固たるものへと変わってきています。

バーンスタインの指揮によるアイヴズ作品を聞くとき、このような古き良きアメリカを実感させてくれる演奏は他では聴けないなぁ・・・と思わざるを得ません。そして、その古き良きアメリカの伝統がトランプを選んだ今のアメリカからは滅びようとしているような気がします。

そういえば、バーンスタインはハーバード大学で行っの講義に「答えのない質問」とタイトルを付けています。鋭い人はすぐに気がつくと思うのですが、このタイトルはアイヴズの「答えのない質問」という作品の名前に由来します。

その講義で、バーンスタインは「殺戮に明け暮れた20世紀と未来においても、私たちは音楽の力を信じることができるのか?」問いかけます。そして、最後に「それは答えのない質問であり、自分にも答えがどんなものかは分かりませんが、『Yes』であることを信じたいのです。」と語りかけていました。今のアメリカをバーンスタインが見れば、それでも彼は「『Yes』であることを信じたい」と語るのでしょうか。

関連コンテンツ


この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



3008 Rating: 6.5/10 (11 votes cast)


この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください。
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント


【リスニングルームの更新履歴】

[2017-03-24]

[2017-03-23]

[2017-03-22]

[2017-03-21]

[2017-03-20]

[2017-03-19]

[2017-03-18]

[2017-03-10]

[2017-03-09]

[2017-03-08]

[2017-03-07]

[2017-03-06]

[2017-03-05]

[2017-03-04]

[2017-03-03]

[2017-03-02]

[2017-03-01]

[2017-02-28]

[2017-02-27]

[2017-02-26]

[2017-02-25]

[2017-02-25]

[2017-02-24]

[2017-02-23]

[2017-02-22]