クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~


Home|アンケートのアーカイブ|あなたの好きなピアニストは?〜天国編

アンケートの結果と考察(--;のようなもの・・・



大好きなピアニストは?〜天国編

  • バックハウス
40
  • ホロヴィッツ
34
  • リパッティ
32
  • アラウ
30
  • リヒテル
30
  • グールド
29
  • その他
25
  • ルービンシュタイン
23
  • ミケランジェリ
21
  • ケンプ
20
  • ハスキル
20
  • カーゾン
16
  • コルトー
12
  • シュナーベル
12
  • ゼルキン
10
  • チェルカースキー
8
  • フィッシャー
7

投票総数: 369


これまた、264票というたくさんの投票をいただきました。
合わせてコメントもたくさんいただきました。代表的なものとしては、

「私のお気に入りというよりも尊敬してやまない天国在住のピアニストはジェラルド・ムーアです。この合わせ者専門の英国紳士からどれほどの感動を与えてもらったことか。 」
「グールドはいろんな意味を含め、最後の天才だったんだなと思います。 」
「リスト内部ならリパッティ、ハスキル、リヒテルですが、リスト外でグルダが好きです。 」

本当にありがとうございます。

投票結果は予想通り、バックハウスが頭を二つぐらい抜けてトップでした。やはりベートーベン弾きが強いようですね。ショパン弾きよりはベートーベン弾きが日本では高く評価され、受容されていると言うことなのでしょう。

ユング君もこのようなサイトを管理していて、ベートーベンの人気の高さを今さらながら認識させられています。(ベートーベン関連のページへのアクセスがダントツで多いのです。)

そんな中でグールドの健闘は目を引きます。やはり個性が大切だと言うことでしょうね。もちろん、強烈な個性ではありますが。

それからユング君としては一押しのチェルカースキーに7票も入ったのはちょっと驚きました。下から2番目ですが、このリストの中に放り込まれると見劣りがして、ほとんど票が入らないのではないかと懸念していたのですが、結構支持者が多くてちょっとうれしかったです。(^^)
(2002年11月11日 記)

【リスニングルームの更新履歴】

[2018-07-18]

シューマン:幻想曲 ハ長調 作品17
(P)アニー・フィッシャー 1958年10月12日 & 1959年2月5日録音

[2018-07-17]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第14番 変ホ長調 K.449
(ピアノと指揮)ゲザ・アンダ:ザルツブルク・モーツァルテウム・カメラータ・アカデミカ 1966年4月録音

[2018-07-16]

グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調 作品16
(P)モーラ・リンパニー:ハーバート・メンゲス指揮、フィルハーモニア管弦楽団 1959年録音

[2018-07-15]

ハイドン:交響曲第7番 ハ長調「昼」, Hob.I:7
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2018-07-14]

サン=サーンス:ピアノ協奏曲第2番 ト短調 作品22
(P)モーラ・リンパニー:ジャン・マルティノン指揮 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 1951年録音

[2018-07-13]

チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調 作品64
ヨーゼフ・クリップス指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1958年9月録音

[2018-07-12]

モーツァルト:ピアノ協奏曲 第13番 ハ長調 K.415 /387b
(ピアノと指揮)ゲザ・アンダ:ザルツブルク・モーツァルテウム・カメラータ・アカデミカ 1967年3月録音

[2018-07-11]

シューベルト:交響曲第7(8)番ロ短調 D.759「未完成」
イーゴリ・マルケヴィッチ指揮 フランス国立放送管弦楽団 1955年1月14日&18日録音

[2018-07-10]

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35
(Vn)レオニード・コーガン:コンスタンティン・シルヴェストリ指揮 パリ音楽院管弦楽団 1959年録音

[2018-07-09]

ハイドン:交響曲第6番 ニ長調「朝」, Hob.I:6
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音