クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~


Home|アンケートのアーカイブ|お好きな交響曲第2番は?

アンケートの結果と考察(--;のようなもの・・・



お好きな交響曲第2番は?

  • ブラームス:交響曲第2番
100
  • マーラー:復活
87
  • シベリウス:交響曲第2番
75
  • ラフマニノフ:交響曲第2番
49
  • ベートーベン:交響曲第2番
42
  • シューマン:交響曲第2番
18
  • カリンニコフ:交響曲第2番
16
  • チャイコフスキー:小ロシア
14
  • ショスタコービッチ:交響曲第2番
12
  • その他
11
  • シューベルト:交響曲第2番
8
  • メンデルスゾーン:賛歌
6
  • ブルックナー:交響曲第2番
5
  • エルガー:交響曲第2番
4
  • サン・サーンス:交響曲第2番
3
  • 吉松隆:地球にて
3
  • プロコフィエフ:交響曲第2番
3
  • オネゲル:交響曲第2番
2
  • ドヴォルザーク:交響曲第2番
2
  • 松村禎三:交響曲第2番
1
  • ルーセル:交響曲第2番
1
  • ルトスワフスキー:交響曲第2番
0

投票総数: 462


第1番対決を上回る投票をいただき、このシリーズもいよいよ調子が上向いてきたようです・・・(^^;

さて、結果ですが、ほぼ予想通りではあったのですが、いくつかそれを覆す結果も得られました。
まずは、予想通りの部分について。
トップ争いはブラームスかマーラーだろうと予想したのですが、これは見事に的中しました。最初から最後までこの二つがデッドヒートを展開しました。しかし、常にブラームスがトップを維持し、その差が数票差までに縮まることはあったのですが、最後まで逆転を許さず、最後の最後で一気に突き放してゴールしました。
これでブラームスは第1番に続いて二連勝で、その支持の高さを改めて立証しました。

さて、この二人に対する対抗馬として、ベートーベン、シベリウス、シューマンを予想したのですが、予想結果は2勝1敗でした。
シベリウスは大健闘で、最後の最後で大きく票をのばしてブラームスに迫る勢いを魅せました。また、ベートーベンも彼の作品の中ではマイナーな部類に属する作品なのですが、さすがはベートーベンと思わせる結果を残しました。
予想外だったのは、シューマンの不人気ぶりです。ユング君個人としては非常に大好きな作品なので意外でした。「春」とか「ライン」とか言うようなニックネームがついていないのが地味さをよりましたと言うことなのでしょうか。もっともっと聞かれていい作品だと思うだけに、この結果は実にに意外でした。
そして、逆の意味で意外だったのがラフマニノフに対する予想を上回る支持です。やはり第3楽章のあの印象的なメロディがテレビドラマで効果的に使われたことの影響なのでしょうか。「ラフ2に1票。失恋したとき、この曲を聴きました。今ではまるで恋人のようにこの世で最も愛している曲なのです。」というコメントをいただきましたが、この言葉にこの作品の受容のされ方が凝縮されているようです。
恐るべし、ラフマニノフ!!

これら以外の作品となると、ほとんど「その他」扱い程度にしか票が入りませんでした。第2番というのでは、まだまだ若書きの範疇を出していない作品が多いと言うことなのでしょう。

さて、調子に乗って次回は第3番対決です。
結果で注目されるのは第3位争いです。何故かって言うと、第1位と第2位はやる前から決まっているようなものだからです。・・・おそらく(−−v
ブルックナー、シューマン、メンデルスゾーン、それにマーラーあたりがどれぐらい票を獲得して上位の二人にどこまで肉薄するのかが注目です。
それから、ド派手音楽のサン・サーンスと、第3番以降地味さを増していくシベリウスにどれぐらいの支持が集まるのかも楽しみです。

【リスニングルームの更新履歴】



[2020-06-05]

ガーシュイン:ラプソディー・イン・ブルー
(P)ユージン・リスト:ハワード・ハンソン指揮 イーストマン=ロチェスター・オーケストラ 1957年5月録音

[2020-06-04]

ベートーベン:交響曲第6番ヘ長調 作品68「田園」
クレメンス・クラウス指揮:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1952年3月29日録音

[2020-06-03]

ハイドン:交響曲第92番 ト長調「オックスフォード」
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2020-06-02]

プシホダ小品集
(Vn)ヴァーシャ・プシホダ:(P)シャルル・セルネ、(P)イツコ・オルロヴェツキー 1924年~1957年録音

[2020-06-01]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第24番ハ短調 , K.491
(P)リリー・クラウス:スティーヴン・サイモン指揮 ウィーン音楽祭管弦楽団 1965年5月13日~15日録音

[2020-05-31]

ブラームス:クラリネット五重奏曲 ロ短調 Op. 115
(Cl)レジナルド・ケル:ブッシュ四重奏団 1937年10月10日録音

[2020-05-30]

ウェーバー:舞踏への勧誘 op.65 (バレエとしては「薔薇の精」というタイトル)
イーゴリ・マルケヴィチ指揮:フィルハーモニア管弦楽団 1954年3月3日録音(ディアギレフへのオマージュ)

[2020-05-30]

ドビュッシー:「牧神の午後への前奏曲」
イーゴリ・マルケヴィチ指揮:フィルハーモニア管弦楽団 1954年6月3日録音(ディアギレフへのオマージュ)

[2020-05-29]

ハイドン:交響曲第60番 ハ長調「うかつ者」 Hob.I:60
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2020-05-28]

プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第5番 ト長調 Op.55
(P)スヴャトスラフ・リヒテル:ヴィトールド・ロヴィツキ指揮 ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団 1958年9月録音